栽培・飼育活動

家庭菜園 初心者おすすめ!「かき菜」の育て方

かき菜(かきな)は、アブラナ科アブラナ属の野菜です。

別名を芯切菜(しんきりな)、本稿でも紹介している宮内菜、
東京近郊では、「のらぼう」と呼ばれています。

かき菜は、群馬県、栃木県のうち、特に両毛地区で、
古くから品種改良(群馬県農業試験場等)を経ながら、
現在もなお、さかんに栽培されている伝統野菜です。

かき菜は、「なばな」の在来種とされ、
伸びてくる花茎を欠き取って収穫するのですが、
「佐野の茎立」として、万葉集にもその記述があります。

古来より、両毛地区のほとんどの農家や家庭菜園で
栽培されているほど、無くてはならない人気野菜です。

しかし、限られた地域で普及した野菜のためか、
全国的に知られた野菜ではないかも知れません。

また、ローカルな地質などの生育条件によるものなのかは
わかりません。

しかし、この地方で、かき菜が出回り始めると、
ほうれん草の消費が落ちるほど、人気のある野菜なのです。

そんな「かき菜」の栽培方法を本記事で御覧いただくと、
あなたの地域でも栽培できるかも知れません。

さらに、早春に収穫できることから、
完全な無農薬で栽培可能な野菜です。

ぜひ、あなたも栽培してみては、いかがでしょうか。

筆者紹介・家庭菜園クイズ

子どもたちといっしょに、38年間、自然観察や
農園芸などの環境教育活動に携わってきました。

本稿では農家の知識と技術を家庭菜園向きに応用し
基本的な「野菜の育て方」について解説いたします。

【クイズ】 伝統野菜「かき菜」が登場する書物は、次のうちどれでしょう?

● 日本書紀
● 魏志倭人伝
● 古今和歌集
● 万葉集

* 正解は、最後のページを御覧ください。


【秋に種をまく:かき菜】

「かき菜」種のパッケージの写真です。「かき菜」種のパッケージ


「かき菜」は、北関東「両毛地方」で
育てられた野菜です。

「かき菜」の品種は、複数あります。

以下に示す「宮内菜」よりも、
早く収穫できます。

筆者の住む地方では、
「かき菜」は欠かせない野菜です。

そのため、筆者は、早生種と晩成種というように、
2種類の品種を組み合わせて栽培し、
長く収穫できるように工夫しています。

 [品種名] :かき菜
       栄養と風味ある「とう菜」
       トーホクのタネ 品種番号 05080

[科・属名]:アブラナ科 アブラナ属

[原産地] :両毛地域 伝統野菜
[生産地] :アメリカ

特 性
 両毛地方で育てられた「とう」を食べる「かき菜」です。

翌春の3~4月に収穫し、やわらかく風味があります。
早春の両毛地方に、なくてはならない野菜です。

まき時:暖かい地域 8月下旬~
11月上旬
  :寒い地域 8中旬~
11月上旬
収穫の目安 翌春3~4月
収穫部位 とう
数量 10ml
発芽率 90%以上
発芽適温(地温) 20~25℃
生育適温 10~20℃

【かき菜の仲間:宮内菜】

「宮内菜」の種のパッケージの写真です。「宮内菜」の種のパッケージ


宮内菜みやうちな」は、北関東「両毛地方」で
育てられた野菜です。

「かき菜」の種類に属します。

[品種名] :あぶら菜「宮内菜」
       香り・再生力抜群 収量の多い「かき菜」
       カネコ種苗株式会社

[科・属名]:アブラナ科 アブラナ属

[原産地] :両毛地域 伝統野菜
[生産地] :イタリア

特 性
葉色は淡緑色で、浅い切れ込みがあり、
内側にわん曲して葉柄は長いです。

葉は、やや厚く柔らかいです。
食味は甘みに富み、だれもが好む香りもあります。

再生力が非常に旺盛で、第1側枝で30本、
第2側枝で65本前後となり、
他の芯摘油菜に比べ、約3週間程度、
収穫期に幅があります。

特に、晩生多収品種です。

まき時:暖かい地域 9月上旬~
10月下旬
  :寒い地域 8中旬~
9月中旬
収穫の目安
翌春
中・暖地:3~5月
冷涼地:4~6月
収穫部位 とう
数量 10ml
発芽率 85%以上
発芽適温(地温) 15~20℃
生育適温 15~20℃
かき菜の種袋の写真です。「宮内菜」の種のパッケージ

 

[品種名] :宮内菜(芯摘菜しんつみな
       ✩再生力旺盛な「かき菜」晩生多収品種!
       池田種苗株式会社

[生産地] :イタリア

特 性
上記「宮内菜」と同じ。

まき時:中間地・暖地 9月上旬~
10月下旬
  :冷涼地 8中旬~
9月中旬
収穫の目安
翌春
中・暖地:3~5月
冷涼地:4~6月
数量 10ml
発芽率 85%以上

【かき菜:栽培場所の選定】 

日当たり、排水、通風のよい環境を好みます。
  
種まきは、ポット栽培と、直まき栽培があります。

本稿では、直まき栽培を御紹介します。

【かき菜:栽培場所の準備】

石灰と元肥を施す[1㎡あたり]

種まき2週間前
 苦土石灰:100~150g(約2~3振り)

種まき1週間前
 堆肥:3kg 化成肥料:100g(約2振り)

* 全面に散布し、よく耕します。

 

【かき菜の種まき】

ウネの写真です。ウネづくり

約1mのウネをつくります。

たこ糸を張って、クワなどを使い柵をきります。

種のまき溝の写真です。種のまき溝の

約25cm間隔で、種のまき溝をつくります。

目印のたこ糸に沿って板を滑らせ、約1cmの
深さの溝をつくりましょう。

種のまき溝の底面が平らで、種の上にかけた土の表面も
平らにすると、発芽をそろえることができます。

種のまき溝の写真です。
種まきの写真です。種まき(2022.9.22)

今年は、高温の日々が続き、目安としていた
25℃(最高気温)以下には、なかなかなりませんでした。

また、台風の影響もあり、昨年(9月12日)よりも、
10日ほど遅い種まきになりました。

板を滑らせてつくった種のまき溝の写真です。板を滑らせてつくった種のまき溝(9月12日)

かき菜と宮内菜(かき菜の一種)の種をまきました。

ウネ幅によって、板の幅を選びます。

今回は、ウネに直まきして、移植する方法を御紹介します。

かけた土を板で押さえた写真です。かけた土を板で押さえる

種をまいて、種が見えなくなる程度に土をかけます。

次に、かけた土の上を板でかるく押せましょう。

かけた土を押さえる理由

● 土の表面の乾燥が、ある程度緩和される。
● まいた種と土を密着させる。
● 発芽が均等にそろう。

発芽した「かき菜」の写真です。
発芽した「かき菜」(9月23日)

【かき菜の中耕・追肥・土寄せ】

株間を中耕した「かき菜」の写真です、株間を中耕した「かき菜」(9月28日)

晴れたり、雨が降ったりと、
天気の移り変わりによって、
土の表面が、次第にかたくなってきます。

中耕したかき菜の写真です。中耕したかき菜(2022.9.28)

かたくなった条間の土をスコップでほぐします。

特に、化成肥料のみが施され、有機質の乏しい土壌は、
土の表面がかたくなりがちです。

土の表面がかたくなると、
降った雨が流れ去り、土中に供給されません。

また、根に充分な空気も行き届かず、
結果として吸肥作用に影響を及ぼします。

もちろん、根の周りのバクテリアや、
微生物への関係にも関係してきます。
(詳細は、追々お話させていただきます)

中耕作業を済ませたら、
有機化成肥料を与え、土とよく混ぜます。

速効性肥料と緩効性肥料、無機肥料と有機肥料、
土壌改良材と肥料との区別、などを念頭において、
使い分けましょう。

詳細は、渡良瀬橋ブログ「資料集」自然いっぱいコーナー!
1【農園芸資料】⑹<土壌改良材と肥料>
を御覧ください。

虫も大好きな「かき菜」の写真です。虫も大好きな「かき菜」(10月6日)

 

かき菜の写真です。かき菜

ずいぶん窮屈になってきましたね。
後日、成長の良い苗を別の場所へ移植します。

かき菜の写真です。かき菜(10月17日)

10月下旬ころ、大きな苗を別の場所に移植する予定です。

小さな苗は、お浸しにして食べましょうね。

かき菜の写真です。かき菜(10月30日)

植え替えの時期を迎えています。

【かき菜の植え替え】

植替え作業を終えた「かき菜」の写真です。植替え作業を終えた「かき菜」(10月31日)

右側一列が「かき菜」で、左側の列は「宮内菜」です。

植え替えは、霜が降りる前に済ませておきましょう。

植え替えのポイント

1 ウネ幅60cm、株間40cmの間隔で定植します。
2 定植位置をクワで植え溝を掘って、水を満たします。

3 かき菜の苗は、根回りに比べて背が高いため、
  寝かせて定植します。
4 根元に土を寄せます。

* 植え溝の代わりに、球根植え器で穴を開け、
水を満たし、寝かせて植えてもいいでしょう。

定植後、葉を起し始めた「かき菜」の写真です。定植後、葉を起し始めた苗(11月5日)

定植後、数日すると、葉が立ってきます。

今後、寒い冬を迎えますが、新芽がたくましく越冬し、
来春、暖かくなるにつれ、大きく育ってきます。

初期生育は「宮内菜」に比べ、「かき菜」のほうがはやく、
それだけ、来春の収穫も「宮内菜」よりも、はやくなります。

「かき菜」は、品種にもよりますが、中心のトウ立ち芽が
太くて充実しています。

しかし、中心のトウ立ち芽を収穫した後は、
「宮内菜」のほうが、脇芽の太さと収穫本数が勝っています。

2種類の「かき菜」(宮内菜も〝かき菜〟です)を
育てることで、収穫期間をできるだけ長く保ち、
おいしい「かき菜」を長く楽しむ工夫をしています。

それほど、ここ両毛地区では、「かき菜」を
好んで栽培しています。

活着した「かき菜」の写真です。活着した「かき菜」(11月22日)

しっかり根付いて、葉をもち上げた「かき菜」です。

初霜が降りる前に、根張りをさせておくことが、
ポイントになります。

霜柱の畑で元気に育つ「かき菜」の写真です。な霜柱の畑で元気に育つ「かき菜」

12月20日の朝、畑に霜柱が立っていました。

それでも、元気に育っています。 

【かき菜の土寄せ・追肥】

かき菜の株元に土寄せをした写真です。かき菜の株元の土寄せ(3月上旬)

秋に植え替えた時の外葉は、すでに枯れています。

しかし、中心の芽は、気温の上昇とともに、
元気よく育ってきます。

3月上旬に、かき菜の株元へ土寄せ兼ねて、
配合肥料を施し、肥効性を高めます。

筆者は、米ぬかに水を加えて腐熟させた液肥を
希釈して、株元に施しています。

米ぬか液肥の作り方

● ゴミバケツの3分の1ほど米ぬかを入れ、バケツいっぱいに水を入 れます。
● ひしゃくなどを使って、よくかき混ぜます。
● ふたをして、腐熟させます。

* 米ぬか液肥は、冬季に作らないと、
 腐熟せず、いわゆる腐敗してしまい、
 強烈な悪臭を伴いますので、御注意くださいね。

【かき菜の摘芯】

かき菜の中心の茎を摘芯している写真です。かき菜の中心の茎を摘芯(3月中旬)

かき菜の中心の茎を摘芯します。

かき菜は、摘芯することで、脇芽の伸長を促します。

摘芯した中央の茎は、特に柔らかく、
たいへん美味しくいただけます。

摘心したかき菜の中央の茎の写真です。摘心した中央の茎

かき菜は、中心部の茎を伸ばしすぎると、
後に出てくる脇芽が細くて短くなり、
太くて充実した花茎が収穫できません。

中央部の茎を摘芯すると、脇芽が伸長しはじめます。

今後は、この脇芽(とう)を欠き取って収穫していきます。

かき菜の花の写真です。かき菜の花(2022.4.13)

 

かき菜の花の写真です。かき菜の花

かき菜は4月になると、脇芽が細くなってきます。

今まで、たくさん収穫してきましたので、
これからは、菜の花を楽しみましょうね。

クイズの答え

正解:万葉集

* 万葉集の東歌に歌われた「茎立くくたち」(かき菜)。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。 

本記事に限らず、御質問などがございましたら、
お気軽にコメントをお寄せください。
(ニックネームのみでも送信可能です) 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。