栽培・飼育活動

家庭菜園 初心者おすすめ!【ネギ】の育て方

ネギ苗の写真です。

たかがネギ、されどネギ・・・。
ネギ類は、食卓に欠かせない野菜のひとつですね。

さて、おなじみのネギ、手軽に栽培できますが、
実は、ちょっとした栽培のポイントがあるんです。

「どうしても、根元が曲ったネギになってしまう!」など・・・。

そんなお悩みを解消しながら、ネギの育て方についてお伝えします。

筆者紹介・家庭菜園クイズ

子どもたちといっしょに、38年間、自然観察や
農園芸などの環境教育活動に携わってきました。

本稿では農家の知識と技術を家庭菜園向きに応用し
基本的な「野菜の育て方」について解説いたします。

【クイズ】 ネギは何科の野菜でしょう?

● キク科
● アブラナ科
● ユリ科
● セリ科

* 正解は、最後のページを御覧ください。

【ネギ(子もち)を植えかえる目安】

<春の植え替え>

ネギのです。植えかえを待っている「子もちネギ」

子もちネギとは、「分けつネギ」の別名です。

一般のネギは、毎年種をまいて育てます。

子もちねぎは、春先に分けつしたネギを
1本ずつ植え替えると、秋には数本のネギに育ちます。

 ネギの植えかえは、4月で・・・、と、思いきや、
なんと、よく見ると、
株分けを待っているかのように、
葉を方々に「ツン、ツン」伸ばし始めました。

1本ずつ株分けし、植えかえてあげましょう。

掘り起こしたネギの写真です。 枯れ葉にまぎれて、窮屈そうなネギ

あら、たいへん!」

こちらのネギは、すぐに植えかえないといけません。
親ネギに付いた子ネギが、窒息?しかけています。

そういえば、先日、ホームセンターに行ったら、
園芸コーナーで、ネギの苗がたくさん、
販売されていました。

「ネギ植えの時期ですよー!」と、
言わんばかりでした。

<夏の植え替え>

弱ってしまったネギの写真です。弱ってしまったネギ(2022.8.22)

初夏までは、順調に育っていたネギですが、
キュウリとアスパラガスの成長にともない
日当たりと、風通しが悪くなってしまいました。

上の写真のように、ところどころネギが枯れて
なくなってきています。

そして、ネギは真夏に生長を休みます。

このまま放置してしまうと、
全部枯れてしまいかねませんので、
日当たりのいい場所に植え替えました。

元気なネギも、7月~8月に植え替えをすると、
秋の収穫時に、とても柔らかいネギに仕上がります。

曲がったネギにならないようにするには、
土寄せの際、かべ側の土から寄せましょう。

* ネギの種まきについては、
家庭菜園【春野菜:13種】のプチ紹介
1 【春野菜の種をまく準備をしよう】
を御覧ください。

【ネギを植える場所の整備】

植える場所に植え溝を作った写真です。
ネギを植え付けるために、クワで植えみぞをつくります。

ネギ(購入苗も同じ)を植えかえ、定植するために、
植える場所を整備します。

ネギは、アルカリ性土壌を好みます。

前もって石灰を施していなければ、
植える前に、霜が降ったくらいに、
石灰を薄くまきしょう。

(植え付け2週間前:1m2あたり、苦土石灰100g、
有機化成肥料100gの元肥を施しておきます)

園芸用土等の資料は、
渡良瀬橋ブログ「資料集」自然いっぱいコーナー!
を御覧ください。

そして、耕した後、上の写真のように、
クワで深さ12cmほどの、植えみぞを掘ります。

畝幅は、60~75cmとします。

写真では、向かって右側に、
土が高く寄せられていますね。

本記事では、土を高くした側を
「かべ」と、呼ぶことにします。

【ネギ苗の調整】

株分けされたネギの写真です。 枯れ葉を取り除きながら、株分けしたネギ。

(市販のネギ苗を購入された方は、ここを
スキップして、【ネギ苗の定植】へどうぞ)

5月頃の「子もちネギ」は、数本の株になっており、
枯れ葉で覆われています。

そのために、通気性が悪く、分けつした子ネギが、
湿気によって、とろけかけています。
(そのため、根も減少しています)

場合によっては、真っ黒になるほど、
アブラムシが付いてしまうこともあります。

できれば、遅霜の心配がなくなった3月~4月に、
株分け、移植を済ませておくようにしましょう)

そこで、枯れ葉を取り除きながら、
1本ずつ、株分けをします。

この時、分けつ途中のネギを無理に分けようとすると、
根が片側にのみ残り、もう一方のネギは、
根が全く残らないことがあるので注意します。 

【ネギ苗の定植】

ネギを定植している写真です。1本ずつ、丁寧に植え付けていきましょう。


株分けしたネギを1本ずつ、
かべにしっかり付けて、
根元に土を寄せ、軽く押さえます。

植える間隔は、3cm間隔くらいでよいでしょう。
(植え場所とネギ苗の数により、加減します)

また、小さなネギは、
3~6本を16cm間隔ほどで定植します。

1 ネギは土を嫌いますので、
  根が隠れる程度(約3cm)とします。

2 植えるとき、かべにしっかり付け、
  できるだけ立てて土をかけます。
  (曲がったネギにならないようにするため)

<市販苗>

ネギ苗の写真です。ネギ苗

これから、いろいろなネギ苗が出回ります。
この近辺だと、下仁田ネギや深谷ネギが有名です。

定植したネギの写真です。
定植したネギ

【ネギの種まき】  

小ネギの種の写真です。子ネギの種

ワケギやアサツキと同じく、小ぶりの品種も
植えておくと、キッチンで重宝されます。

本稿では、「小ねぎ」を御紹介します。

<小ねぎの種>

小ねぎの種のパッケージの写真です。小ねぎの種袋

☆ つくりやすく まき時期も広い  ☆

[品種名] :香りがひきたつ 緑秀 小ねぎ
      美咲みさき© シリーズ 923800

サカタ交配

[科・属名]:ネギ科 ネギ属
[原産地] :中国西部
[生産地] :チリ

特徴
生育が早く、葉折れも少なく、しかも葉先の
枯れが非常に少ない柔らかくておいしいネギです。

耐暑性、耐寒性もあり、特に低温期の伸長性に
優れるため、秋~春先に能力を発揮します。

<小ねぎの特性>

まき時:暖かい地域 3~9月
    :寒い地域 4~5月
収穫の目安 小ねぎで利用する場合は、
草丈30~40cmになったら
抜きとり収穫します。
刈取りの場合は、根本4~5
cmを残すことで、3~4回
収穫が可能です。
数量 15ml
発芽率 80%以上
発芽までの日数 5~8日
発芽適温(地温) 20℃前後
生育温度 20℃前後

<小ねぎの箱まき・栽培管理>

種を箱まきした小ネギの写真です。種を箱まきした小ネギ

<種まき>

育苗箱に培養土を入れ、深さ約1cm、
間隔10cmで作った溝に、スジまきし、
土をかけ軽く押さえます。

本場1~2枚で間引き、株間を3cmにします。
草丈、15~20cm程度の苗に育てます。

<栽培管理>

引き抜いた苗を、条間25cm、株間15cmで、
1か所に3~4株まとめて、倒れない程度の深さに
植えつけます。

追肥は、植えつけ1か月後に行い、同時に
土寄せを行います。

【ネギの定植後の管理】

定植後のネギの写真です。
根元だけ、土寄せされたネギ

移植後5日後のネギの写真です。移植後5日後のネギ

定植したネギの根元に、
ワラを敷いてやると最適です。

しかし、最近の農家は、ワラをコンバインで、
粉砕処理することが多く、なかなか入手できません。

少量なら、ホームセンターで
販売されていますので、利用すると便利です。
(モミガラ、蕎麦ガラも可)

下仁田ネギの定植の写真です。下仁田ネギの定植(3月24日

苗を定植した後、根本にソバガラをまきました。

根本にかけるワラなどの資材がない場合は、
根本の乾燥の具合をみて、極度に乾燥していたら、
ジョウロで水やりします。

(ネギは、乾燥に強い野菜ですが、活着するまで
様子をみてやりましょう)

ネギの写真です。葉先を持ち上げ始めたネギ

定植したネギは、活着(値付く)と、
だんだん葉が、かべから離れるように起き上がってきます。

ここで大切なことは、上述したポイントのように、
土寄せのしかたに注意しましょう。

土寄せのポイント

◎ 1回目の土寄せは、かべ側の土を寄せる。
◎ 2回目の土寄せは、根元に土を寄せる。
◎ 3回目の土寄せは、再びかべ側の土を寄せる。
◎ 葉の分岐しているところ以上に、土をかけない。

<土寄せ>

ネギが起き上がってきたところの写真です。葉先が起き上がってきたネギ


土寄せが必要なタイミングです。上の写真で言うと、
右側の「かべ」の方から・・・・・・・、1回目の土寄せをします。

ネギの土寄せの写真です。1回目の土寄せ

 

ネギの土寄せの写真です。ネギの土寄せ


葉側の土を板などを使って寄せていきます。

ネギの土寄せの写真です。ネギの土寄せ

するとネギの根は、すっかり活着していますので、
押された土といっしょに、ネギ全体が直立します。

板をずらしながら、根本側に向かって土を寄せていきます。

ネギの土寄せの写真です。ネギの土寄せ

根本側から見ると、ネギが直立していますね。

これでおしまいです。

前回でもお伝えしましたが、
ネギは土を嫌うといわれていますので、
一度に両側から土を寄せてはいけません。

土寄せが完了した写真です。土寄せ完了!

 

土寄せによって直立したネギの写真です。
土寄せによって直立させたネギ

2回目の土寄せは、
1回目と反対側の土を寄せていきます。

ネギはすでに直立していますから、
根元に2回目の土をかけても、
曲がったネギにはならないのです。

ネギの2回目の土寄せの写真です。2回目の土寄せ

また、土寄せで注意したいことは、
成長点(白い茎と緑色の葉の堺)を
土に埋めてはいけません。

成長点に土がかかると成長が止まって、
やがて枯れてしまうからでしたね。

1回目の土寄せをする際、どうしても、
植えみぞ側に土を寄せたくなりますよね。
それが人情です。

しかし、この場合、ネギが完全に直立しない状態で、
根本に土が寄せられてしまうため、土の重みで、
白い根元の部分が曲がってしまうのです。 

土を寄せたネギの写真です。土を寄せたネギ

定植直後は、貧弱だったネギも5月になると、
リンとした株立ちになってきます。

この頃、葉が黄緑色になっていたら追肥を行い、
株元に土寄せを行います。

<定植後のトウ立ち>

ネギボウズの写真です。ネギボウズ

春先、植え替えや定植したネギが活着して、
元気に育つころ、葉先にネギボウズ
(タネになる部分)が発生する株があります。

ネギボウズは放置してしまうと、タネを作るために、
栄養分の大半がネギボウズに集中し、
株自体の成長の妨げとなってしまいます。

見つけ次第、葉先のネギボウズを摘まみとり、
株の成長を促しましょう。

<追肥>

子持ちネギの写真です。

 

 

 

 

夏に休眠するネギ

ネギは「土を嫌う」と言われるとおり、
根は酸素を必要とします。

したがって、極端な土寄せは厳禁で、
日をおいて、徐々に土を寄せていきます。

また、乾燥には比較的強い反面、過湿には弱く、
通風を良くしてやることが大切です。

追肥は、土寄せとともに行います。

 ● 1回目は、定植後に根が活着したころ。
 ● 2回目は、株元から10cm程度。
 ● 3回目で植え溝を埋めます。

さらに、最後の土寄せによって、
軟白部を完成させます。

この際、葉の緑色部と、
根元の白色部の堺の成長点まで埋めてしまうと、
枯れてしまうので注意します。

なお、葉の緑色が薄くなり、黄緑色になるのは、
肥料不足による反応です。

適度な追肥と、石灰の補充を行います。

分けつを続ける子もちネギの写真です。分けつを続ける子もちネギ

土寄せと追肥によって、しっかりと成長しています。

夏季になると、成長が衰えますので、
今のうちに成長を促しておきましょう。

また、秋になると、再び成長が活発になってきます。

株元に草が生えたネギんp写真です。株元に草が生えたネギ

株元に生えた草は、根を深く伸しています。
また、茎が細く、横に複数伸びる草もあります。

いずれにしろ、ちから任せに除草してしまうと、
ネギが倒れたり、抜けてしまったりするので、
ネギの株元を片手で押さえながら、作業するようにします。

除草が終わったら、配合肥料などを施し、
かるく土寄せをすることで、
除草によって、不安定になった株元を安定させましょう

肥料は、活着後から、有機化成肥料(888)などを
少量ずつ、パラパラと根元にまきます。

肥料が不足してくると、前述したように、
葉の色が、だんだんと黄ばんできます。

施肥は、ネギに限らず、一度に多く施すよりも、
同じ量でも、数回に分けて与えたほうが効果的です。

○ 例えば100gの肥料を50gずつ、2回まくよりも、
  まく時期をずらし、25gずつ、4回まく方が効果的!

<トウ立ちに注意>

ネギによっては、トウ立ちしやすい品種や、
トウ立ちする時期(早晩)が異なります。

いずれにしても、葉の先に白い「つぼみ:ネギ坊主」が
出てきたら、早めに、摘み取るようにしましょう。

<今後の作業と収穫>

ネギの成長具合を見て、土寄せを繰り返し、
だんだんと、ネギの軟白部が長くなるように育てます。

<ネギの植え替え>

植え替えしたネギの写真です。植え替えしたネギ(7月1日)

ネギは植え替えしないで、そのまま育てることができます。

しかし、7月に植え替えると、植え替えなかったネギと比べ、
秋には肉質が柔らかくなります。

また、分けつしたネギを株分けすることで、通風を促し
アブラムシなどに対する忌避効果も得られます。

大きめの子持ちネギ(分けつネギ)は、すでに分けつして
一株に2本のネギがついています。

2本に分けつしたネギを手で丁寧に分けましょう。

● 株分けは、外皮を根本までしっかりとはがしてから分けないと
根が片方のネギにだけ残り、もう1本のネギには
全く根が残らないことがあります。

● 分けつが不十分な株は、無理に株分けしないで、
そのまま植え替えましょう。

夏の猛暑期は、成長がいったん休止しますが、
9月になり気温が低下し始めると、再び元気になってきます。

適宜、引き抜いて利用しましょう。

しかし、市販のネギと異なり、
すぐに黄ばんできますので、
必要な分だけ引き抜くことをおすすめします。

ネギと他の野菜の相性については、
渡良瀬橋ブログ「資料集」自然いっぱいコーナー!
⑷ <輪作栽培>(例)*野菜の相性
を御覧ください。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。