おすすめ「自然いっぱいコーナー」

足利スケッチ散策 【まとめ】『渡良瀬橋の夕日』絵はがきの旅

「鑁阿寺」本堂の写真です。

 足利の画家、長島喜一氏の『足利スケッチ散策』
《渡良瀬橋の夕日》をテーマとして、
足利市内の名所旧跡を散策します。

 長島喜一(ながしま きいち)氏は、
市内の名勝などを多くの水彩画に残し2017年、
92歳で亡くなりました。

 筆者は長島家と、たいへん深い交流があり、
喜一氏との想い出も数多く心に残っています。

 そこで、喜一氏の足跡を中心に辿りながら、
新たに市内の「おすすめスポット」を加え、
ここに御案内いたします。

 <スケッチ散策 画家 長島喜一氏の足跡を辿る>

「綿絵汗橋の夕日」画家 長島喜一氏の作品です。
    《 渡良瀬橋の夕日 》

足利市中心部を西から東に流れる渡良瀬川。
1934年に建設された鉄橋「渡良瀬橋」。
当時の市民は、「鉄橋」と呼んでいた。
森高千里さんの歌『渡良瀬橋』の
曲名になった橋で、夕日を背にした橋の
シルエットと川面に映る夕日が美しい。

          長島喜一 画

* 絵はがき集3部作『足利スケッチ散策』より
 (足利商工会議所発行)

*「渡良瀬橋ブログ」内の画像として、
  掲載許可承認済み(2021年3月8日)

Copyright © Creative D   All rights reserved
企画・制作:クリエイティブD

 長島喜一氏のスケッチ回想

『足利スケッチ散策』企画・制作:クリエイティブD
 12枚の絵はがきを手に、
画伯の足跡の一部を辿りました。

*『足利スケッチ散策』は、絵はがき集3部作
 の内の一つで、12枚の水彩絵はがきが
 セットになっています。

【渡良瀬橋の夕日】

渡良瀬橋の夕日の写真です。渡良瀬橋の夕日

 渡良瀬橋は、足利市内を流れる渡良瀬川に架かる
12の橋の一つです。(岩井橋は、分水路の橋)

 渡良瀬橋は、明治35年(1902)に、初めて
木星アーチ橋として、左岸の通四丁目と右岸の
田中町を結びました。

 夕日のきれいな橋として描かれた、歌手 森高千里さんの
【渡良瀬橋】によって、全国に名をとどろかせました。

 栃木県は、有名になった渡良瀬橋のさらなるイメージアップとして、
塗装工事をはじめ、ライトアップを行っています。

渡良瀬橋のライトアップの写真です。渡良瀬橋のライトアップ

 渡良瀬川に架かる橋は、
「渡良瀬橋」と「渡良瀬川」に架かる12の橋
を御覧ください。

【行道山 清心亭】

行道山 清心亭の写真です。行道山 清心亭(葛飾北斎も描きました)

 清心亭は、栃木の景勝百選に選ばれている
行道山浄因寺にあります。

 行道山は、今から約1,200年前の和銅年間に
行基上人により開かれたと伝えられています。

 また、山頂に近い「奥に院」には、寝釈迦(石仏)
を中心に、多くの石仏(49院)や石塔が周囲を
とりまいています。

 奥の院は、行基上人が分骨入定された
聖地になっています。

寝釈迦の写真です。行道山奥の院の寝釈迦

 「行堂山浄因寺」周辺の地図は、こちらです。

 行道山浄因寺 清心亭の詳細は、
「鬼滅の刃」の割石?に連なる修験者の「行道山」
を御覧ください。

【名草厳島神社・名草巨石群】

名草厳島神社の社殿の写真です。名草厳島神社

 弘仁年間 弘法大師空海によって勘請されたと
伝えられています。


足利市名草巨石群「弁慶の割石」の写真です。
弁慶の手割石(炭治郎が割った石?)
 厳島神社社殿の全面にあります。
高さ約約2m、幅約3m程の巨石です。

 名草巨石群は、約10万年前に火山活動によって、
噴出したマグマが冷え固まり、直径1.5kmほどの
花崗岩体が形成されました。

 巨石群には、「御供石」、「太鼓石」、「石割楓」など、
名称が付けられた巨石が点在しています。

 名草厳島神社・名草巨石群については、
<聖地巡礼>「炭治郎が割った岩?」鬼滅の刃と栃木県足利市
を御覧ください。

【西渓園(せいけいえん)】

「西渓園」の梅林の写真です。西渓園の梅林

 織姫山の西側斜面にある梅林です。
昭和39年ごろに、梅の木を植樹したのが始まりです。

 約3haの敷地に、1200本の白梅・紅梅が咲き誇ります。

 両崖山(りょうがいさん)から見る梅林の光景は格別で、
多くのハイカーを感動させています。

西渓園は、織姫山の西斜面に位置しているため、
足利県立自然公園ハイキングコースからエントリーできます。

「西渓園」(せいぇいえん)の写真です。
「西渓園」(せいぇいえん)

足利友愛会館「足利まち歩きミュージアム より」

 2021年は、両崖山の山火事のため、
立ち入ることができませんでした。

 友愛会館「足利まち歩きミュージアム」の
写真をお借りしました。

 今年の春は、きれいな梅林が見られることでしょう。

 西渓園については、
足利「西渓園(せいけいえん)」の梅林を見に行こう!
を御覧ください。

【足利織姫神社】

織姫神社から見た町並みの写真です。
     「渡良瀬橋を望む」

 織姫山から市の中心を流れる渡良瀬川を望む。
南方を見下ろすと、浅間山の裾に向かって、
「渡良瀬橋」がかかっています。 

「足利織姫神社」の全景写真です。
    「足利織姫神社」社殿

 渡良瀬橋の北に位置する織姫山の中腹に、
織物の繁栄を願い、建立された朱色の社殿。
七つの神徳を象徴する「七色の鳥居」を潜ると、
良き縁が結ばれると言われています。

織姫神社女坂「七色の鳥居」の写真です。織姫神社女坂「七色の鳥居」

 

「七色の鳥居」は、
レンタサイクルで「渡良瀬橋」から「織姫神社」そして「両崖山」までのハイキングコース

織姫神社社殿のライトアップの写真です。織姫神社社殿のライトアップ

「織姫神社」の夜景は、
「渡良瀬橋」から「足利灯り物語」2021へ

恋人の聖地「愛の鐘」の写真です。恋人の聖地「愛の鐘」

恋人聖地「織姫神社」は、
「足利織姫神社」大好きな人と行きたい!<縁結び>

「渡良瀬橋から「足利灯り物語」2021へ

をそれぞれ御覧ください。

「足利織姫神社」周辺の地図は、こちらです。

【茶室 物外軒(ぶつがいけん)】

物外軒 茶室の写真です。茶室 物外軒

「物外軒」は、江戸時代から回漕(かいそう)
問屋を営む「萬屋(よろずや)」の三代目主人である

長 四郎三(ちょう しろうぞう)によって、明治初頭、
渡良瀬川畔の猿田河岸(やえんだがし)、現在の
猿田町(さるたちょう)の長 四郎三邸内に建てられました。

[長四郎三]

 江戸にも名をとどろかせた豪商で、
漢詩・和歌・俳句・書画・骨董の収集にも通ずる
教養人として伝えられています。

 長四郎三は、この茶室に自らの雅号「物外」に因み、
「物外軒」と名付けました。

茶室の内部の写真です。茶室の内部

[変遷](へんせん)

 その後、物外軒は、明治34年に
足利の柳田家が譲り受け、
現在の場所に移築されました。

 さらに、昭和48年に、当時の所有者だった
鈴木栄太郎氏から、庭園とともに足利市に
寄付されました。

茶室に通じる延段の写真です。茶室に通じる延段

 延段:(のべだん)は、内露地の飛び石に通ずる通路です。
    飛び石とは異なり、石と石の隙間がほとんど無いため、
    歩幅を気にせず歩くことができます。

蓮華寺型灯籠の写真です。蓮華寺型灯籠

 茶室南側の内露地にある、
蓮華寺型灯籠(れんげじがたとうろう)です。

 蓮華寺型灯籠の特徴は、とがった塔に、
屋根瓦の模様が付けられています。

 どことなく、おしゃれなデザインですね。

織部角形灯籠とつくばいの写真です。織部角形灯籠と蹲踞(つくばい)

 織部角形灯籠(おりべかくがたとうろう)は、
古田織部が好んだとされ、茶庭などに用いられます。

 茶室の躙り口(にじりぐち)の蹲踞の水鉢は、
江戸城富士見亭の礎石を譲り受けたもので、
京都の名石・鞍馬石(くらまいし)です。

 蹲踞の海は、水琴窟(すいきんくつ)が作られており、
今でも、わずかな音色を聴くことができます。

 礎石:建物の柱を受ける土台石。
    単に、礎(いしずえ)とも。

 鞍馬石:(くらまいし)京都「鞍馬山」の石。
     見た目は白く、磁硫鉄鉱が含まれているため、
     時の経過とともに、茶色く変化し
     「わびさびの石」として好まれています。

茶室と泰平型灯籠の写真です。茶室と泰平型灯籠

 茶室の北側にある泰平型灯籠
(たいへいがたとうろう)です。

【物外軒居室】

 茶室の東隣には、居室があります。
この居室は、入場自由で、ゆったりとした時間を
過ごすことができます。

ゆっくりくつろげる部屋の写真です。
ゆっくりくつろげる部屋

居室から臨む庭園と東屋の写真です。居室から臨む庭園と東屋(あずまや)

 居室から見る庭園も、たいへん趣があります。

懐かしさを感じさせる廊下の写真です。懐かしさを感じさせる居室

 どことなく、懐かしさを感じさせてくれる居室です。
まるで、昔にタイムスリップしたような・・・。

 足利市指定文化財「物外軒」と、國登録記念物「庭園」は、
足利市文化財公開!茶室「物外軒」と庭園に行こう!
を御覧ください。

【県営 松田川ダム】

足利「松田川ダム」の写真です。
     「松田川ダム」

 県営多目的ダムで、頂上部には、
自由越流式である非常用洪水吐が
4門装備されています。

 また、選択式取水設備を備え、河川維持放流、
上下水道用水などを補給しています。

 ダム上流には、キャンプサイト、
下流は公園になっており、
バーベキューサイトも設けられています。

「松田川ダム」周辺の地図は、こちらです。

松田ダムで水遊びを楽しむ子どもたちの写真です。 松田ダムで水遊びを楽しむ子どもたち

 コロナ渦のため、足利市の「ウォーターパーク」も
休園されています。

 自然いっぱい!松田ダムの下では、
夏休みに一時を親子で楽しんでいました。

【あしかがフラワーパーク】

「あしかがフラワーパーク」玄関の写真です。「あしかがフラワーパーク」正面ゲート

「花と光の楽園」と称される
「あしかがフラワーパーク」は、
四季折々の花と、イルミネーションが楽しめます。

あしかがフラワーパークの藤棚の写真です。
600畳敷きの藤棚

 春は特に、樹齢160年におよぶ大藤が有名です。
また、長さ80mもの白藤トンネルや
きばな藤のトンネルなど、350本を超える藤が咲き誇ります。

あしかがフラワーパーク「フラワーキャッスル」の写真です。フラワーキャッスル

 10月中旬~2月中旬にかけては、
日本三大イルミネーションに認定されている
「光の花の庭」も絶大な人気を集めています。

あしかがフラワーパークについては、

「あしかがフラワーパーク」日本で唯一選出「世界の夢旅行先」

「あしかがフラワーパーク」チューリップが見ごろに!

「あしかがフラワーパーク」大藤が見ごろに!

「あしかがフラワーパーク」ショウブとアジサイを見に行こう!

を御覧ください。

【栗田美術館】

栗田美術館「正門」の写真です。栗田美術館「正門」

 伊萬里・柿右衛門・鍋島を館蔵する世界に誇る
陶磁美術館です。

 フレディ・マーキュリーが1986年9月に参観した
美術館です。

栗田美術館 展示品の写真です。

 栗田美術館の特徴は、展示品を
間近に鑑賞することができることです。

 栗田美術館については、
「栗田美術館」と「あしかがフラワーパーク」は、すぐ隣です!
を御覧ください。

【草雲美術館】

「草雲美術館」の写真です。
     「草雲美術館」

 幕末の画家、田崎草雲の居宅であった
白石山房にある美術館。

 ここは、足利公園の南側に位置し、
早雲の作品や遺品が展示されています。 

美術館庭園にある茶室の写真です。
 田崎草雲旧宅の庭園にある茶室

早雲美術館の由来を示す案内版の写真です。
  「田崎草雲旧宅について」

 財団法人 足利市民文化財団
 足利市教育委員会による案内。   

「草雲美術館」周辺の地図は、こちらです。


 「草雲美術館」までの徒歩ルートは、
「渡良瀬橋」⇒「八雲神社」⇒「草雲美術館」徒歩ルート

「草雲美術館」の詳細は、
栃木県足利市の美術館「草雲美術館」へ行こう!

足利市内の美術館 おすすめ4選【まとめ】
を御覧ください。

【八雲神社】

 田崎草雲美術館の隣に、「八雲神社」があります。

 長島喜一氏の「足利スケッチ散策」では、
紹介されていませんが、「わたらせばしブログ」としては、
素通りできませんので、御紹介します。

「渡良瀬橋」の歌に出てくる「八雲神社」鳥居の写真です。

  「八雲神社」鳥居

「八雲神社」由緒を示す案内版の写真です。

   「八雲神社」由緒

 ありました! 「渡良瀬橋」と森高千里さん
についての記述も。

八雲神社の神殿の写真です。
    「八雲神社神殿」

 八雲神社 牛頭(こず)天皇
 佐野唐沢山城主、藤原村雄(秀郷の父)が
夢のお告げにより、貞観年間(859-876年)に
創建したと伝えられています。

 「八雲神社」周辺の地図は、こちらです。

 渡良瀬橋の付近には、5つの八雲神社があります。

【「渡良瀬橋」から5つの「八雲神社」巡り】

もう一つの足利「八雲神社」と三つの神社
を御覧ください。

【足利学校】

 

足利学校全景の写真です。
    「足利学校」全景

足利学校「入徳門」の写真です。
    足利学校「入徳門」

 私は、この門が好きです。一番最初に
くぐる門ですが、すばらしい名前の門です。

足利学校「学校門」の写真です。
    足利学校「学校門」

「日本最古の総合大学」と言われ、
儒教を中心として、易学、天文学、兵学、
医学などが学ばれていました。

 天文年間(1532~1554年)には、
全国から3,000人もの学徒が集まり、
フランシスコ・ザビエルによって、
海外にも紹介されていました。

「足利学校」周辺の地図は、こちらです。

日本遺産 近世教育遺産の案内版の写真です。「あしかがフラワーパーク」にあった案内版

 

「足利学校」の詳細は、下の記事を御参照ください。

足利市駅から行く「太平記館」と「足利学校」を廻るルート】

[「渡良瀬橋」から日本遺産 史跡「足利学校」へ

日本遺産「足利学校」のみどころ!国宝を見に行こう!

【鑁阿寺】

鑁阿寺「太鼓橋と桜門」の写真です。
 鑁阿寺(ばんなじ)「太鼓橋と桜門」

鑁阿寺お堀の「錦鯉」の写真です。 阿寺お堀の「錦鯉」


鑁阿寺は、源姓足利氏二代目の義兼が、
邸内に持仏堂を建て守護しました。

 本尊の大日如来を祀ったのが始まりです。
故に、人々から、「大日様」として、
親しまれています。

「鑁阿寺本堂「(国宝)の写真です。
   「鑁阿寺本堂」(国宝)

 鎌倉時代の武家屋敷(平城)をなお
現在に伝えています。

 本堂は、鎌倉時代の禅宗様建築を伝え、
国宝に指定されています。(平成25年指定)

鑁阿寺「経堂」(一切経堂)の写真です。
  鑁阿寺「経堂」(一切経堂)

 応永14年(1407年)鎌倉公方足利義兼が
再建したもので、昭和59年、
国重要文化財に指定されました。

 経堂内には、足利尊氏から始まる
足利歴代将軍の座像が安置されています。

鑁阿寺「多宝塔」(県指定文化財)の写真です。
 鑁阿寺「多宝塔」(県指定文化財)

 足利義兼の創建と伝えられ、江戸時代の
元禄5年(1692年)徳川5大将軍の母、
桂昌院尼が再建されました。

 そして、私の好きな「鐘楼」を紹介します。
(これも、長島氏の絵はがきセットには
 なかったのですが・・・。)

鑁阿寺「鐘楼」の写真です。
     鑁阿寺「鐘楼」

 建久7年(1196年)、本堂に次いで創建された
鎌倉時代の禅宗様式の代表的なものです。

「鑁阿寺」周辺の地図は、こちらです。

 鑁阿寺についての詳細は、
鑁阿寺(ばんなじ)国宝「大日様」は、どんなところ?
を御覧ください。

 鑁阿寺のすぐ南側には、小さな公園があります。
そこには、足利尊氏公の銅像と、
私の娘が幼かった頃に、撮影した水飲み場がありました。

 今では、その水飲み場も、立派になって、
鑁阿寺の「太鼓橋」をイメージした柵がついていました。

足利尊氏公の銅像の写真です。
    「足利尊氏公」
 鑁阿寺前の公園にある銅像。

太鼓橋のデザイン水飲み場の写真です。
    進化した「水飲み場」
 いつの間にか、太鼓橋のイメージに。

「松村記念館」の写真です。
 「松村記念館」

 大門通りにある「松村記念館」です。

 記念館は、「たかうじ君広場」駐車場と
鑁阿寺との途中にある古民家です。

松村記念館庭園の写真です。松村記念館の庭園

 松村記念館の西隣に、八雲神社があります。

大門通りにある「八雲神社」の写真です。大門通りにある「八雲神社」

足利市内の八雲神社の詳細は、

「渡良瀬橋」から5つの「八雲神社」

もう一つの足利「八雲神社」と三つの神社
を御覧ください。

喫茶「八蔵」の写真です。 喫茶「八蔵」

 そして、「松村記念館」の東隣には、
ケーキが美味しい喫茶店「八蔵」があります。 

 「鑁阿寺」と「足利学校」は、すぐ隣にあります。
お車でのお出かけは、「たかうじ君広場」の
駐車場が便利です。 

「たかうじ君広場」駐車場の看板の写真です。

   「たかうじ君広場」駐車場

 「たかうじ君広場駐車場」周辺の地図は、こちらです。

 駐車場の近くに、最近たいへん人気の、
「行列のできるクレープ屋さん」ができました。
(以前は、近くの交差点にあったお店です)

鑁阿寺の隣のクレープ屋さんの看板の写真です。
「行列のできる、クレープ屋さん」

 みなさんも、絵はがき集を片手に、
足利の街を散策してみてはいかがでしょうか。

 きっと、新しい出逢いと発見が、
あなたを待っていることでしょう。

 絵葉書集『足利スケッチ散策』のお求めは。

【プロフィール】を御覧ください。

長島喜一氏と私

 もう、20年余の年月がたつのでしょうか。

 毎年、春と夏になると、小俣町の釣り堀の沢で、
総勢、数十人が集まる「バーベキュー」が
行われてきました。

 そこには、いつも喜一氏の姿がありました。
今でも、なつかしく思い出されます。
 
 このほど、長島喜一氏の遺作展が足利市民会館で
開かれました。(2021.1.9~10)

 私たちのリーダーである長男 稔(みのる)さん夫妻は、
9日の命日に合わせて、この展示会を企画したそうです。
 そして、彼は。

「父が心を動かされて描いた風景を多くの人と共有したい」
下野新聞 県南・両毛版 2021年1月6日(水)付け より

 と、話しています。

 ここに、長島喜一氏の足跡の一部を辿り、
 謹んで、おしのび申し上げます。

  「渡良瀬橋ブログ」管理者

 

 最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

 

ブログ内で、御不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
 お問い合わせ先は、こちらです

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。