栽培・飼育活動

家庭菜園 初心者おすすめ【レタス】の育て方<栽培中>

レタスの写真です。

毎日、サラダで食べたいレタス。

ベランダのプランターや、庭で育てられたら、
いつでも新鮮で美味しくいただけますよね。

まして、無農薬で栄養価も高いレタスづくりは、
家庭菜園に適した野菜の一つです。

本稿では、レタスの種まきから収穫までの作業を
御紹介します。

水耕栽培と異なり、土栽培のレタスは、
栄養価が高いかわりに、少し苦みがありますが、
安心して利用できますので、ぜひお試しくださいね。

筆者紹介・家庭菜園クイズ

子どもたちといっしょに、38年間、自然観察や
農園芸などの環境教育活動に携わってきました。

本稿では農家の知識と技術を家庭菜園向きに応用し
基本的な「野菜の育て方」について解説いたします。

【クイズ】 葉菜類の苗を育てるときに、一番注意すべき店はどれでしょう?

● 種を密植気味にまく
● 種の選抜
● 適切に間引く
● 毎日液体肥料をかける

* 正解は、最後のページを御覧ください。

【レタスの育て方:基本情報】

レタスの種袋の写真です。レタスのパッケージ

レタス「フリフリッカー」は、結球レタスです。

なんとも可愛いネーミングですね。

[品種名] :結球性に優れ天候不順に強い
       耐病大玉レタス「フリフリッカー」
       サカタ育成 美咲シリーズ® 923575

[科・属名]:キク科 アキノノゲシ属

[原産地] :中近東内陸、小アジア
[生産地] :アメリカ

特 徴
尿器に強く、結球製に優れ、大玉で葉色の濃い
おいしい結球レタスです。

外葉が多く、肉厚なため天候不順で発生する
生理障害の発生が少ない品種です。

まき時:暖かい地域 1~2月
8~9月
  :寒い地域 4~5月
8月
収穫の目安 頭を軽く押してみて固さを感じるころ。
収穫部位 結球タイプ
数量 0.5ml
発芽率 85%以上
採苗品数(間引き前) 約120本
発芽までの日数 2~4日
発芽適温(地温) 15~20℃
生育適温 15~20℃

野菜の培養土、肥料等の詳細は、
渡良瀬橋ブログ「資料集」を御覧ください

【レタスの育て方:栽培場所の選定と準備】

<レタス:栽培場所の選定>

土壌に対する適応性は広いですが、
乾燥に弱いので、保水力のある土壌を好みます。

連作は可能ですが、連作すると病害が増加しやすいため、
1度作ったら2年は休ませましょう。

レタスは冷涼な気候を好み、よく生育し結球する温度は、
15~20℃です。

レタスは高温長日下で花芽を形成するので、
まく時期を誤るとトウ立ちして結球しません。

<レタス:栽培場所の準備>

<土壌酸度の調整>

有機石灰を散布した写真です。石灰を散布

レタスは酸性土や、やせ地を嫌うので、
植え付け2周間前に1㎡あたり3握り(役150g)の
苦土石灰を散布します。

さらに、植え付けの1周間前に、堆肥を1㎡あたり
約2kg、化成肥料(NPK:888)を1㎡あたり
3握り(約150g)をまいて、地力を高めておきましょう。 

【レタスの育て方:種まき】

レタスの種まきの写真です。レタスの種まき(2022.9.21)

気温が、ようやく25度前後に落ち着いてきました。

苗箱に培養土を入れ、十分水をあげた後、
レタスの種をまきました。

種の数が少量でしたので、ばらまき・・・・にしました。

【レタスの育て方:発芽】

レタスの発芽の写真です。レタスの発芽(2022.9.25)

種まき5日後のようすです。

まだ芽が小さいので、白の寒冷紗をかけて
強い日差しから保護してやりましょう。

さあ、みなさん、これから私と一緒に
レタス栽培に挑戦してみましょう!

これからの作業のようすや、レタスのの生長課程を
リアルタイムで追記してまいりますので、
よろしかったら、御一緒にレタスを栽培してっませんか。

クイズの答え

正解:適切に間引く

* 間引きのポイント:双葉の形が悪いもの、双葉が小さいもの、
双葉の色が悪いもの、大きさがいびつで左右が非対称のもの、
虫食いのものなどを間引きます。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。