栽培・飼育活動

家庭菜園 初心者おすすめ!【インゲン】の育て方

収穫したインゲンの写真です。

インゲンが定植の時期を迎えました。

目安は、本場が4枚になったころです。

インゲンの種類には、「つる有り」と「つる無し」があります。

ここでは、「つる有り」インゲンの定植についてお伝えします。

ところで、最も気になるのは、支柱の立て方ですよね。

一般に、「2mの支柱」×苗数ですから、多くの支柱が必要です。

でも大丈夫、これから「手作りフェンス仕立て」の一例を御紹介いたします。

【インゲンの育て方】

<インゲンの種について>

インゲンの種袋の写真です。インゲンの種のパッケージ:サカタ交配

✩ 作りやすいドジョウいんげん✩

  • [品種名]:つるありインゲン《ケンタッキーワンダー》
          美咲みさきシリーズ 927071
    [科・属名]:マメ科 インゲン属
    [原産地] :中央アメリカ
    [生産地] :中国

特徴
さやの形から、「ドジョウ」とか「尺5寸」とも呼ばれています。莢は淡緑色、やや厚みのある平莢で、莢面に多少凸凹ができます。

スジがなく、かたくなりにくいので、おいしく食べられます。

まき時:暖かい地域 4~5月
8~9月
:寒い地域 5~6月
収穫の目安 種まき後、60日前後でとれ始め、40~50日間収穫
が5続きます。マメがふくらみすぎないうちに収穫します。若どりするとたくさん収穫することができます。
種の数量 30ml
発芽率 80%以上
採苗本数
(間引き前)
およそ:40本
発芽までの日数 5~8日
発芽適温(地温) 25℃前後
生育適温 20℃前後
インゲンの種の袋の写真です。インゲンの種のパッケージ:トーホゥのたね

✩ やわらかくて、とてもおいしい ✩

  • [品種名]:つるありインゲン《アーリーグリーンKB》
          品種番号:01454
    [生産地] :アメリカ

特性
生育旺盛で作りやすく、タネまき後65日位でとれだす早世多収タイプです。

さやは17~18cmの光沢のある丸莢で、やわらかく美味しいインゲンが長期間楽しめます。

まき時:冷涼地 4中旬~7月上旬
:中間地 4~7月
:暖地 3月下旬~9月上旬
収穫の目安 莢を早めに収穫すると株も疲れず長期間楽しめます。
種の数量 25ml
発芽率 80%以上
採苗本数
(間引き前)
およそ:40本
発芽までの日数 5~8日
発芽適温(地温) 20~25℃前後

<種まき前の処理>

インゲンの種と屋根蒔き前の処理の写真です。インゲンの種と活力液HB-101

種をまく前に、活力液HB-101につけます。

活力液HB-101を付けることで、発芽率が向上し、その後の苗の生長が良好になることを実感しています。

● HB-101の使用方法

希釈倍率 千倍~十万倍
1Lに。1~2滴
希釈液につける時間 マメ科:10秒

<苗床の準備>

ビニールをかけた苗床の写真です。寒冷紗かビニールをかけた苗床

種まきする時期によって、小さなビニールトンネル状にしたり、白色の寒冷紗を掛けます。

【インゲンの種まき】

<ポットまき>

ポットに野菜の培養土をすりきり入れ、両手の親指で8分目ほどまで。かるく圧縮します。

次に、十分に吸水させた後、ポットの中央に、指で穴をあけ種をまきます。

深さは、だいたい種の大きさの2.5~3倍とします。

まき終えたら、土をかけ、表面を軽く押さえて整えます。そして、水やりして修了です。

なお、発芽の適温は、種の入った袋に表示されています。

つる有りいんげん:発芽適温 15~25℃ 生育適温 20℃ 品種名:セネックス001 生産地:アメリカ (アタリヤ農園)

このように、発芽適温などが表示されていますね。

また、種の袋は、捨てずに保管し、成育、収穫、食味など、自分の好みに合った品種かどうかを、見極める資料とします。

白い寒冷紗をかけた苗床の写真です。白の寒冷紗をかけた苗床(4月30日)

まき終えたポットは、寒冷紗をかけた苗床で管理します。

寒冷紗をかけることで、苗床の温度や湿度を調節します。(発芽した双葉を、鳥に食べられないように注意してね)

<直まき> 

インゲンの支柱の写真です。
インゲンの支柱
うね間1m、株間30~40cmの間隔で、種をまくスペースを確保します。

インゲンの支柱立て作業の写真です。<例> 支柱の感覚:40cm

 

インゲンの支柱立て作業を終えた写真です。支柱のクロス位置に横支柱を設置

支柱をクロスする位置は低く、同じ高さで固定、さらに横支柱を設置します。

種まきポイントをつける作業の写真です。支柱の基部に付けた種まきポイント

種をまくスペースは、底の平らなビンなどを使って、スタンプのように印を付けておきます。

発芽を均等にさせる工夫:種をまく面が平らで、種にかけた土も平らにします。

それぞれ、種をまいたところがデコボコであれば、発芽も不揃いになってしまいます。

インゲンの種まきの写真です。
種まき後の転圧
種まきスペースに、種を3~5粒まいた後、土をかけて板でかるく押さえます。

鳥除けの写真です。
鳥除け
ハトやカラスに種を食べられないよう、不要になったCDなどを吊り下げておくと効果的です。

【インゲンの発芽】

<ポットまき>

発芽したインゲンの写真です。発芽したインゲン

インゲンが発芽しました。

発芽率を御紹介するため、各ポットに一粒ずつまきました。

その発芽率は、一袋72粒の種のうち、発芽した種は、66でしたから、約92%でした。

この後、本場が4枚になるまで培養します。

<直まき>

インゲンの発芽の写真です。インゲンの発芽(5月15日)

発芽したインゲンが、元気に成長し始めました。

【インゲンの定植】 

定植場所の準備の写真です。
定植場所の準備
事前に耕しておいた場所に、苗の数に合わせて、畝(うね)をたてます。

畝の幅は、40cm、高さは20cn程度とします。

株間30cmで、仮にポット苗を置きます。

定植する前に、フェンスの骨格になる支柱を立てます。

「球根植え器」などを使って、苗を植える穴を掘ります。

植え穴を掘り、水を注いだ写真です。
植え穴を掘り、水を注ぐ
それぞれの植え穴に、水を目いっぱい注ぎ込みます。

こうすることで、苗の活着が促され、植え込み後の乾燥にも耐えられるようになります。

定植されたインゲンの苗の写真です。定植したインゲンの苗

長雨で、作業が遅れてしまいました。

苗のつるが伸びすぎているようです。

野菜の肥料や輪作栽培の方法は、
渡良瀬橋ブログ「資料集」自然いっぱいコーナー!
2 【農園芸資料】を御覧ください。

【インゲン:定植後の作業】

<支柱たてと誘因> 

支柱をつなぐ作業の写真です。支柱をつなぐ作業

作業中に、つるを踏みつけないように注意しましょう。

あらかじめ立てておいた支柱(縦)に、苗に沿うようにして、横支柱を取り付けます。

このとき、苗の真上ではなく、少し南よりに横支柱がくるように固定します。(縦支柱をそうなる位置に、前もって立てておきます)

そして、縦支柱の最上部にも、横支柱を取り付けます。

支柱に麻糸を張っている写真です。支柱に麻ひも(ジュート)を張る

組み立てた支柱は、四角形になりますね。

最初に、横糸を縦支柱に縛り、からめながら、約20cm間隔で、下方から順に張っていきます。(一番下の横ひもは、つるがすぐ届く高さに取り付けます)

横糸を張り終えたら、今度は、一番上の横支柱に、同じく20cm程度の間隔で、縦ひもを縛り、吊り下げるように、付けていきます。

そして、この縦糸を横糸に1回巻きながら、最下部の横支柱まで張り結びます。(縦ひもと横ひもで、ネット状になります)

支柱の一部に、筋交いを施します。

ところどころに、支柱を斜めに立てて固定し、ネット全体の大きな揺らぎを防ぎます。

完成したネットの写真です。完成したネット(正面)

 

完成したネット(側面)の写真です。完成したネット(側面)

けっこう手間がかかってしまいますが、この方法なら、多くの支柱を使わずにすみます。

また、麻ひも(ジュート)は、バインダー用のものを使えば、安価で、いろいろな用途に使用できて便利です。(麻は、自然に分解されやすいので、 切れ端などに気をとられずに、作業できます)

ちなみに、麻ひもの代わりに、「園芸ネット」や「キュウリネット」でもいいでしょう。

この園芸ネットは高価ですが、再利用ができます。

そして、キュウリネットは安価で、広範囲をカバーできます。

それぞれの特色を生かして、栽培する面積に合わせて、使い分けるといいでしょう。

例えば、ベランダ栽培には園芸ネット、広い面積の畑では、キュウリネットがおすすめです。

私の場合は、インゲンが収穫しやすい、手作りフェンス仕立てにしています。(ネットの網目の大きさが、自由に決められます)

2日後のインゲンのつるの写真です。2日後のインゲンのつる

「待ってました」とばかり、支柱にしがみついています。

インゲンのツルが支柱にからみついた写真です。
支柱にからみついたインゲン
インゲンが支柱を見つけました。

このころ、よく見ていないと、隣の支柱や、反対側の支柱に、絡みついてしまうことがあります。

正しい位置に、つるを誘引してあげましょう。

<中耕・土寄せ>

中耕と土寄作業の写真です。中耕と土寄作業

5月ごろの天候の変化は以外と激しく、野菜の株周りの土がカチカチになりがちです。

土の表面が硬くなってきたら、スコップを使って、株周りの土をほぐしながら株元に寄せてあげましょう。

中耕、土寄せの作業とともに、少量の肥料や堆肥をスキ込んでやると、その後の成長促進に役立ちます。 

ただし、肥料過多(特に、N=チッソ)は厳禁で、ツルぼけの原因となりますので要注意です。

中耕と土寄せ作業を終えたインゲンの写真です。中耕と土寄せ作業を終えたインゲン

直まきのインゲンは、本葉が2~3舞までに、一か所2本立ちになるよう間引いておきましょう。

成長するインゲンの写真です。成長するインゲン

インゲンのツルは、特に誘引してやらなくても、支柱を上手につかんで伸びていきます。

ただし、株間が狭すぎると、お隣の支柱にからみつくことがありますから、よく観察しましょうね。

元気に育つインゲンの写真です。元気に育つインゲン(6月8日)

 

ツルを伸すインゲンの写真です。ツルを伸すインゲン(6月19日)

<追肥>

支柱に伸びるインゲンの写真です。つる有りインゲン(セネックス001)

草丈が20cmくらいになったころ、追肥と土寄せを行いました。

この追肥の方法は、エダマメと似ていて、マメ科の特性(空中窒素を蓄える)を考慮します。

窒素肥料を控えめ(参考 NPK:2・3・3)にします。

つる有り系は、次々に実を成らせるため、追肥をまめに行うことがポイントです。

また、インゲンは、マメ科の中で、最も肥料が必要な野菜です。(注意参照!)

つる有り系は、収穫が始まってから2回の割合で追肥します。

肥料過多になると、実が付きません。

元肥料が十分だったり、前作野菜の残肥が土中にある場合は、むしろ追肥しない方が安全です。

 <過繁茂(ツルぼけ)の例>

過繁茂になったインゲンの写真です。過繁茂になったインゲン

チッソ肥料過多だったため、旺盛にツルが伸び、全く実を付けようとしないインゲンです。

いつも野菜を栽培している場所であれば、全く肥料がいらない場合もありますので、インゲンの成長ぐあいをよく観察して判断しましょう。

<ベランダ栽培>

プランターに植えたインゲンの写真です。
プランターに植えたインゲン
普通のプランターには、3本植えとします。

ここでは、弾力姓のあるポールを支柱として使用します。

最初に、プランターの奥側に、アーチを1本立てます。

それから、苗の後ろ側に、1本ずつ支柱をさして立て、先ほどのアーチとの交差点を結び、固定します。

支柱の上部は、お好みに応じて、横支柱を付けます。

プランターに付けた支柱の写真です。プランターに付けた支柱

支柱を使ったデザインは、いろいろ考えられます。

例えば、アーチより上部に、短い支柱を複数、斜めに付けていくと、おしゃれなトレリスができます。(写真は、最もシンプルな例です)

<インゲンの花>

インゲンの花の写真です。インゲンの花

インゲンのつるも、どんどん伸びて、いよいよ花が咲き始めました。

結実したインゲンの写真です。結実したインゲン(7月1日)

 

【インゲンの収穫】

収穫したインゲンの写真です。収穫したインゲン

 

収穫したインゲンの写真です。早探りしたインゲン(7月5日)

インゲンは、若いサヤほど柔らかく、美味しくいただけますよね。

実が成りだしたら、早めに収穫すると、甘味や風味が格別です。

支柱の先端に到達したインゲンの写真です。支柱の先端に到達したインゲン

支柱の先端に到達したインゲンは、次々に実が成ってきました。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です