栽培・飼育活動

家庭菜園 初心者おすすめ!「ミニトマト」の育て方<栽培中>

収穫時期を迎えたミニトマトの写真です。

5月に植えたい野菜の定番の一つに、
ミニトマトがあります。

とても身近な野菜なのに、育て方となると
少し迷ってしまいますよね。

そこで、初心者の方でも簡単に育てられるように、
また、中級者の方にも
「いまさら聞けない育て方のコツ」を御紹介します。

本記事を御覧いただき、
おいしいミニトマトをたくさん収穫しましょうね。

筆者紹介・家庭菜園クイズ

子どもたちといっしょに、38年間、自然観察や
農園芸などの環境教育活動に携わってきました。

本稿では農家の知識と技術を家庭菜園向きに応用し
基本的な「野菜の育て方」について解説いたします。

【クイズ】 次のうち、野菜でないものはどれでしょう?

● トマト
● リンゴ
● ミニトマト
● メロン
● スイカ

* 正解は、最後のページを御覧ください。

【ミニトマトの育て方:良い苗の選び方】

ミニトマトの写真です。ミニトマト(イエローミミ)

○ 良い苗の特徴
ミニトマトの苗に限らず、一般的な野菜や草花の苗の
選び方について列挙します。

① 茎が太くてがっちりしている。
② 葉が厚くて大きい。
③ 葉と葉の間がつまって短い。
④ 葉がつやつやとして、いきいきと色も良い。
⑤ 虫食いのあと、病気の葉、枯れ葉がない。
⑥ 根張りがよい。
⑦ 双葉(子葉)が付いている。

* トマトは、1番花が付いているものを選ぶと、
 定植の際、植える方向を見きわめるのに便利です。
(詳細は、定植の項で説明します)

● 良くない苗の特徴
まさに、上に挙げた例の反対と言えますが、
この他に特記すべき点を以下に示します。

➊ ポットの底穴から、根が長く伸びている。
❷ 苗がポットの中で、ぐらついている。
❸ 接木の子葉、挿し穂の子葉(計4枚)がない。

市販苗の場合、できれば品種名が明示してあるものを
選びたいところですが、明示していないものが多いのも
事実です。

専門の種苗店であれば、品種名が明らかになる場合が多く、
表示がない場合は、お尋ねになるとよいでしょう。

また、双葉の色や有無については、苗の育ち具合によって
異なります。

【ミニトマトの育て方:定植場所の準備】

定植場所に堆肥と化成肥料をまいた写真です。堆肥と化成肥料をまいた定植場所

○ 土壌はあまり選びませんが、過湿に弱く
 排水性のよい場所を好みます。 
○ 1度栽培した場所は、6年は休ませましょう。 

<元肥をまいて耕す>

耕した定植場所の写真です。耕した定植場所

○ 元肥

肥料名等 散布量(/1㎡)
苦土石灰
(定植2周間以上前)
3握り(150g)
堆肥
(以下、定植1周間前)
3~4kg
鶏フン 70g
化成肥料
(N:P:K=8:8:8)
150g
追肥
果実が肥大し始めたら
1株に
化成肥料25g
(土にすき込む)

* トマトは、チッソ過多に注意しましょう。
(花が咲いても実が付かない、果実の
尻腐れ病の原因となる)

* 肥料等の基礎資料は、
渡良瀬橋ブログ「資料集」自然いっぱいコーナー!
2 【農園芸資料】を御覧ください。

<ウネ立て>

マルチを敷いたウネの写真です。マルチを敷いたウネ

シルバーマルチを使用すると、アブラムシの害を
ある程度予防できます。

ウネ幅は70cmの1条植えにすると、
定植後の管理が容易です。

土が乾燥している場合は、灌水してから
マルチを敷くとよいでしょう。

【ミニトマトの育て方:苗の定植】

<マルチをカットする>

マルチをカットした写真です。マルチをカット

株間60cm間隔で、マルチの中央を
カッターで十文字に切り込みを入れます。

<球根植え器を差し込む>

球根植え器を差し込んだ写真です。球根植え器を差し込む

マルチの切り込み部に、球根植え器を差し込みます。

差し込む深さは、定植する苗の株元がウネ面と
水平になるように加減しましょう。

球根植え器の上部直径が8cmほどなら、
ポリポット3号(上部直径9cm)に適合します。

<土を掘り抜く>

定植部の土を抜き取った写真です。定植部の土を抜き取る

差し込んだ球根植え器を引き抜くと、
定植部の土をスッポリ抜き取ることができます。

<液肥とHB-101の希釈水を注ぐ>

植え穴に水を注いだ写真です。植え穴に希釈水を注ぐ

 

活力液HB-101の写真です。活力液HB-101

植え穴に注ぐ水に、液体肥料とHB-101を
混合します。

希釈倍率は、液体肥料:約500倍、
HB-101:1000倍程度です。
(1ℓに1~2滴)

注ぐ水に、ちょっとした愛情を込めると、
苗の活着や定植後の成長を促進させることができます。

 


<苗を定植する>

ミニトマトの苗を定植した写真です。ミニトマトの苗の定植

ポットから苗を取り出す前に、植え穴に注いだ
希釈液を十分にあげておきましょう。

そうすることで、ポット内の土がまとまり、
ポットから苗を取り出しても根鉢は崩れません。

そして、根鉢を崩さないように植えます。

この時、株元の土とウネの表面の土が水平になるように
植えましょう。

また、トマトの花が夏の強光で痛まぬよう、
花房を北か東向きにして植え込みます。

そのため、1番花が付いている苗が好まれます。
(2番花以降も、1番花と同じ向きに出てきます)

定植したら、マルチの切り口を土でふさぎます。
(マルチの切り口から熱風が出て、苗を痛めます)

<苗を仮支柱に固定する>

トマトの苗を仮支柱に固定した写真です。トマトの苗を仮支柱に固定

<寒冷紗を掛ける>

定植したウネに寒冷紗を掛けた写真です。定植したウネに寒冷紗を掛ける

苗を定植したウネに、白の寒冷紗を掛けました。

6月になるまで、気温の日較差が激しい時期です・

本来なら、ビニールトンネル内で
育てたいところですが、天候に応じて
ビニールの裾を開閉させる手間がかかります。

平日お勤めの方には、白の寒冷紗で対応することを
お勧めします。

また、定植した苗の四隅に支柱を立て、
上下の端を切った肥料袋などをかぶせておく
方法もあります。

花をつけたミニトマトの写真です。花をつけたミニトマト(5月15日)

まだ、つぼみの出ていなかった苗が、
1番目の花を咲かせました。

花房の向きが西向きになってしまいましたが、
我慢します。

<わき芽摘み>

1番目の花が付いた茎を伸します。

1本仕立ては、1番目に付いた茎から出る
わき芽をすべて摘みとって育てましょう。

2本仕立ては、1番目の花の下の芽も伸し、
主の茎(1番花の付いた茎)とともに育てます。

わき芽の挿し木の写真です。わき芽の挿し穂

トマトは、摘みとったわき芽を土に挿し穂すると、
容易に発根して、新しい苗を増殖することができます。

しかし、「許諾に基づく自家増殖」は
種苗法の改正(令和4年4月1日施行)により、
登録品種を自家増殖する際にも、育成者権者の
許諾が必要になりました。

登録品種の表示は義務化されていますので、
ラベルをよく見て判断しましょう。

当ブログにおいては、
アマチュアの家庭菜園家であっても、モラルをもって
栽培することは、たいへん重要なことと考えています。

すこし、かたいお話になってしまい恐縮ですが、
一般の品種については、これまでどおり許諾がなくても
自由に自家増殖を行うことができることをつけ加えます。

とにかく、これからもモラルとルールを守りながら、
「身近な自然」を楽しんでいきましょうね。

挿し木をしたトマトの写真です。挿し木をしたトマト(5月29日)

挿し穂したトマトが元気に育っていますす。

今日は日差しも強く、高温(36℃)でしたが、
あえて日向に出してみました。

写真のとおり、少し葉が垂れ下がったくらいで、
夕方になると葉もピンとなって、元気復活です。

そして、花もしっかり付けていますね。

以上のことから、挿し穂は完全に発根しています。

これから、だんだんと薄い液体肥料から与え始め、
充実した株に育てます。

挿し木したミニトマトの写真です。挿し穂したミニトマト(6月8日)

挿し穂したミニトマトは、40cmほどに育ちました。

株周りには、置肥を施し、支柱を立て、
プランターに植えたゴーヤのグリーンカーテンと
結合しました。

【ミニトマトの育て方:支柱の設置】

ミニトマトと支柱の写真です。ミニトマトの支柱立て

支柱立ては、野菜の枝や株を支えるためにあるのですが、
基本さえおさえておけば、どんなスタイルでもいいでしょう。

ただし、被服のない金属棒は夏季に高温となるため、
支柱には適しません。

家にある不要になった角材なども、
十分に利用できます。

毎年、オリジナル支柱を考えるのも、
作業の楽しみの一つとなりますね。

また、イボ竹(市販の支柱)などは
コストがかかりますね。

少しは見栄えが良くなくても、
ジュートひもなどを活用して、コスパを目指しましょう。

まずは、大まかな骨格を決めておき、
株の成長具合を見ながら、ヒモや支柱を付け足していく
方法もあるでしょう。

● 支柱は、根鉢の外側に立てる。
● 結束は苗の方からヒモをまわし、
  八の字にして支柱側でしばる。
● 作業や収穫がしやすいように、形状を工夫する。
● 筋交いをつけて、支柱の揺れを防ぐ。

今回の支柱は、格子状に組み立て、ミニトマトの枝を固定します。

枝の張り方(仕立て方)に応じ、
細い支柱やヒモを使って、補正することにしましました。

【ミニトマトの育て方:整枝】

急激に成長するトマトの写真です。急激に成長するトマト

あっという間に大きく育つミニトマトですが、
わき芽もどんどん出てきます。

苗の成長のようすと株間を勘案して、
1本仕立てにするか、2本仕立てにするか決めましょう。

今回は、2本仕立てを選択しました。

元気に育つミニトマトの写真です。元気に育つミニトマト(6月8日)

 

【ミニトマトの育て方:開花・結実】

開花・結実するミニトマトの写真です。開花・結実するミニトマト(6月19日)

主枝の先端には、6段目の花が咲いています。

まだ気温が低いためか、結実した実は
赤くなっていません。

【ミニトマトの育て方:収穫】

収穫時期を迎えたミニトマトの写真です。収穫時期を迎えたミニトマト(7月5日)

6月下旬の急激な気温上昇にともない、
ミニトマトの実が色づきました。

<甘いトマトはなぜできる?>

収穫したミニトマトの写真です。収穫したミニトマト

黄色品種と赤品種の実を収穫しました。

甘いトマトを栽培するには、水加減を調整します。

一言で言ってしまえば簡単ですが、
実は水やりのポイントは複雑です。

甘いトマトにするには、水をひかえますが、
その分、皮が固くることも・・・。

露地植えの場合は、雨も降りますから
けっこう難しいですよね。

いろいろ試してみるのも楽しいですよ。

<結実したミニトマトの挿し穂>

結実したミニトマトの写真です。結実したミニトマト(8月15日)

発根したわき芽をポット’7号鉢)に定植し、
ゴーヤスクリーンの端に誘引しました。

7月の下旬頃から実が成利始めました。

庭に植えた黄色のミニトマトは、
収穫が始まったころ、根切り虫に根を食害されて、
枯れてしまいました。

挿し穂のお陰で、黄色のミニトマトも
収穫できています。

無農薬ではなく、低農薬栽培であれば、
野菜の苗を定植する際に、植え穴へ
オルトラン(粒状)などを施しておくと安心です。

話は戻りますが、ミニトマトの生命力は抜群で、
花の付いたわき芽を屋外のグラスに挿しておくだけで、
(挿し穂前の吸水の段階)やがて結実するほどです。

みなさんの菜園は、いかがでしょうか。

クイズの答え

正解:リンゴ

* 野菜とは、「食用に供し得る草本性の植物で、
加工程度の低いまま副食として利用されるもの」
(農林水産省)

「一年草の草本作物」(植物学的定義)

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。