野外活動

『渡良瀬橋』の歌と5つの「八雲神社」巡り

渡良瀬橋の夜景の写真です。

森高千里さんの『渡良瀬橋』の歌詞に、
「八雲神社」が登場します。

足利には、複数の「八雲神社」があります。

「いったいどこの神社?」
と思った方も多いのではないでしょうか。

そこで、「渡良瀬橋」周辺にある5つの
「八雲神社」について、
森高千里さんの『渡良瀬橋と私』を通して、
御案内いたします。

さっそくですが、作詞者でもある森高千里さんは、
『渡良瀬橋』に登場する「八雲神社」について、
以下のようにおっしゃっています。

足利を訪問する前から、この曲のサビには、
「神社へお参りに行く」歌詞を付けようと
思っていました。

地図帳で神社を調べて八雲神社を
見つけました。歌詞は、八雲神社にしようと
決めました。

『渡良瀬橋』が発売されて、
たくさんのファンの方から、足利市の
どの八雲神社に行かれたんですか? -中略-

私はどこの八雲神社でもよかったのです。

あるいは、みなさんが住んでいる
近所の神社で良いのです

僭越ながら、私は、この最後の2行の言葉に
感動しました。

一般に詩歌などの作品は、「虚構と現実が
織りなされ、人それぞれの心象に語りかけるもの」
なんだと思っているからです。

そんな森高千里さんの想いを感じながら、
ここに、「渡良瀬橋」の周辺にある
5つの「八雲神社」を御紹介します。

【渡良瀬橋】

渡良瀬橋と中橋の写真です。

最初にお答えいたします。

『渡良瀬橋』に登場する「八雲神社」は、
足利観光協会等において暫定的に
足利市緑町の「總社そうしゃ 八雲神社」とされています。

渡良瀬橋から、「總社 八雲神社」への
ルート詳細については、
「渡良瀬橋」まで車椅子や徒歩で安全に楽しむルートを画像で紹介
を御覧ください。

ということで、渡良瀬橋の西方に位置する神社から、
順に御案内しながら、「總社 八雲神社」を中心に
お伝えいたします。

【八雲神社】足利市五十部町

足利市五十部町「八雲神社」の写真です。足利市五十部町「八雲神社」

(JR足利駅から:3.7km 徒歩:約53分
東武足利市駅から:3.7km 徒歩:約53分)

* 所要時間:徒歩 4km/時(以下同じ)

五十部町の神社は、足利市五十部町130番地にあります。

地図は、こちらです。

五十部町の「八雲神社」は、
足利赤十字病院の西方にあります。

桐生岩舟線67号、足利赤十字病院入り口の交差点から、
2つ目の交差点を右折すると、
左手側にすぐ見えてきます。

桐生岩舟線67号、足利赤十字病院西2つ目の交差点の写真です。桐生岩舟線67号、足利赤十字病院西2つ目の交差点

 

交差点を右折して見える風景写真です。交差点を右折して見える風景

 

 交差点を右折すると、すぐ左手側に、
八雲神社の鳥居が見えます。

鳥居に掲げられた扁額の写真です。鳥居に掲げられた神額

「八雲神社」と記されています。

そして、社殿はコンパクトながら、
歴史が感じれれます。

八雲神社(五十部町)の社殿の写真です。八雲神社(五十部町)の社殿

参拝すると、社殿のなかに神輿みこしが見えました。

社殿の中の神輿の写真です。社殿の中の神輿

そして、社殿の裏手には、小さなほこらもありました。

社殿裏手のお宮の写真です。社殿裏手の祠

足利市五十部町「八雲神社」の主祭神は、
素盞鳴男命(すさのおのみこと)です。

緑町の「總社 八雲神社」から
分祀により創建されました。

【八雲神社】足利市緑町

足利市緑町にある「八雲神社」の写真です。足利市緑町にある「八雲神社」

(JR足利駅から:2.32km 徒歩:約33分
東武足利市駅から:2.3km 徒歩:約33分)

緑町「八雲神社」は、
足利市緑町1丁目3776番地にあります。

正式名は、「足利総鎮守 總社 八雲神社」です。

地図は、こちらです。

「總社 八雲神社」は、足利公園の入り口にあります。

この「總社 八雲神社」が足利市観光協会によって、
『渡良瀬橋』の歌詞の「八雲神社」として、
暫定的に公式とされています。

神社の境内にある「道祖神」の写真です。参道にある「道祖神」

丸い石に彫られた男女二体の神像は、
どことなく優しさを漂わせています。
  
この道祖神は、外からやってくる
疫病や悪霊など、災いをなすものを
遮(さえぎ)るという神力があるそうです。

「八雲神社」の社殿の写真です。「總社 八雲神社」の拝殿

 

八雲神社の祭壇の写真です。拝殿内の祭壇

「總社 八雲神社」の主祭神は、
素盞鳴男命(すさのうのみこと)です。

それでは、「總社 八雲神社」についての
お話をします。

祭壇の右隣には、「ずしの天神」が祀られています。

總社 八雲神社の「ずしの天神」の写真です。「ずしの天神」:東京 湯島天神の本宮

天神様は、寛仁3年(1019)、筑紫つくしの国(現在の九州)に
流罪になっていた足利二代家綱が後一条天皇に許され
菅原道真公の霊をこの東国に初めて分祠されました。

家綱が「無地に領地の足利に帰国できたのは、
太宰府だざいふの天神様のおかげ」と、
天神様を厨子ずしに入れて持ち帰り、栄町にまつりました。

* 天神様はその後、栄町から緑町(当時、八日町)に
移されました。そのころの八雲神社は、もっと東にあって、
現在のところに移ったのは、明治10年4月です。

図至ずしの天神とも。当時、天神様をまつっていた場所が
つじだったので、辻がなまって図至になったとか。

現在では、家綱が厨子に入れて持ち帰ったことから
「足利厨子天神」といわれています。

足利公園の遊歩道から見た「八雲神社」に通じる道の写真です。足利公園の遊歩道から臨む「總社 八雲神社」に通じる道

足利公園の山道を下ると、すぐ「總社 八雲神社」です。

神社の裏山は足利公園で、「總社 八雲神社」から、
遊歩道を上ると、5分ほどで公園駐車場に到達します。

遊歩道から八雲神社に下りてきた風景写真です。遊歩道から八雲神社に下りてきた風景

 

社殿の横側に下りてきた風景写真です。拝殿の東側に下りた風景

 

境内にある「渡良瀬橋」のプレートの写真です。境内にある「渡良瀬橋」の絵馬プレート

「渡良瀬橋」のプレートも、
ずいぶんお馴染みになりましたね。

宮司さん:櫻木先生は、私の指導教官でした。
2021年5月、逝去)

絵馬の渡良瀬橋は、
櫻木先生が自らデッサンされたものです。

バレーボールが好きだった先生、
日本史を熱く語ってくれましt・・・。

いろいろな想い出を胸に、
お守りと御朱印帳をいただきました。

八雲神社のお守り、絵馬、御朱印帳の写真です。

【八雲神社】足利市通五丁目

足利通り5丁目にある「八雲神社」の写真です。足利市通り5丁目「八雲神社」

(JR足利駅から:651m 徒歩:約9分
東武足利市駅から:1.32km 徒歩:約19分)

通5丁目「八雲神社」は、緑町「總社 八雲神社」の下宮で、
足利市通り5丁目2816番地にあります。

地図は、こちらです。

織姫交番交差点 のすぐそばにあります。

シンボルマークは、鳥居の右手側にある大銀杏(イチョウ)です。

織姫交番側からみた「八雲神社」入り口の写真です。織姫交番側からみた「八雲神社」の入り口

 

天然記念物の銀杏の解説プレートの写真です。天然記念物の銀杏:由緒書

 

社殿に向かう参道の写真です。社殿に向かう参道

「街中の趣ある異空間」といった感じがします。

「八雲神社」の社殿の写真です。
八雲神社の社殿

八雲神社の扁額の写真です。八雲神社の神額

通5丁目「八雲神社」は、1150年に(旧郷社・総社)鎮座。

主祭神は、櫛稲田姫命(くしなだひめのみこと)です。
(とてもわかりやすい、小さな説明プレートがあります)

【八雲神社】足利大門通り

大門通りにある「八雲神社」の写真です。大門通り「八雲神社」

(JR足利駅から:683m 四歩:約10分
東武足利市駅から:933km 徒歩:約13分)

大門通り「八雲神社」は、足利市大門通り23番地にあります。

地図は、こちらです。

鑁阿寺の手前にあります。

鑁阿寺大門通りの写真です。鑁阿寺大門通り

鑁阿寺大門通りです。この通りを直進すると、
突き当たりが、鑁阿寺の入り口「反橋」(太鼓橋)です。

八雲神社へは、丁字路を左折します。

左折して、すぐ右手側にある「八雲神社」の写真です。左折して、すぐ右手側にある「八雲神社」

 

「八雲神社」の社殿の写真です。通5丁目「八雲神社」の社殿

社殿内には、江戸時代後期に製作されたと推定される
神輿があります。

普段は非公開となっているため、
拝見することはできません。

参拝して気づきましたが、社殿の前に『渡良瀬橋』の歌詞と、
『渡良瀬橋と私』に登場する、森高千里さんの写真が
掲示されていました。

通5丁目八雲神社の主祭神は、素盞鳴男命(すさのうのみこと)と、
奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)です。
(神名:古事記、日本書紀により、読み方が異なるようです) 

【八雲神社】足利市田中町

足利市田中町の「八雲神社」の写真です。田中町「八雲神社」

(JR足利駅から:1.63km 徒歩:約23分
東武足利市駅から:440km 徒歩:約6分)
田中町「八雲神社」は、足利市田中町193番地にあります。

地図は、こちらです。

東武足利市駅の南方にあります。

中橋通りから右折するところの写真です。中橋通りから右折する地点の風景

左手側の道路が「中橋通り」です。

東武足利市駅南交差点から、中橋通りの歩道を
南に進み、3つ目の丁字路です。

丁字路を右折します。

右折したところの風景写真です。右折したところの風景

この道を直進すると、間もなく右手側に、
田中町「八雲神社」が見えてきます。

鳥居から臨む参道の写真です。鳥居から臨む参道と社殿

 

八雲神社の社殿の写真です。田中町「八雲神社」の社殿

田中町神社は、平安年間に創建されたとの記述があります。

由緒の碑には、たいへんわかりやすい文章で表記されていました。

主祭神は、素盞鳴命(すさのうのみこと)です。
(神社検索によると、素盞鳴命の男の文字がありません)

【もう一つの八雲神社とは?】

足利市内には、御案内のとおり、
5つの八雲神社があります。

しかし、名前こそは公表されていませんが、
もう一つ(六つ目)の八雲神社がありました。

六つ目の「八雲神社」の詳細については、
足利「長尾弁財天」「出世稲荷神社」「逆藤天満宮」の御案内
を御覧ください。

また、よろしかったら
八雲神社と足利15の神社めぐり【まとめ】
を合わせて御覧ください。

八雲神社【バリアフリーの視点から】

今回の、神社参拝で関心したことは、
特に、通り五丁目「八雲神社」でした。

石段に敷かれたスロープも写真です。
石段に敷かれたスロープ
こうした、さりげないバリアフリーが、
誰にでも優しい、大切な配慮だと感激しました。

こと、神社仏閣に関しては、格式を重んずるばかりか、
やたらと難しい言葉の表記が多いように思います。

これからの世代を担う子どもたちに対して、
こうした重要な文化財を伝承するためにも、
もう少し、簡易な説明文を添えるなどの配慮が、
必要ではないかと感じています。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。