栽培・飼育活動

家庭菜園 初心者おすすめ!【ジャガイモ】の育て方

新ジャガイモの写真です。

気軽に、家庭菜園を楽しもう !
失敗したって、いいじゃないか !

をテーマに、小中学生のお子さんを
おもちの方はもちろん、自由研究の感覚で、
野菜を育てるコーナーです。

とても小さな種いもから、美味しいジャガイモが
たくさん採れる様子を観察してみましょう。

ちょっと大げさな言い方ですが、
生命のたくましさと尊さをお子さんと、
一緒に体験してみましょう。

そして、できるだけ安全、安心な野菜を
家族みんなで味わうという「食育」の楽しさも
体験しましょう。

題して、家庭菜園 初心者おすすめ「○○の育て方」

筆者も、あなたといっしょに野菜を育てる感覚で、
野菜づくりの解説をしてまいります。

そうそう、家庭菜園ですから、畑なんていりませんよ。

野菜にもよりますが、スーパーでもらってきたポリ箱や、
肥料の入っていた袋でも十分です。

本稿では、あえて「畑」という言葉は、
使用せず、地植えの場合は「庭」「植える場所」
などと表現しています。

また、野菜を栽培する過程で、
自由研究のテーマになりそうなポイントにも
触れてまいります。

ほら、小中学生のみなさん! 7月になってから
夏休みの課題で悩む前に、
春のうちから
準備しておきましょうね。 

【ジャガイモ:植え方】

<ジャガイモ:植え場所の準備>

堆肥がまかれた栽培場所の写真です。
ジャガイモの「種いも」を植えつける前に、
植えたい場所の調整をしておきます。

石 灰 土面に薄く散布し、直ぐにすき込む。(土と混ぜる) 植えつけ、2~3週間前に行っておく。石灰は、土の表面に、いつまでも放置しないで、直ぐ混ぜる。

量が多すぎると、ジャガイモの病気を引き起こすので要注意!

消石灰と苦土石灰の違いを参考に!
ここでは、「粒状苦土石灰」を使用している。

堆 肥
有機化成肥料
堆肥や肥料をまき、耕す。 石灰と同時にまくのは厳禁!化学反応を引き起こし、作物に悪影響を及ぼすことも。

堆肥の種類はいろいろあるが、完熟したものなら、特にこだわらない。

化成肥料は、有機入りのものを使用したい。

ジャガイモを栽培して楽しむ場所は、
はっきり言って、どこでもいいんです。

他の野菜もそうですが、栽培と収穫を楽しむだけなら、
畑なんかいりません。

べつに、市場に出荷するわけでもないんですから、
気楽にいきましょう。

<ジャガイモ:種いも・肥料の準備>

種いもの写真です。ジャガイモ:種いも(キタアカリ)

 

種ジャガイモの写真です。北海道から取り寄せた「キタアカリ」

毎年、10kg入りを2軒で分けています。

ホームセンターでも、同じ物が販売されています。

ジャガイモの品種は、お好みに合わせて選びましょう。

「キタアカリ」は、「男爵」と「メイクイーン」の両方の
性質を併せもった品種といえます。

例えば、「男爵よりもウエッティで、
メイクイーンよりホクホク」と、言うような感じでしょうか。

ジャガイモの有機入り化成肥料肥料の写真です。
化成肥料の数字表示は、
肥料全体量に対する、チッソ、リン酸、
カリの含有量(%)を示します。

肥料等の詳細については、
渡良瀬橋ブログ「資料集」自然いっぱいコーナー!
を御欄ください。

上の写真の肥料には、「8 8 8」と記されています。

これは、チッソ:8% リン酸:8% カリ:8% という
意味です。

ここで、合わせて覚えておきたいことは、
チッソ=葉肥 リン酸=花・実肥 カリ=根肥

と、いう具合に、野菜(植物)に、
どのように働くかというポイントをつかんでおきましょう。

ですから、ジャガイモの場合、地下茎ですから、
カリ肥料を多めに与えます。

他の肥料では、チッソ分を控え、
カリを多めに配合したものもあります。

一般的には、「888」肥料がいいでしょう。

「草木灰」肥料の写真です。
これは、切ったジャガイモの切り口に付ける
「草木灰」です。(無くても大丈夫!)

パッケージにも記されていますが、
「天然のリン、カリ肥料」で、種いもの腐敗防止にも
役立ちます。(無くても大丈夫!)

自由研究の視点

● 植物の3要素って何?
● 葉肥、花(実)肥、根肥について
● 台所のジャガイモは、種いもとして使えるの?
● 種いもの大きさと収穫との関係性は?
● 種いもを逆さ(切り口を上)にして植えたらどうなる?

<ジャガイモ:植え場所の耕耘>

植える場所を耕耘・整地作業の写真です。
前もって、石灰、肥料等を施した栽培場所を
面積に応じて、スコップ、クワ、耕耘機などで
耕し、整地します。

その際、石なども一緒に、取り除きましょう。

前作に、ナス科の野菜を育てたところは裂けましょう。

<ジャガイモ:種いも切り>

芽が出ている「種いも」の写真です。

種いもの芽に印を付けた写真です。
今頃(3月)の種イモは、すでに芽が出ているものもあります。

この芽を折らないようにしましょうね。

また、ペンで記したように、大きく、
くぼんでいる部分(赤色)は、芽ではなく、
茎が付いていたところです。

ここを切ってしまっても大丈夫です。

できるだけ、芽が均等に残るように切りましょう。

(種イモが大きい場合は、3等分にしても可)

芽を多く残しすぎると、たくさんの芽が出ます。

その分、芽かきがたいへんになってしまいます。

種イモを切った写真です。
芽が出た種イモの写真です。芽が出た種イモ

 

草木灰を切り口に付け終えたジャガイモの写真です。
切り終えた「種いも」の写真です。
草木灰のつけ過ぎに注意が必要です。

草木灰を皿などに少量移し、一回だけ、
スタンプを押す感覚でおこないます、

<ジャガイモ:植え溝掘り>

植え溝を掘った写真です。植え溝:例(60cm間隔)

整地したら、植え溝(さく)を掘ります。

植え溝は、南向きになるように、東西を長くします。

これは、より多くの太陽光を取り入れるためです。

ちなみに、夏野菜は反対に、南北に長い畝を
つくる場合もあります。

植え溝を掘った写真です。

掘り上げた土は、北側に高く盛っていきます。

北風を避け、日だまりをつくるためで、地温が上がり、
ジャガイモの生育を促します。(マルチ不使用の場合)

溝の深さは、20cm程度とします。新ジャガイモは、
種いもの上にできてきますから、浅いと外に出て、
日光に当たり、いわゆる「青たん」になってしまいます。

<ジャガイモ:種いも植え

種いもを並べている写真です。

種イモを植えた写真です。
植え幅の目安となる角材などを置き、均等に並べます。

慣れたら、自分の足の幅(一足長)を目安とします。

ここでは、少し狭めの25cmとしました。

一列に並べられたジャガイモの種いもの写真です。
切り口を下にして、等間隔に植え付けます。

画像の右側が南です。

左側が北で、掘った土を盛り上げています。

種いもを植え終えた写真です。

<ジャガイモ:施肥>

種いもの間に、肥料をまいた写真です。
先に紹介した肥料をかるく、一つかみ(約40g)ずつ、
種いもに触れぬように施します。(間に肥料を置く感覚で)

有機入り肥料は、土の中で、バクテリア等によって
分解され、最終的には、植物が吸収可能な、無機質の
チッソ、リン酸、カリとなります。

ここで大切なことは

有機物が腐熟し、
分解されていく過程で生じる、酵母菌、納豆菌などの
有用菌が、土を肥やし、野菜の健全な成長を促します。

ただし、速効性のある肥料は化成肥料です。

<ジャガイモ:土かけ・転圧>

種いもに土をかけ、その上を板などで押さえた写真です。

肥料をまき終えた写真です。
種いもの土かけ
前述したように、新ジャガイモは、種いもより上にできることを
念頭においておきましょう。

ジャガイモ:種イモにかけた土を抑えた写真です。

土をかけ終えたら、クワや板を使って、
かけた土を軽く押さえます。

表面の土を落ち着かせることで、
種いもと土の間にできた隙間をなくします。

こうすることで、極度の乾燥を避けたり、
隙間に水が留まって、種いもがだめになったりすることを
未然に防ぐことができます。

<ジャガイモ:マルチング栽培法>

黒マルチを掛けている写真です。
一般に、ジャガイモの植え付けは、霜の心配が
なくなってから行います。

霜の心配がなくなれば、マルチングは必要ありません

まだ霜の心配があり、早く植えたい場合は、
マルチを掛けて保護します。

また、黒マルチは、坊草対策にも役立ちます。

種いもの植え付けが完了した写真です。
すべての畝にマルチを掛けて、作業は終わりです。

ジャガイモは、霜にたいへん弱い野菜で、
早植えには、注意が必要です。

暖かくなると、土の表面から芽が出てきます。

マルチが持ち上がってきますので、芽をいためないようにして、
マルチを切って、芽を外に出してあげましょう。

【ジャガイモ:定植後の作業】

<ジャガイモ:マルチの開放>

マルチを持ち上げたジャガイモの芽の写真です。早く外に出して!と、言わんばかりの芽

「私はここに居ます」と聞こえてくるような感じ。

マルチを少し破ってやると、下からジャガイモの芽が
出てきました。「フー!」という声が聞こえそうですね。

芽は、光合成ができず、淡い色合いです。
(黒マルチは、土壌保温、坊草効果があります)

全部のマルチから顔を出したジャガイモの芽の写真です。

マルチを破った部分は、土で押さえ、穴をふさぎます。

そうしないと、そこからマルチ内の熱風が外に出てきて、
芽や株に当たり、作物を衰弱させてしまうからです。

ジャガイモの芽の写真です。
ジャガイモの芽(2022.4.6現在
今年は、マルチを敷かない方法で、ジャガイモを栽培しています。

ところどころから、芽を出しはじめました。

<ジャガイモ:芽かき>

ジャガイモの葉が展開してきたところの写真です。マルチから出て、葉を展開し始めたジャガイモ

遅霜の心配がなくなった今頃、「芽かき」をします。

一つの種芋から、たくさんの芽が出ているところがあります。

今回は、芽を2本だけ残して、あとは間引きました。

芽が多すぎると、栄養が分散してしまい、
とても小さな子いもが、たくさんできてしまいます。

たくさん芽が出たジャガイモの写真です。たくさんの芽が出たジャガイモ(4月上旬日)

芽かきをするときは、片手で株元を押さえないと、
種芋まで抜けてしまうことがあるので、注意が必要です。

間引いたジャガイモの芽の写真です。間引かれたジャガイモの芽

 

<ジャガイモ普通栽培:芽かき>

地面から芽を出したジャガイモの写真です。地面から芽を出したジャガイモ(2022.4.11)

ジャガイモの芽が出てきました。

表面の土は平らで、ずいぶん硬くなっています。

ジャガイモの土寄せの写真です。ジャガイモの土寄せ

芽の周りの硬くなった土をほぐしながら、土寄せをします。

土寄せ作業とともに、複数出た芽を欠きとり、
芽を1~2本残します。

ジャガイモの芽かきの写真です。ジャガイモの芽かき

 

ジャガイモの芽の写真です、
芽かきの際、株元を抑えて丁寧に行いましょう。

芽かきをしたジャガイモの写真です。
抜けてしまった種イモの写真です。抜けてしまった種イモ

株元を抑えずに無造作に芽かきをしてしまうと、
種イモまで引き抜いてしまうことも・・・。

追肥したジャガイモの写真です。ジャガイモの追肥

芽の周りの土を中耕しながら、土寄せを行い、
余分な芽を欠きとりました。

そして、少し離れた芽の周辺に、有機化成肥料を追肥しました。

化学肥料のみを施していると、土がカチカチに
硬くなってきます。

有機化成肥料や配合肥料を与えたり、
堆肥などの有機物を投入したりすることを
忘れないようにしましょう。

耕されたジャガイモの畝閒の写真です。耕されたジャガイモの畝閒

硬くなった畝閒うねまも同時に耕しておくと、
排水性や通気性を高めることができます。

ジャガイモの目の周りに施した堆肥の写真です。芽の周りに施した堆肥

また、土が再び硬くなることを防ぐため、
芽の周りに、堆肥をまいておくとよいでしょう。

ジャガイモの土寄せの写真です。ジャガイモの土寄せ

株もとに、耕した畝閒の土を寄せます。

土寄せしたジャガイモの写真です。ウネ間に落ちた土を株元の両側に寄せます。

 

ジャガイモの土寄せの写真です。ジャガイモの土寄せ

すべての株もとに、土を寄せました。

中耕、追肥(有機化成+堆肥)、土寄せ作業によって、
排水性、保水性、通気性、保肥性の向上が図れました。

マルチを使用しないことで、
雨水による土中の肥効性が失われがちになります。

また、新しくできたジャガイモが、
地表から露出すると、青色に変色しますので、
土寄せ作業が、特に重要になってきます。

(ジャガイモの青色化:有害物質ソラニンによる)

葉を展開しはじめたジャガイモの写真です。葉を展開しはじめたジャガイモ

 

ジャガイモの写真です。久しぶりの雨で、元気に育つジャガイモ

(2023.4.17)
1回目の芽かきの後、後から出てくる芽があります。

栽培目的に応じて、必要ならばその芽も欠きとりましょう。

芽かきが必要な理由は ?

芽の数が多いと、小さい新ジャガイモばかりがが多くなってしまい、
ほど良い大きさの新ジャガイモが少なくなってしまいます。

また、この頃のジャガイモの葉は柔らかく、
葉の裏にアブラムシが付いてしまうことがあります。

木酢液を使って予防します。

どうしても農薬に頼らざるを得ない場合は、
アブラムシが飛び回るくらいになってから、
散布するようにします。

処置が遅れると、アブラムシによって、
樹液を吸われてしまい、ちぢれたり、
ウイルス病の原因になってしまいます。

農薬に慣れていない人は、
市販の「野菜用スプレー」をおすすめします。

農薬には、適応している野菜が決まっています。

できるだけ、適応範囲が広く、
できるだけ新しく開発された商品を選びます。

農薬には、殺虫剤、殺菌剤、殺菌殺虫剤があり、
初心者の方は、家庭菜園用の殺菌殺虫剤が無難でしょう。

だんだん大きくなってきたジャガイモの葉の写真です。
だんだん大きくなってきたジャガイモの葉
(2022.4.27)
ジャガイモの葉が十分に展開するころには、
葉も丈夫になり、アブラムシも付きにくくなってきます。

ジャガイモの写真です。2度目の芽かきをしたジャガイモ(2023.4.25)

2度目の芽かき作業が少し遅れてしまいました。

基準は1本立ちを目指していますが、大きくなってしまった芽は、
無理に欠き取らず2本立ちにしておきましょう。

<ジャガイモ:花芽の摘芯>

ジャガイモの株が成長している様子の写真です。ジャガイモの様子(5月上旬)

ずいぶん大きくなってきたジャガイモです。

そろそろ、花芽が立ち上がってくるでしょう。

ジャガイモのつぼみの写真です。ジャガイモのつぼみ

 

つぼみも出て大きく育ったジャガイモの写真です。
つぼみも出て大きく育ったジャガイモ
ところで、あなたは、花を放置する派?
それとも摘み取る派?

収穫には、さほど関係ないようですが、
私は、摘み取る派です。でも、可愛い花ですよね。

ジャガイモの花の写真です。ジャガイモの花

<ジャガイモ:試し掘り(1回目)>

倒れ始めたジャガイモの写真です。倒れ始めたジャガイモの茎(5月下旬)

(マルチ栽培の場合)

新ジャガイモの写真です。新ジャガイモ

(マルチ栽培の場合)

ジャガイモの茎が、倒れ始めました。
いよいよ、収穫の時がやってきたサインです。

試しに一株、掘ってみました。

この畝は、サヤエンドウの陰になっていた部分で、
あまり成育が良くなかったのですが、
Mサイズが5個と、ピンポン球サイズが5個とれました。

マルチを張らなかったジャガイモの写真です。マルチを張らなかったジャガイモ(5月29日)

遅霜の心配がなくなってから、種いもを植えたジャガイモです。

マルチ栽培に比べて、種いもを植える時期は遅れますが、
追肥が容易に行えるというメリットもあります。

1回目の試し掘りをしたジャガイモの写真です。1回目の試し掘りをしたジャガイモ 

マルチを張らずに育ったジャガイモです。

追肥がしっかり効いていたようで、
マルチ栽培よりも、大きく収量も多いようです。

なんと言っても、家庭菜園の利点は、
お店に流通する前に食べられることです。

そして、新鮮で安全(無農薬)な野菜が
食べられることでしょう。

このジャガイモも、有機肥料による
オーガニック栽培です。

<ジャガイモ:試し掘り(2回目)>

2回目の試し掘りをしたジャガイモの写真です。2回目の試し掘り(全量の1/3):6月4日

マルチなしの約4mのウネを、2列ばかり
掘ってみました。

左側のカートから、特大、大、中。小、極小の
順番で分けました。

特大はのイモは、まだ表面の亀裂はありません。

小さいイモがまだ多いことから、本格的に
掘るのは6月の下旬にします。

青々と育つジャガイモの株の写真です。青々と育つジャガイモの株(6月7日)

マルチ栽培と比べ、種いもを植え付けた日が
半月ほど遅かったため、まだ青々としています。

倒れ始めたジャガイモの株の写真です。倒れ始めたジャガイモの株(5月下旬)

(マルチ栽培による)

【ジャガイモの収穫】

<ジャガイモ:マルチ栽培>

掘りおこした新ジャガイモの写真です。掘りおこした新ジャガイモ 

2回目の試し掘りです。(マルチ栽培)

もう少し大きくしたいので、様子をみることにしました。

すべての掘りあげは、後日とします。

収穫を知らせるジャガイモの株の写真です。
掘り起こしたジャガイモの写真です。

6月になると、ジャガイモの株が倒れ、
収穫の適期を知らせてくれます。
(マルチ栽培)

幸い晴天が続いたので、掘りおこしました。

収穫したジャガイモの写真です。マルチ栽培のジャガイモ全量:種いも5kg

今年は、一株2~3本立ちにして栽培したためか、
小さいイモが多くなってしまったようです。

収穫したジャガイモは、直射日光を避け、
なるべく光の当らない、風通しの良いところで
保管しましょう。

また、秋口になると、発芽してきますので、
こまめに芽をかきとりましょう。

そして、小さいイモを取り残してしまうと、
翌春に発芽し、他の作物の邪魔になってしまうので、
できるだけ丁寧に掘りおこしましょう。

ネギの相賀から発芽した昨年のジャガイモの写真です。ネギの間から発芽した昨年のジャガイモ。

<ジャガイモ:露地栽培>

収穫したジャガイモの写真です。露地栽培のジャガイモ2/3 :種いも5kg
露地栽培の反省点

[● 追肥を2回おこなった際、チッソ分がやや過剰となり、
  過繁茂となり、株の大きさのわりに収穫量が少ない。

● 2/6ウネがサクランボの木陰であったため、
  日光が十分に得られず、2ウネの収穫量が
  他のウネに比べて極端に少なかった。/box04]

<ジャガイモ:枝先についた実>

地上に成ったジャガイモの実の写真です。地上に成ったジャガイモの実

ジャガイモの収穫中に、珍しいものを見つけました。

ジャガイモの花は、できるだけ摘みとっていますが、
実がついていました。

地上に成ったジャガイモの実の写真です。
まるで、ミニトマトのようですね。

ナス科(トマト、ナス、ジャガイモなど)の
特徴がうかがえます。

ジャガイモ栽培は、毎年行っていますが、
地上に成った実を見るのは初めてです。

キタアカリなどは、地上に実を付けやすい
品樹とのことですが、珍しいので記録しました。

ちなみに、未熟な果実は植物毒アルカロイドが
含まれていますので、食べてはいけません。

<ジャガイモ:収穫後の芽欠き>

ジャガイモから出た芽の写真です。ジャガイモから出た芽

収穫したジャガイモは、秋になると芽が出てきます。

この芽を放置しておくと、だんだんと伸びてきて
それとともにジャガイモがしぼんでしまいます。

芽が出てきたら、滑り止めのついた作業用手袋をつけて、
芽をこすり取ってください。

欠き取ったジャガイモの芽の写真です。欠き取ったジャガイモの芽

欠き取った芽は毒性がありますので、慎重に処分しましょう。

ジャガイモの芽は、再び出てくることが多いため、
おいしさを保つため、根気よく作業を繰り返しましょうね。

また、ジャガイモの芽止めの法として、
リンゴのエチレンガスを利用する方法もあります。

芽が出始める前に、ジャガイモとリンゴを
黒色ポリ箱に詰め、発泡スチロールの箱に入れ、
冷暗所に保存しておくと、萌芽を抑制する効果があります。

ぜひ、いろいろ試してみましょう。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です