プロフィール

渡良瀬橋夕景です。

 ハンドルネーム:橋瀬 良渡(たかせ よしと)です。

       よしとと呼んでください。

【渡良瀬橋ブログ・
 自然いっぱいコーナーが目指すこと】

ブログは、「身近な自然を楽しみながら、暮らしたい!」
をテーマにしています。

筆者が現在、行っている「散策活動」や、
手軽で簡単な「家庭菜園」、「クラフト活動」
などに関する話題を貴方と共有します。

<やってみたいのは、こんなこと?>

○ 身近に感じられる人々の暮らし
や、自然の息吹を写真やクラフト活動をとおして
表現したい。
○ 日常生活のなかで、自然とふれあう手段として、
手軽な家庭菜園を楽しみたい。
○ 子どもといっしょに、野外散策をとおして、
郷土の歴史や文化を再認識したい。

<私がお伝えできること>

● 散歩などの「野外活動」をとおし
て、気づいた季節感
● 年間をとおした「家庭菜園」の実践報告
野菜の栽培歴は、40年、まだ40回、勉強中!
プリザーブドフラワーなどの
オリジナル「創作活動」

   などを中心に当ブログを展開します。

<コンテンツのカテゴリーは>

「自然いっぱいコーナー」
✩ お知らせ・・・最新の出来事や話題の記事
おすすめ・・・カテゴリーにこだわらず
特に御紹介したい記事
野外活動・・・・・渡良瀬橋からの市内散策、
史跡めぐり、サイクリング、
自然観察
栽培・飼育活動・・・主に家庭菜園の
実践報告
創作活動・・プリザーブドフラワー等の
作品紹介
 

<仕事の一環として、今までしてきたこと>

私は、公立学校教諭として38年間、
多くの子どもたちといっしょに、
自然に親しむ活動や、郷土の歴史についての学習をしてきました。

また、身体に障害のある児童生徒たちと共に、
生命の尊さについて、深く考える活動を実践してきました。

現在では、臨床発達心理士としての視野に立って、
障がいのある方々が、散策活動を安全に楽しむための
コンテンツも御提案しています。

そして、一緒に活動してきた子どもたちが、大人になった今、

「我が子と自然を親しみながら、元気に過ごしています。
そして、あの頃に体験した自然保護活動を思い出すたびに、
生命の大切さを改めて感じる今日この頃です・・・・」

と、いう便りも届いています。

<最近、特に感じられること>

昨今、私たちの暮らしの中には、便利な物が豊富にありますね。
そのために、今まで、何気なく通り過ぎてしまい、
気づけなかったことが、その分だけ、
たくさんあるように思えてならないのです。

それは、「川のせせらぎ」季節の移り変わりとともに漂う
花の香り」
、そして、四季折々の鳥たちの唄」・・・・、
だったのかも知れません。

<これから、できること>

私は、このブログをとおして、
身近な自然のたくましい息吹や、
郷土の文化と歴史の素晴らしさを再発見していきます。

そして、これからの、未来を担う子どもたちの「語り部」
になりたい、と思っているのです。

<定年退職して、考えたこと>

私は、2020年3月に退職し、
2021年を迎え、「渡良瀬橋ブログ」を立ち上げることにしました。

現職中は、「自然いっぱいコーナー」を設け、
職場のサイトから、環境教育活動の実践について
発信してきました。

こうした取組を、自分のブログからも、
配信したかったのですが、
なかなか踏み切ることができませんでした。

なぜなら、真剣に勉強してきた「MS-DOS」
(Microsoft Disk Operating System)
などの時代も、遙か昔に終わり、
二度三度と買い換えたPCとともに、
私のモチベーションは、バージョンアップされませんでした。

<今後の夢と希望のこと(update)>

これからの私は、この「渡良瀬橋ブログ」をとおして、
身近な自然の息吹と、我が郷土の歴史と文化について
発信してまいります。

そして、貴方も、未来を担う大切な子どもたちの
「語り部」になってほしい、
と考えました。

<「わが郷土足利」のこと>

渡良瀬橋の写真です。
私は、栃木県足利市に生まれ育ちました。

渡良瀬川に架かる「渡良瀬橋」をはじめ、
数々の橋や河原には、かけがえのない、
たくさんの想い出が詰まっています。

(父と兄に連れられて行った魚釣り)
(渡良瀬川の河原まで歩いて楽しんだ
足利花火大会)など。

幼い頃から親しんできた、私の想いは、
(固有名詞ではありますが)漢字の「渡良瀬橋」ではなく、
ひらがな「わたらせばし」なのです。

残念ですが、「わたらせばしブログ」を名乗る業者が、
通信販売を行っています。(関係プラットフォームには、
その旨、連絡済みです)

そのため、皆様が通信販売による被害を受けぬよう、
余儀なく、ブログ名を漢字の「渡良瀬橋ブログ」に
変更させていただいております。

また、当ブログ内のプリザーブドフラワーの写真が
引用されていたため、その写真を一時、
非掲載にしています。

【ブログ内に掲載する、「オリジナル作品」は?】

「プリザーブドフラワー」作品集「自然いっぱいコーナー」

「ソープカービング」作品集「自然いっぱいコーナー」

「絵手紙」作品集「自然いっぱいコーナー」

「パステル画」作品集「自然いっぱいコーナー」

などの作品集は、筆者の妻、通称「おこたん」のオリジナル作品です。

筆者の配偶者「おこたん」のアバター画像です。「おこたん」は、母親譲りのお陰か、
創作活動を好み、自然を素材とした作品づくりを日々楽しんでいます。  
また、私の育てた野菜もおいしく料理してくれます。

「よしと」とともに、よろしくお願いいたします。

ソープカービング「クリスマスツリー」の写真です。クリスマスツリー

 

* また、ブログ内に掲載する写真は、
引用文の記載が無いものは、すべて
管理者「よしと」の撮影によるものです。

お願いしたいこと

このブログを推進・発展させるために、
みなさまのフォローをいただくことで、
励みとさせていただきたく、
心から、御理解と御支援をお願いする次第です。

そして最後に、今年は「足利の花火」が無事、
開催されますことを祈念しつつ、
「渡良瀬橋ブログ」設立にあたり、
私のプロフィールといたします。

                      2021年1月   よしと

追記:2021年8月 残念ですが今年も
    「足利花火」は、開催されませんでした。
    来年の夏を楽しみに待っています。

「足利花火」3年ぶり開催決定!
日時:令和4年8月6日(土) 午後7時15分~8時15分
場所:田中橋下流渡良瀬運動公園及び河川敷

「渡良瀬橋ブログ:
 自然いっぱいコーナー」が目指すこと!
 まとめ>

<自然いっぱいコーナー>

よく見れば 萕(ナズナ)花咲く
垣根かな
            芭蕉

<すべてを物語る芭蕉の句>

私たちの身近にあるものって、
実は、意外と感じられていないのかも知れませんね。

日本の文化と歴史にふれながら、
自然を身近に感じる楽しさ
と喜びを
あなたと
共有するブログです。

昔だからこそ、垣根に咲く小さなナズナの花を見て・・・。

今では、馬どころか、車や飛行機の時代です。
あっという間に、通り過ぎてしまいます。

<芭蕉のように、生きたい>

 「すぐ目の前にある自然や人々の暮らし」
    素直に感じられたらいいですね。

あなたも御一緒に、
身近な再発見・・・・・・をしてみませんか。

<ブログ ヘッダー画像について>

足利の画家 長島喜一の水彩画 「わたらせばし」の写真です、『渡良瀬橋の夕日』

 

           長島喜一 画

(ジグレー版画 シリアル:B009-001)

*「渡良瀬橋ブログ」内の画像として、
掲載許可承認済み(2021年3月8日)

 長島喜一 画 「渡良瀬橋の夕日」

 足利市中心部を西から東に流れる渡良瀬川に、
1934年に建設された鉄橋越しに見える夕日。
森高千里さんの歌、「渡良瀬橋」の曲名になった橋で、
夕日を背にした橋のシルエットと川面に映る夕日が美しい。

 文:『足利スケッチ散策』より
© Creativ D  All rights reserved
        企画・製作:クリエイティブD

 足利スケッチ散策「渡良瀬橋の夕日」

『足利スケッチ散策』絵手紙セットは、
足利「太平記館」、「岩下書店」、「大岩太平堂」で、
販売されています。(650円 税別)

✩ 岩下書店:足利市通2丁目12-16
  0284-40-1181

✩(大岩太平堂:足利市昌平町2344
  0284-41-5486
  足利学校入徳門の隣)おしまれながら閉店

✩ 足利「太平記館」:足利市伊勢町3-6-4
  0284-43-3000
  足利学校の東隣

足利「太平記館」までの御案内は、

足利市駅から行く「太平記館」と「足利学校」を巡るルート

を御覧ください。

ユズと日本水仙の花の絵手紙
<冬の主役だったユズから、
日本水仙へと、季節は移り変わっています> 

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。  

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    渡良瀬橋ブログ「プロフィール」、拝見しました。孫のスイミングで、危ないので声はかけませんがアンタレスに行くときに時々、見かけます。発信するジャンルも多く大変ですが、頑張って下さい。八木節もよろしく!

  2. よしと より:

    m-tさん、コメントありがとうございます。
    私もアンタレスの会員ですが、
    ジムに通うより、年間入園無料のフラワーパークに
    行くことが多いです。
    会長さんもお元気そうでなによりです。
    八木節の笛、1年以上吹いていないので、
    音が出るか心配です。
    今度、渡良瀬橋の下で練習でもしようかと・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。