栽培・飼育活動

家庭菜園 初心者おすすめ【野菜の中耕・追肥】の方法と効果

トウモロコシの中耕作業の写真です。

 庭に植えた野菜たちは今、
大切な時期を迎えています。

 5月の連休の頃から、ナスやキュウリなどの
定植作業は、すでに終えていますね。

 今は梅雨の時期だし、水やりの心配もないから大丈夫?

 一息ついて、一安心! したいところですね。

 しかし、6月は、今後の野菜栽培の良否を決定する
「重要な時期」なんです。

 今回は、この大切な時期に必要な、「中耕作業」を中心に、
野菜を元気に育てるポイントをお伝えします。

(筆者紹介:野菜栽培歴40年、しかし、まだ40回、勉強中です!)

【中耕作業の効果】

トウモロコシの中耕後に土寄せをした写真です。  トウモロコシ:中耕した後の土寄せ

 中耕(ちゅうこう)とは、野菜などを定植した後に、
株元の表面の土などをやわらかくすることです。

 梅雨期は、雨や晴れ間を頻繁に繰り返します。

 そのために、土の表面が平坦になり、やがて硬化していきます。

 結果として、雨などによる水分が地表を流れ去り、
野菜の根は、十分な吸水ができなくなってきます。

 それでは、どうしたらよいのでしょうか。

 以下、中耕の目的や方法についてまとめました。

中耕の目的

⑴ 通路などのかたくしまった土を
  耕してやわらかくし、水や空気の通りをよくして、
  根に水や酸素の供給を促す。
⑵ 畝間の草を取る。
⑶ 追肥を兼ねる場合は、肥料と土を混ぜて、
  吸収を助ける。

 以上に加え、中耕作業で注意することがあります。

 それは、根が浅く、広く伸びていくキュウリや、
ひげ根の少ないトウモロコシなどの根を
切らないようにすることです。

 中耕のポイントは、株元の土を指先で、
軽くもみほぐすようにすることです。

 あらかじめ、敷きワラ代わりに、
堆肥をまいておいた部分は、さほどかたくなっていません。
この堆肥も、土といっしょに、もみほぐします。

【中耕・土寄せ・追肥の方法】

* 肥料などの基礎資料は、
 わたらせばしブログ「資料集」を御覧ください。

<オクラ>

定植後、雨で倒れてしまったオクラの写真です。  定植後、雨で倒れてしまったオクラ

 野菜の苗を定植したり、種をまいたりした後、
なんの作業もせず、放置しておくと、
風雨などの影響を受け、いろいろなトラブルが発生します。

 上の写真のオクラの苗は、夕立によって倒状してしまいました。
このまま、放置してしまうと、やがて葉の部分が起き上がり、
茎が大きく曲ってしまいます。

 こんな時に必要な作業が、土寄せです。

 この、土寄せ作業は、以下の二通りの目的と、
方法に分けることができます。

⑴ 軽く土寄せする方法

① 苗を間引いたり、
  根張りが不十分だったりする株のふらつきをなくす。
② 草が生えるのを防止する。
③ 灌水(水やり)のための保水スペースや排水路を作る。
④ 降雨による肥料の流出を防ぐ。 

⑵ 高く(10~20cm)寄せ上げる方法

① 株の倒状を防止する。
② ネギの軟白部を形成する。
③ ジャガイモの緑化を防止する。

 このように、土寄せによる効果は多々あります。
先ほどのオクラのように、土寄せをすることで、
株をしっかりと立て直すことができます。

 そして、台風などによる風雨にも耐えられるよう、
土寄せ作業によって、株の根張りを促しておくことが大切です。

 また、土の表面を削ったり、
畝上げ(畝の肩に、土を寄せ上げる)したりすることで、
草の発生や、風を防ぐことができます。

除草の心構え: 草が生えていない部分も、普段から意識して、
        土の表面を削ったり、軽く耕したりします。
        絶えず「土を少ずつ動かす」感覚で作業することにより、
       草の発生を未然に予防します。       

* 当ブログでは、「雑草」という言葉を用いません。名前は省略しますが、
  単に「草」と記します。     
  これは、一所懸命に生きようとする「草」に対する畏敬の念によるものです

<トウモロコシ>

トウモロコシに土寄せした写真です。トウモロコシ株元の土寄せ

 トウモロコシは、株の成長に合わせて、
中耕、追肥、土寄せを繰り返し行っていきます。

<モロヘイヤ>

モロヘイヤの中耕・土寄せ作業の写真です。モロヘイヤの中耕・土寄せ作業

 写真左側の株は、作業を終えたモロヘイヤです。

 土寄せ作業と共に、適量の追肥を行います。

<トウモロコシの追肥>

トウモロコシの株元に追肥した写真です。トウモロコシの株元に施した肥料

 

追肥を終えた庭の写真です。追肥作業のようす

 株元に、配合肥料などを追肥し、
軽く表土に混ぜます。
(肥料を土にすき込むと、根からの吸収が良くなります)

野菜の成長を見ながら、中耕・追肥の作業を行います。

 この作業の如何によって、今後の成長に大きな影響をもたらします。

 梅雨の合間に、しっかり育ててあげましょうね。

【中耕・土寄せ・追肥作業の後に】

 野菜の中耕・土寄せ・追肥作業をしながら、
野菜の状態を確認しましょう。

 つい管理を怠ってしまうと、思うような収穫が
得られなくなることもあるので、注意しましょうね。

<ナス>

接木ナスの台木の芽とナスの写真です。接木ナスの台木の芽とナス

 接木の野菜苗を植えた場合、注意したいことがあります。
それは、台木の芽を伸さないようにすることです。

ナスの台木の芽の写真です。  ナスの台木の芽

 接木苗の台木は、強健です。

 私は一度、この台木の芽に気づかず、やたらと大きく育つ姿に関心、
花もたくさん咲きましたが、全く実が成りませんでした。

 よく見ると、茎や葉に鋭いトゲがありました。
葉の形も違います。

 どうか皆さんも、私の失敗を教訓にして、
台木から出る芽には注意し、小さいうちに欠き取りましょうね。

<スイカ>

鳥につつかれたスイカの写真です。  鳥につつかれたスイカ

 野球のボールくらいに育ったスイカが、
なんと鳥につつかれてしまいました。

 こんな場合、オリジナル鳥避けをつけます。

鳥避けとスイカの写真です。  鳥避けとスイカ

 スイカの実の近くに、鳥避けを付けました。
鳥避けの構造は、いたって簡単です。目玉を書いたプラ板に、
CDを水糸で結んだシンプルな案山子(かかし)? です。

 鳥類は、「蛇の目模様」を嫌います。
(モンシロチョウの羽の目もそうですね)

 この模様と、風でキラキラ動くCDを組み合わせます。

 そして、何日か毎に、案山子の位置を少しずらしていくのがポイント!
鳥たちの警戒心を持続させます。

<ミニトマト>

ミニトマトの実の写真です。  ミニトマトの実

 甘いトマトにするには、水分管理が必要ですが、
露地栽培なので、自然にお任せします。

 しかし、うっかりしていると、伸びてきた脇芽を
見逃してしまうことが、筆者もよくあります。
見つけ次第、摘みとりましょう。

摘みとったミニトマトの脇芽の写真です。摘みとったミニトマトの脇芽

 

<生育初期:株の充実を優先>

収穫したピーマンの写真です。  収穫したピーマン

 成り始めたピーマンやナスは、
あまり大きくならないうちに収穫します。

 雨天の日が続くと、つい大きくしてしまいがちです。

 株の成長初期は、株を充実させることに専念します。
実を収穫したら、適量の肥料を施しておきましょう。

 最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。