栽培・飼育活動

家庭菜園 初心者おすすめ【ホウレンソウ】の育て方<栽培中>

ホウレンソウの種袋の写真です。

ホウレンソウの種をまいて発芽したのに、
苗が弱って枯れてしまった、という経験はありませんか。

原因の大半は、酸性土壌だったり、排水性の良くない場所だったり、
あるいは、25℃以上の高温期に種をまいたためです。

まずは、発芽適温15~20℃を念頭において、
準備を始めましょう。

本稿では、種まきから収穫までの栽培方法について、
過去の栽培記録と比較しながら、
栽培のポイントをお伝えいたします。

なお、最新の画像等は、日付に西暦を付しています。

筆者紹介・家庭菜園クイズ

子どもたちといっしょに、38年間、自然観察や
農園芸などの環境教育活動に携わってきました。

また、自宅では、農家の知識と技術を
家庭菜園向きに応用しながら野菜を育てています。

【クイズ】種まき後に土を厚くかけてはいけない野菜はどれでしょう ?

● トウモロコシ
● ダイコン
● ホウレンソウ
● レタス

* 正解は最後のページを御覧ください。

【ホウレンソウ:基本情報】

「日本ほうれん草」の種のパッケージの写真です。「日本ほうれん草」の種のパッケージ


「日本ほうれん草」は、
「西洋ほうれん草」と比べて、甘い品種です。

[品種名] :ひかり FB 「日本ほうれん草」
生育が早く、アクが少なくておいしい
株式会社 アタリヤ農園 P200

[科・属名]:ヒユ科 アカザ亜科 ホウレンソウ属

[原産地] :中央アジアから西アジア
[生産地] :デンマーク

特 徴
 暑さ寒さに強く生育旺盛で、秋まきに適する日本ほうれん草。
濃緑葉でアクが少なく、やわらかくて食味に優れ、
生育も早く、耐病性のある品種です。

まき時:暖かい地域 9月中旬~
10月中旬
  :寒い地域 9月上旬~
9月下旬
収穫の目安 暖:10月下旬~
翌2月下旬
寒:10月中旬~
11月下旬
数量 50ml
発芽率 75%以上
ホウレンソウの種袋の写真です。「あまうまほうれん草」の種のパッケージ

サカタ交配 サカタのタネ

[品種名] :あまうま®ほうれん草 まほろば
美咲みさき®シリーズ 923413

味自慢えぐみ少なく味が濃い

[科・属名]:ヒユ科 ホウレンソウ属

[原産地] :中央アジア
[生産地] :アメリカ

特 徴
おいしい昔ながらのホウレンソウです。

葉は横に広がらず、切れ込みがあり
光沢のある濃緑色です。差幣やべと病に
強く、たっぷりとれます。

まき時:暖かい地域 9月~11月
  :寒い地域 8月中旬~
10月中旬
収穫の目安 暖:10月上旬~
翌3月下旬
トンネル:12月~3月上旬寒:9月下旬~
2月中旬
トンネル:11月中旬~2月中旬
数量 25ml
発芽率 80%以上
採苗本数(間引き前) およそ600本
発芽までの日数 6-10日
発芽適温(地温) 15~20℃
生育適温 15~20℃
会社名 株式会社 サカタのタネ
所在地 〒224-0041
横浜市都筑区仲町台2-7-1
お客様相談室 045-949-8145
商品情報HP https://www.sakataseed.co.jp

【ホウレンソウ:栽培場所の選定と準備】

<栽培場所の選定>

土壌が酸性だと、発芽しても、やがて黄色くなって、
なくなってしまいます

ほうれん草の根は、地中に深く伸びます。

排水性のよくない場所では、高ウネで対処しましょう。

<栽培場所の準備>

石灰と元肥を施す[1㎡あたり]

種まき2週間前
苦土石灰:150g(約3振り)

種まき1週間前
堆肥:3kg 化成肥料:100g(約2振り)

* 全面に散布し、よく耕します。

アルカリ性の強さや速効性は、

消石灰 → 苦土石灰 → 有機石灰(カキ殻など)
の順に、強 → 弱  速効性 → 緩効性 となります。

また、粒状と粉状があり、速効性には粉状、
緩効性には粒状などと、使い分けましょう。

肥料の詳細など、農園芸の基礎資料は、
渡良瀬橋ブログ「資料集」自然いっぱいコーナー!
2 【農園芸資料】
を御覧ください。

【ホウレンソウ:種まき】

<ウネに対して直角にまく方法>

ウネ立てを終え、まき溝をつくる準備の写真です。ウネ立てを終え、まき溝をつくる準備

ウネは、幅90cm、
高さ10cmほどのウネを立てます。

そして、条間15cm、深さ1cmほどの「まき溝」をつけます。

まき溝の写真です。まき溝をつける

幅90cmのウネに対して、直角方向に溝をつけました。

種まき後、かけた土を押さえた写真です。種まき後、かけた土を押さえる

まいた種と、かけた土を安定させるために、
木片(農家はクワ)などを使って、軽く押さえます。

この作業を転圧と言います。

転圧することで、乾燥に耐えたり、
発芽を均等にしたりする効果があります。

種まき作業完了の写真です。種まき作業完了(9月23日)

種をまき終えて、転圧を終えた状態です。

<ウネに対して平行にまく方法>

種のまき溝をつくる写真です。種のまき溝を平行につくる

1mのウネをつくり、中央の50cmの所に
たこ糸を張ります。

中央のたこ糸から、115cm間隔で溝をつけます。

まき溝は、全部で5条できました。

種まき後の転圧作業の写真です。種まき後の転圧(2022.9.22)

種をまき、土をかけたら板などを使って
ウネの表面を転圧します。
(種まき日:昨年は9月23日でした)

「この後、水はあげなくていいんですか?」

という、読者の皆様の疑問にお答えします。

結論は、あげません

本稿でも御紹介のとおり、
「シュンギク」のコーナーを御覧いただければ明らかです。
(スプリンクラーによる水やりが、まばらだったこと)

種まき後、水やりしたところと、しなかったところの発芽が、
まばらになってしまいました。

種を直まきしたら

● 直まきした後に水やりしたり、まいた場所が
湿っていたりした場合は、その後、雨が降るまで水やりを欠かさずに行いましょう。

● 種まき後、乾燥していても、
雨が降れば発芽してきます。

【ホウレンソウ:種まき後の管理】

<発芽したほうれん草>

発芽しだした「ほうれん草」の写真です。発芽しだした「ほうれん草」(10月2日)

発芽がまばらですが、発芽してきました。

ほうれん草の写真です。ほうれん草

少しまばらな感じですが・・・。

そろそろ、株間の中耕を兼ねて、
追肥をする準備をしましょう。

硬くなってきた土の表面の写真です。硬くなってきた土の表面

株間の土が、硬くなってきました。

<中耕と施肥>

株間の中耕の写真です。株間の中耕

株間に指を差し込んで、ラッセル車のように、
土をかき分けてます。

中耕したほうれん草のウネの写真です。中耕したほうれん草のウネ

中耕した溝に、有機化成肥料を施します。
一溝、軽く一握り(40g)です。

ホウレンソウの写真です。ホウレンソウ(10月17日)

 

ホウレンソウの写真です。ホウレンソウ

だんだんと大きくなってきました。

霜が降りたころから収穫すると、
いちだんと甘いほうれん草になってきます。

ホウレンソウの写真です。ホウレンソウ

順調に大きくなってきました。

【ホウレンソウ:収穫】

収穫した「ほうれん草」の写真です。収穫した「ほうれん草」(11月13日)
クイズの答え

正解:レタス

レタス、シュンギク、ニンジン、セロリなどは、
光が当ることびよって発芽率がよくなる性質が
あります。

これらの種は「好光性種子」、「光発芽種子」
と呼ばれています。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。