栽培・飼育活動

家庭菜園 初心者おすすめ!【エダマメ】の育て方

抜き取ったエダマメの株の写真です。

「枝豆と大豆は同じ!」と、気づいたのは、
私が大人になってからのことでした。

枝豆は、大豆の若莢(わかさや)をとり、
食用にするものを枝豆と呼んでいたんですね。
てっきり、枝豆は大豆と異なるものだと・・・。

それでは、大豆なら何でも枝豆になるの?
と、疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、そんな疑問にお答えしながら、
枝豆の育て方について解説します。

筆者紹介・家庭菜園クイズ

子どもたちといっしょに、38年間、自然観察や
農園芸などの環境教育活動に携わってきました。

本稿では農家の知識と技術を家庭菜園向きに応用し
基本的な「野菜の育て方」について解説いたします。

【クイズ】 次のうち、野菜でないものはどれでしょう?

● スイートコーン
● モヤシ
● ダイズ
● マメモヤシ
● ダイズ

* 正解は、最後のページを御覧ください。

エダマメの苗を定植位置に並べた写真です。

【エダマメの育て方】

<エダマメの品種について>

ダイズの品種であれば、いずれもエダマメとして、
利用できますが、エダマメとしての専用品種が
市販されています。

家庭用の品種としては、早生種よりも中生種の方が、
一般的に作りやすいとされています。
(現在では、早生種が好まれているようです)

今回は、早く収穫したいので「早生茶豆」を
選びました。

<エダマメの基本情報>

●「エダマメ」早生茶豆 株式会社 アタリヤ農園

品種名 滝姫
発芽適温 20℃~30℃
発芽日数 5日~7日
栽培日数 85日~90日
生産地 北海道

●「早生おつな姫」 株式会社 サカタのタネ

エダマメの種袋の写真です。エダマメの種袋(茶豆風味)

☆ 風味うまみ甘味の濃い多収穫枝豆 ☆

[品種名]:早生 おつな姫® 茶豆風味
     美咲みさき®シリーズ 927453

サカタのタネ

[科・属名]:マメ科 ダイズ属
[原産地] :中国
[生産地] :北海道

特徴
風味がよく(茶豆風味)、甘味・うまみの濃い
枝豆です。大さやで3粒莢がたくさんとれる
白毛の早生品種です。

莢の充実がよく、全体に
まんべんなく莢がつき、たくさん収穫すること
ができます。

まき時:あたたかい地域 3~6月
7~8月
:寒い地域 5~7月
収穫の目安 株の中央付近の莢が
十分にふくらんだころ、
莢が黄化する前に株毎
引き抜くか、熟した順
に莢をもぎとって収穫
します。
数量 65ml
発芽率 80%以上
発芽までの日数 5~7日
発芽適温(地温) 25~30℃
生育適温 20~25℃

<種まき前の処理>

エダマメの種と屋根蒔き前の処理の写真です。エダマメの種とHB-101

種をまく前に、活力液HB-101につけます。

活力液HB-101を付けることで、
発芽率が向上し、その後の苗の生長が
良好になることを実感しています。

● HB-101の使用方法

希釈倍率 千倍~十万倍
1Lに、1~2滴
希釈液につける時間 豆類:10秒

【エダマメの種まき】

<ポットまき>

気温も、ずいぶん高まってきました。
いよいよ、夏が大好きなエダマメの種をまきます。

エダマメの種まきの写真です。
エダマメの種まき 

<苗床のようす>

種まきを終えた苗床の写真です。種まきを終えた苗床

苗床を、白の寒冷紗で覆うことで、
発芽や苗の生長を促し、安定化させます。 

また、鳥害防止のために、不要になったCDを
水糸で吊しておくと効果があります。

鳥害防止対策のためのCDの写真です。鳥害防止対策のためのCD

鳥たちに、芽を食べられないように、
苗床から外に出した苗を保護します。

不要になったCDやDVDは、
捨てずに、とっておきましょう。
ベランダに吊すのもいいでしょう。

CDの中央の穴に、水糸を通して結び、
弾力性のある支柱(ダンポ-ルなど)の先に
吊り下げます。

CDが風に揺られて動くので効果的です。

 鳥よけは、長期間同じところで使用していると、
鳥たちも慣れてきますので、
少しずつ支柱の位置を移動させるのがポイントです。

<直まき>

エダマメを直まきした写真です。エダマメの直まき

[直まきの方法]
地温を15℃以上確保します。

うね間60cm、株間20cmで、
1か所3~4粒ずつ、深さ2cm
くらいに点まきし、土をかけ
軽く押さえます。

鳥などの食害対策をおすすめ
します。

種まきの際、底の平らなビンなどを利用して、
植え穴を付けます。

種をまいて土をかけたら、表面を板を使って、
軽く押さえておきましょう。

 ビンの底が平らなので、種まき面が平らになり、
さらに、土をかけた表面を板で軽く押さえることで、
表面も平らになり、発芽がそろいます。

 また、表面を板で押さえる(転圧)ことで、
ある程度、土中の乾燥が予防できます。

<防鳥対策>

防鳥対策のCDの写真です。防鳥対策のCD

支柱などに、不要になったCDなどを吊り下げて、
鳥除けをつけます。

この方法の他に、種まきした地表に、
水糸を張っておいても効果的です。

ハトなどに、1粒でも食害されると、
見事に全部食べられることもあります。

ハトへのエサやりは、公園や神社仏閣で
お願いしますね。

<エダマメの発芽:直まき>

直まきしたエダマメが発芽した写真です。直まきしたエダマメの発芽

直まきしたエダマメが、発芽しました。

直まきの場合のデメリットは、ところどころ、
発芽が不揃いになりがちになることです。

菜園家にとって、野菜が一列に整列していないことは、
なんとも心地よくない状態の一つですよね。
(妻遠家ではありません・・・?)

発芽が不揃いな場合、直根性の野菜でなければ
多く発芽した部分から移植することも可能です。

本葉が展開し始めたころ、2本立ちにしましょう。

【エダマメの定植準備】

<土壌>

植える場所の土壌は、特に選びませんが、
保水生(水もち)の良いところを好みます。

<輪作>

輪作については、前作にマメ科を
しばらく、栽培していないところを選びます。

<肥料(/1㎡)>

元妃:苦土石灰100g、有機化成肥料70g

<定植日前までの準備>

2週間前に、苦土石灰を施し、耕します。
そして、1週間前に化成肥料を施し、
再び、耕しておきましょう。

<畝(うね)づくり>

畝幅50~60cm、株間15~20cm程度。
苗の数や、植えるスペースによって調節します。

【エダマメの定植】

植え穴に水を入れた写真です。  水を注いだ植え穴

おなじみの「球根うえ器」で植え穴を掘り、
ジョウロで、目いっぱい水を注ぎます。

この「球根うえ器」の直径は、約9cmで、
3号(3×3cm)ポットに合っています。
(植木鉢やポットの号数:1号=3cm)

しかし、苗を植える土が、固まっている場合は、
苗を植えるときに、根鉢が崩れてしまいがちになります。

そうならないように、植え穴の上部を少し広げておいてから、
苗を軽く押し込む感じで植えましょう。

また、苗をポットから取り出す前に、
水やりをしておくと、根鉢が崩れにくくなります。

<鉢植えのエダマメ>

鉢に植えたエダマメの写真です。鉢に植えたエダマメ

 

成長する枝豆の苗の写真です。
枝豆も、大きくなってきました。

【エダマメ:定植後の管理】

定植したエダマメの写真です。定植したエダマメ

<定植時のポイント>

エダマメは、植え付け時にショックを受けやすい。

エダマメの根は、太くて比較的ひげ根が少ないため、
定植の適期が遅れると、その後の成育がよくありません。

ポットからの移植は、初生葉(子葉の次に出る2枚葉)が、
展開するころが適期です。

<中耕・土寄せ>

土寄せは、幼苗期に行うと、発根が促されます。
1回目の土寄せは、本場が開くころに行い、
子葉の直前のところまで、土を寄せてやります。

子葉は、光合成など、大切な役割を果たしていますので、
決して埋め込まないようにします。

(エダマメに限らず、市販苗を購入する時の目安として、
子葉が健全なものを選ぶのがポイントです)

2回目の土寄せは、その後15~20日ころに行い、
株元まで土を寄せます。

この2回目の土寄せは、開花する前までに済ませます。

エダマメの中耕のようすの写真です。エダマメの中耕

種を直まきした場合は、特に発芽した周囲の土が
かたくなっています。

スコップを使って、表面の土をほぐしながら、
目のまわりに土寄せをしましょう。

土のようすをみて、株周りに少量の腐葉土などを
すき込んでおくと、その後の硬化が緩和できます。
ここでは、ソバガラをすき込みました。

エダマメの中耕・土寄せを完了した写真です。エダマメの中耕・土寄せを完了

<施肥>

中耕と施肥後に育つエダマメの写真です。中耕と施肥後に育つエダマメ

マメ科の植物は、空気中の窒素を取り込むことができます。

そのため、窒素分の多い肥料を多く与えてしまうと、
過繁茂(葉が茂りすぎて、実付きが悪くなる)になってしまいます。

一般に、肥料の割合はN1・P2・K3としています。

しかし、家庭菜園では、あまり難しいことは気にしないで、
開花したころに、少量の肥料を与える程度でよいでしょう。

肥料などの基礎資料は、
渡良瀬橋ブログ「資料集」自然いっぱいコーナー!
を御覧ください。

<病虫害>

定植後は、白の寒冷紗をかけて、
マメコガネによる、葉の食害を防ぎます。

また、葉や莢に黒い斑点の出る「斑点性細菌病」や、
湿度が高くなる梅雨時に多い「ベト病」が
発生する場合もあります。

農家では、これらの予防に「ダイセン」などの
農薬で対処しています。

しかし、家庭菜園では、風通しに気を配ったり、
木酢液など、自然由来の資材を使うなど、
農薬に頼らない方法で、栽培することを第一とします。

<定植1ヵ月後のエダマメ>

エダマメの写真です。早生茶豆

土壌が乾燥しすぎないように注意します。

エダマメと蕎麦の花の写真です。エダマメと蕎麦の花(6月19日)

敷きワラ代わりに、ソバガラをまきました。

ソバガラの中に種が混じっていて、
ソバの花が咲きました。

追肥はエダマメの花が咲いたころに行います。
(1㎡あたり、軽く一振り:約40g)

また、それまでに窒素が多すぎると、
葉ばかり茂ってしまい、実の付きが悪くなります。

 開花~10日間にかけて、多めに灌水してやると、
莢つきがよくなります。
 

定植約1ヵ月のエダマメの写真です。定植約1ヵ月のエダマメ

定植後、1ヵ月後のエダマメは、
草丈50cmになりました。

エダマメの莢の写真です。エダマメの莢
結実したエダマメの写真です。

エダマメの莢には、マメができてきました。

鉢植えのエダマメの写真です。鉢植えのエダマメ

<収穫の目安>

莢がふくらんできたころが、適期です。
そのまま収穫しないでおくと、
すぐに豆が硬くなってしまうので、注意が必要です。

<定植後45日目のエダマメ>

抜き取ったエダマメの株の写真です。
抜き取ったエダマメの株
定植後、約45日のエダマメを早朝に、
3株ほど抜き取りました。

収穫した日に茹でると、たいへん甘みがあります。
家庭菜園ならではの味をお楽しみくださいね。

【エダマメの収穫】

収穫した枝豆の株の写真です。収穫した枝豆の株(7月12毘)

種まき後、75日目のエダマメです。

株の中央付近の莢が十分にふくらんだころ、
莢が黄化する前に株ごと引き抜くか、
熟した順に莢だけもぎとって収穫しましょう。

収穫したエダマメの写真です。収穫したエダマメ

【エダマメの秋収穫】

7月に種をまいて秋に収穫することもできます。

しかし、地域によっては秋口の温度低下に
注意が必要です。

エダマメの生育適温は、25~30℃であることを
念頭において、栽培計画を立てましょう。

【エダマメの種とり】

完熟させたエダマメの種の写真です。完熟させたエダマメの種

完熟・乾燥させたエダマメの種です。

来年の春にまいて、発芽したらラッキーですね。

クイズの答え

正解:ダイズ

* 収穫する時期によって、野菜になったり穀物になったりします。
野菜から穀物になる例として、エダマメ⇒ダイズ、
スイートコーン⇒トウモロコシなど。


最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。