栽培・飼育活動

家庭菜園 初心者おすすめ!【ガーデンレタスミックス】の育て方

ガーデンレタスの写真です。

新鮮なレタスを手軽に育て、サラダで味わうことができたら
毎日の食卓も一段と楽しめます。

特に夏の冷えたサラダは格別ですね。

結球レタスは、秋からの栽培が容易ですが、
真夏にも新鮮なレタスが食べたいところです。

しかし、今回は種まきの時期を逃してしまいました。

そこで、7月になってからの栽培に挑戦することにしました。

【ガーデンレタスミックス】:基本情報】

ガーデンレタスの種袋の写真です。ガーデンレタスミックス:種袋

[品種名] :サカタのヤネ 「ガーデンレタスミックス」
       お得なミックスレタス
       美咲シリーズ® 923676

[科・属名]:キク科 アキノノゲシ属

[品種名] :フリンジーグリーン グリーンオーク 他3種類

[原産地] :西アジア 地中海沿岸

特 長
さまざまな葉形や色の5種類ものレタスが
ミックスしてあります。サラダに入れると
見た目にもきれいでおいしく、花壇の縁ど
りに使うなど観賞用にも楽しめます。

まき時:ベビーレタス 3~6月 8~10月
  :大株 2~5月 9~10月
収穫の目安 ベビーレタスにする場合は15㎝くらいになったら、株元を2㎝ほど遺して刈りとって収穫する。

大株にする場合は、中心部の葉が伸びてきて、株が盛り上がったら株ごと収穫します。

数 量 2.5ml
発芽率 85%以上
採苗本数
(間引き前)
およそ1,000本
発芽までの日数 2~4日
発芽適温(地温) 20℃前後
生育適温 15~20℃
備 考 この種は農薬を使っていません。

<ガーデンレタスミックス:種まき>

箱まきしたガーデンレタスの写真です。箱まきしたガーデンレタスミックス(2023.7.7)

ベビーレタスにする場合は、バラ蒔きします。

ここでは、大株にしたいので育苗箱にバラ蒔きしました。
(スジまきが面倒だったので・・・)

また、大株の場合は、セルトレーを用いたり、
育苗箱に10㎝感覚でスジまきする方法もあります。

● レタスの種は好光性のため、タネにかける土は
タネがわずかに隠れる程度にします。

かける土が多いと、発芽が良くありませんので
注意が必要です。

● 気温の高い季節にタネをまく場合は、
タネを冷蔵庫で2日間ほど冷やしてからまくと
発芽が促進されます。<参考例参照>↓

● <参考例>
最高気温が25℃を超える時期のタネまきは、
タネの休眠防止のため「催芽まき」をしましょう。

① タネをガーゼなどの布に入れます。この時、
きつく詰めすぎると発芽が不揃いになります。

② タネを包んだ袋を20℃~22℃くらいの水につけ、
濡らしたままのタネを布ごと冷蔵庫に2~3日間ほど
入れておくと、よく発根します。

ここでは、市販の種袋を開封せず、
そのまま冷蔵庫に2日間入れておきました。
(発根した濡れたタネをまくのは面倒・・・!)

<ガーデンレタスミックス:発芽>

発芽したガーデンレタスの写真です。発芽したガーデンレタスミックス(2023.7.13)

心配された高温期のタネまきでしたが、
冷温処理した結果もあってか、すばらしい発芽率でした。

生長するガーデンレタスの芽の写真です。生長するガーデンレタスミックスの芽(2023.7.20)

高温期のタネまきは、良く発芽しないということで
育苗箱にバラまきしたため、苗が窮屈に・・・。

発芽がとても優秀なタネですので、スジまきを
おすすめします。

ガーデンレタスの苗の写真です。大きくなったガーデンレタスミックスの苗(2023.8.1)

種まき後、やく半月ほどで本葉が大きくなってきました。

ベビーレタスとして利用しながら、大きめの苗は大株栽培用とします。

<ガーデンレタスミックス:鉢上げ>

ガーデンレタスの芽の鉢上げの写真です。ガーデンレタスミックスの鉢上げ(2023.8.1)

本葉が1.5舞子路担ったら、直径3㎝~のポットに
培養土を入れ、一株ずつ移植します。

● レタスは水分が大好きな野菜です。
植え替えの際は、根が乾かないうちに行いましょう。

● ポットに培養土を硬くつめると根張りがよくなります。

<ガーデンレタスミックス:苗床の管理>

遮光ネットの写真です。苗床にかけた遮光ネット

夏場の栽培は、強い日光や乾燥を防ぐために、
白色の寒冷紗などをかけて管理します。

遮光ネットの写真です。遮光ネット:白色寒冷紗

苗が乾燥しないように、毎日水やりします。

<ガーデンレタスミックス:定植>

ガーデンレタスの定植の写真です。
ガーデンレタスの定植(2023.8.15)
本葉が4枚ほどに生長したころ定植します。

<植え場所の準備>

土質は選びませんがレタスは乾燥を嫌います。

地下水位の高いところが適していますが、
夕立などによる大雨で冠水しないところが最適です。

<輪作・間混作>

連作は可能です。

レタスはキク科ですから、ハクサイ、ダイコン、
キャベツなどのアブラナ科との輪作や間混作が
適した組み合わせの一例です。

野菜栽培の輪作栽培の組み合わせは。
渡良瀬橋ブログ「資料集」自然いっぱいコーナー!
2 【農園芸資料】⑷ <輪作栽培>(例)を御覧ください。

<肥料:1㎡あたり>

元肥:鶏フン150g、化成肥料(NPK=888)120g

<ウネづくり>

条 数 ウネ間 株 間 ウネ高
1 45~50㎝ 25~30㎝ 10~20㎝
2 90~100㎝
4 180㎝

<ポリマルチ>

ポリマルチの使用は、季節や目的によって使い分けましょう。

⑴ 透明マルチ:地温を上げたい季節(春)
⑵ 黒色マルチ:地温を上げず草を防ぐ(夏)

透明・黒色マルチの共通のメリットは、
土砂のはね上がりを防止し、病害虫を予防します。

また、雨による元肥の流出を緩和する効果もあります。

<ガーデンレタスミックス:収穫>

ガーデンレタスの写真です。

タネまき後約50日ころの状態です。

ガーデンレタスの写真です。

中には、株の中心の葉が伸びてきて、
株が盛り上がってきました。

大きく生長した株から、順に収穫します。

食味は、水耕栽培と比べ苦みがありますが、
露地栽培の場合は栄養価が高いためともいわれています。

また、家庭菜園ならではのオーガニック栽培ですので、
安心して利用できますね。

<ガーデンレタスミックス:まとめ>

<とう立ちに注意>

トウ立ちしたガーデンレタスミックスレタスの写真です。とう立ちしたガーデンレタスミックス

(2023.9.11)

● 春まき栽培:タネ薪が遅れるほど、生育後半が高温期になり
早くとう立ちします。反対に、早くまくと、低温期の生長はわるく
保温育苗が必要になります。

● 夏まき栽培:今回のように、夏まき栽培(7~8月)では、
高温のため早くにとう立ちしてしまいました。

このように、花芽の分化・とう立ちは、高温期に促進され
大苗ほど敏感に反応します。

一般的に、6~8月にタネをまくと、50~60日で
とう立ちしてしまうことが確認されました。

トウ立ちしたレタスの写真です。 トウ立ちしたレタスの写真です。

<栽培適期>

スベリヒユの写真です。スベリヒユ:畑によく発生する草

春作:藤が開花するころ(平均気温15℃)から
スベリヒユが発芽するころ(平均気温22℃)まで。

秋作:彼岸花が開花するころ(平均気温24℃)以降。

<発芽適温>

レタスの花の写真です。レタスの花

発芽適温は20℃前後で、これ以下になると初釜での
日数が長くなります。

反対に、これ以上になると「タネの二次休眠」に入り
発芽しにくくなってしまいます。

「タネの二次休眠」を打破するために、前述した催芽してまけば
その後25~30℃の高温になっても、確実に発芽します。

また、一般的にコーティング処理が施されたタネは、
普通のタネよりも高温下でも発芽しやすいといわれています。

関連記事:家庭菜園 初心者おすすめ!【結球レタス】の育て方
を御覧ください。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です