栽培・飼育活動

家庭菜園 初心者おすすめ【シュンギク】の育て方<栽培中>

シュンギクの種袋の写真です

シュンギクの種まきから収穫までの方法について、
初心者の方でも簡単に育てられるポイントを御紹介します。

なお、記録画像や記事内容は、2021年に加え
具体性をより高めるために、必要に応じて最新の画像や記事を
追記して掲載しています。

最新の画像には、西暦.月.日を明記していますので、
過去の画像と比較して御覧ください。

筆者紹介・家庭菜園クイズ

子どもたちといっしょに、38年間、自然観察や
農園芸などの環境教育活動に携わってきました。

本稿では農家の知識と技術を家庭菜園向きに応用し
基本的な「野菜の育て方」について解説いたします。

【クイズ】 シュンギクは、何科の野菜?

● キク科
● アブラナ科
● アカザ科
● セリ科

* 正解は、【シュンギク:基本情報】を御覧ください。

【シュンギク:基本情報

シュンギクの種の入ったパッケージの写真です。シュンギクの種の入ったパッケージ

春菊「きくまろ」は、生でもたべられるほど、
おいしいシュンギクです。

パッケージにもありますように、
「きくまろ」という名前もユニークですね。

[品種名] :生でも美味しい きくまろ 春菊
       香りマイルドフレッシュサラダで
       サカタのタネ 美咲シリーズ® 923272

[科・属名]:キク科 キク属  (クイズの答え)

[原産地] :地中海沿岸
[生産地] :デンマーク

特 徴
 株張り型の中大葉シュンギクです。
マイルドな香りと、柔らかい葉が特徴です。

火の通りが早いので、
鍋では「さっとくぐらせる」だけでOK。

生でサラダにしてもおいしいです。

まき時:暖かい地域 1~4月
トンネル3~4月
8~12月
  :寒い地域 3~4月
8~9月
トンネル11月中旬~4月上旬
収穫の目安 9月まき:9月の平均気温22℃の地域で、35~45日
収穫部位 株張りタイプ
数量 40ml
発芽率 55%以上
採苗品数(間引き前) 約2500本
発芽までの日数 4~7日
発芽適温(地温) 20℃前後
生育適温 15~20℃前後

シュンギクは、収穫方法が2タイプあります。

① 根こそぎタイプ・・・抜き取り収穫
② つみとりタイプ・・・つみ取って何度も収穫

御紹介のシュンギク「きくまろ」は、
① 根こそぎタイプです。根から株ごと引き抜いて、
収穫します。(つみとり収穫は不向き)

なお、② つみとりタイプは、
中葉種のシュンギクを選びましょう。

種まきは、庭に直まきします。

野菜の培養土、肥料等の詳細は、
渡良瀬橋ブログ「資料集」を御覧ください

【シュンギク:栽培場所の選定と準備】

<栽培場所の選定>

土壌に対する適応性は広いですが、
乾燥に弱いので、地下水位の高い場所を好みます。

シュンギクは、2年ほどあけて作付けします。

野菜類では少ない「キク科」ですから、
アブラナ科の野菜との輪作に適します。

<栽培場所の準備>

<土壌酸度の調整>

有機石灰を散布した写真です。有機石灰を散布

種まき4週間前に、石灰を散布し、耕します。
(1㎡あたり:150g)

アルカリ性の強さや速効性は、

消石灰 → 苦土石灰 → 有機石灰(カキ殻など)
の順に、強 → 弱  速効性 → 緩効性 となります。

また、粒状と粉状があり、速効性には粉状、
緩効性には粒状などと、使い分けましょう。

<施肥:1㎡あたり>

 少量の種まき(作条うね)植え溝に(間土5~6cm下に)
              元妃:化成肥料100g、堆肥バケツ1杯
             * 作条うね → くわ幅1列のまき溝

 多量の種まき(ベッドうね):種まき1週間前、
               元肥を全面にまいて、すき込みます。

石灰の散布は、単に土壌酸度の調整のみならず、
苦土石灰(マグネシウム、カルシウム)
消石灰(カルシウム)など、NPK(チッソ、リン酸、カリ)に加え、
野菜の5大栄養素として考えましょう。

<ウネづくり>

シュンギク:ウネ作りの写真です。
うね作り
うね幅、100cmの「ベッドうね」をつくります。

メジャーなどで印をつけ、たこ糸を張って
クワなどで、さくを切ると便利です。

うねの中央部分が少し高くなるようにすると、
うね内の水はけが良くなり、雨水がたまりにくくなります。

【シュンギク:種まき】

種のまき溝をつくっている写真です。種のまき溝をつくる

種をまく溝は、木板を使います。

木板を横に立て、うねの上を滑らせながら、
種をまく溝をつくります。

シュンギク:まき溝を作る写真です。まき溝作り

1m幅のうねに、条間20cm、深さ約1cmの
溝をを作ります。

作業に慣れていない方は、メジャーとたこ糸を使うと
便利です。

シュンギク:種まきの溝の写真です。種まきの溝

まき溝に、種が1cm間隔になるようにスジまきします。

種にかける土は、種がわずかに隠れる程度にします。
厚くかけ過ぎると、発芽不良になります。

種まき後、板で軽く押さえている写真です。
種まき後、板で軽く押さえる(8月24日)

シュンギク:種まき後の転圧作業の写真です。種まき後の転圧(2022.9.7)

種をまいた後、種が隠れるくらい土をかけた後、
まき溝の上を板で軽く押さえます

転圧(てんあつ)効果・・・種の発芽を揃えることができます。

・まき溝の底面が平らで、かけられた土が平らになり、
発芽がそろいます。

・さらに、転圧することで、うね表面の乾燥を防ぎます。

【シュンギク:種まき後の管理】

種まきを終えたウネに、白の寒冷紗をかけます。

寒冷紗によって、猛暑による高温を回避できます。

また、発芽した「貝割れ」を
鳥や虫に食害されることも防ぐことができます。

<寒冷紗を用いずに、鳥の食害を防ぐ方法>

○ 種をまいた「うね」上、
高さ20~30cmの位置に水糸を張ります。

○ 不要になった、CD(コンパクトディスク)を吊します。

発芽したシュンギクの写真です。発芽したシュンギク(8月28日)

部分的に発芽してきました。

他の野菜のためのスプリンクラーの水が、
まばらにかかってしまったようです。

(種を直まきした場合は、水をやりません。

もし、水やりをしたら、
雨が降るまで毎日水をあげ続けましょう)

この段階は、やはり、横着しないで、
手作業に限りますね。

発芽したシュンギクの写真です。発芽したシュンギク(2022.9.14)

下に落ちたサクランボの葉が散乱していますが、
今年(2022)は、発芽がそろいました。

と言いたいところですが、4本のスジまきの溝の内、
1本が、全く発芽していませんでした。

種のまき忘れでした。(残念!)

<日照不足が心配> 

発芽が不揃いなシュンギクの写真です。発芽が不揃いなシュンギク(9月4日)

種まきの際、不均等に土がかかっているよです。

写真手前の列は、発芽していません。

土をかけすぎたのかもしれませんね。

そして、日照不足と相まって、
成長が良くありません。

<まばらな発芽>

まばらなシュンギクの発芽の写真です。まばらなシュンギクの発芽(9月10日)

発芽がまばらな場合は、ある程度成長した段階で、
適切な間隔をとって植え替えます。

シュンギク:発芽の写真です。シュンギク:発芽(2022.9.21)

写真では、向かて左側1列目は、モロヘイヤの日陰に、
2列目は、まばらな発芽、3列目は種の蒔き忘れ、
そして、4列目は正常に生育しています。

<中耕と追肥>

表面がかたくなったウネの写真です。表面がかたくなったウネ

雨が降ったり、晴れたりを繰り返しているうちに、
ウネの表面はヒビ割れ、かたくなってきます。

そこで、株と株の間(条間)の土に指を差し入れ、
ラッセル車(雪かき)のように指先を移動させます。

すると、指によって、かき分けられた土が、
株元に集まり、寄せ土になります。

中耕してできた溝に追肥した写真です。中耕してできた溝に追肥

中耕してできた溝によって、排水を促します。

さらに、野菜の根に、
空気、水、肥料を適度に運べるようになります。

だんだんと成長するシュンギクの写真です。だんだんと成長するシュンギク

肥料が効いてきたようすです。

しかし、成長がまばらですね。

大きくなってきたシュンギクの写真です。大きくなってきたシュンギク(10月6日)

【シュンギク:収穫】

シュンギクの写真です。シュンギク(10月13日)

もう、必要に応じて収穫しています。

先日は、ごま和えにして、いただきました。

シュンギクの写真です。シュンギク(10月17日)

収穫して食べてます。

やわらかくて美味しいですよ。

シュンギクの写真です。シュンギク(10月30日)

どんどん収穫しています。

栽培初期は、発芽がまばらで、
植え替えも検討していましたが、
その必要は、なかったようです。

今年は、霜が降りる前に、ビニールトンネルを
かけて、保温してみます。

シュンギクの写真です。シュンギク(11月5日)

 

収穫したシュンギクの写真です。収穫したシュンギク(11月13日)

今後の作業は、ビニールトンネルをかけて、
霜よけ対策をします。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。