野外活動

「渡良瀬橋」まで車椅子や徒歩で安全に楽しむルートを画像で紹介

渡良瀬川に映る夕日と渡良瀬橋の写真です。
渡良瀬橋と中橋の写真です。

【渡良瀬橋までのルート:はじめに】

 筆者、(よしと:臨床発達心理士)の視点から、
車椅子による駅から「渡良瀬橋」を巡るルートのポイントと、
注意点について解説します。

 安全第一で、介助者同伴による移動を前提とします。

筆者は、障がいのある方々が地域社会へ、
積極的に出かけることにより、地域のバリアフリー化が
加速し進行するものと確信しています。

 なお、地域行政に対しまして、障がいのある方々が、
安心して出かけられる街づくりをさらに推進して頂きたく、
ここに強く懇願するものです。

 障がい者が住みよいバリアフリー街づくり」は、
いわゆる健常者(高齢者を含む)にとっても、
よりいっそう、安全、安心、便利な暮らしを保障するものです。

 本稿は、車椅子使用者の方々のみでなく、
足利市に初めてお越しになった皆様にとっても、
ハンドマップ代わりに、活用いただけるものと思います。

凡  例

  ここで示す、距離と所要時間は、概算です。
  なお、車椅子の走行速度を基準にし、
  4Km/時として概ねの所要時間を算出しています。

 

渡良瀬橋の夕日の写真です。

【渡良瀬橋までのおすすめルート】 

パターン

⑴ 車椅子で散策
  ① のんびり、まちなか散策
    (足利学校や鑁阿寺などにも行きたい)

   ・ 東武足利市駅から、
             中橋⇒ 通二丁目交差点⇒「足利学校」
     ⇒「鑁阿寺」⇒「渡良瀬橋・歌碑」
     ⇒「八雲神社」「床屋さん」と
      「公衆電話」⇒「織姫神社」前

   ・ JR足利駅から、
     「足利学校」~(以下、同上)

  ② ひたすら、おいそぎ散策
    (はやく渡良瀬橋に行きたい)

   ・ 東武足利市駅から、中橋を渡らないコース
   ・ JR足利駅から、通二丁目交差点左折コース
   ・ JR足利駅から、通三丁目交差点左折コース

⑵ 徒歩で散策
    (はやく渡良瀬橋に行きたい)
    ・ JR足利駅南口から、徒歩で堤防沿いの
      歩道を歩くコース

⑶ 大岩山「毘沙門天」へのルート
*「通二丁目交差点」⇒「通三丁目交差点」⇒「織姫交番前交差点」⇒
 「通七丁目交差点」(大岩山「毘沙門天」スタート地点)

ルートの省略について

 本稿では、往路、復路など重複するルート、「足利学校」と「鑁阿寺」へのルートの詳細は省略しています。各史籍・名勝へのルートは、別に御案内していますので、リンクを御利用ください。

その他のルートについて

  上記の他、複数のルートがありますが、
 歩道の有無、道路状況等を勘案し、より安全で、
 わかりやすいルートを選択しています。

多機能トイレ設置施設名

  足利市駅 足利駅 太平記館 足利まちなか遊学館
  足利市立美術館 足利商工会議所(友愛会館)
  織物会館

【東武足利市駅から渡良瀬橋へのルート】  

東武鉄道足利市駅のバリアフリー設備

「ハンドル型電動車椅子」利用可能駅で、エレベーター、多機能トイレ、コインロッカー等が利用できます。
利用申し込みは、事前に駅にお問い合わせくださいとのことです。

 まずは、東武足利駅周辺の地図を御覧いただきます。

東武足利市駅の改札を出たすぐにある案内版の写真です。
改札を出てすぐ斜め上の、東武足利市駅案内版
    真っ直ぐに「あし・ナビ」

 改札口を出る前に、右壁面に注目です。

 右壁面には、「渡良瀬橋コーナー」がありますので、
ぜひ、御覧ください。

 また、改札口を出て、真っ直ぐ行くと、「あし・ナビ」があり、
無料の観光パンフレットが多数用意されています。

 足利観光交流館「あし・ナビ」:足利市観光情報の発信拠点。
 土産物・グッズなどの販売やレンタサイクルを提供。

 (所在地:足利市南町4256-9 東武足利市駅改札前
    Tel:0284-73-3631 営業時間:午前8時~午後6時
  休館日なし)

⑴ 北口から「渡良瀬橋・歌碑」ルート

 渡良瀬橋までの距離:730m 徒歩:10分

途中の2パターン

① 中橋を渡らないコース
② 中橋を渡るコース 

 改札を出ると、すぐ斜め上に、案内版があります。
渡良瀬橋へは、北口を利用すると便利ですが、
注意を要する箇所がいくつかあります。

 (お出かけの前に、このブログなどの資料を御活用ください)

 ここからの御案内は、車椅子を利用されている方々の視点に立って、
できるだけ丁寧に細かく解説いたします。
  
 全体的に、たいへん長いコンテンツとなりますが、
必要な部分をピックアップして御覧ください。

 また、ブログ内で、御不明な点がございましたら、
文末に示す「お問い合わせコーナー」を御利用ください。

 なお、お問い合わせに対する回答を随時、
追加・更新する予定です。

北口の写真です。東武足利市駅北口

(所在地:足利市南町3694 電話:0284-71-1073)

 改札を出て、左方向が北口になっています。

 北口には、「あしかが観光ガイドマップ」があります。

あしかが観光ガイドマップの写真です。 あしかが観光ガイドマップ案内版

 

現在地の拡大地図の写真です。
  現在地から渡良瀬橋までを拡大表示

 右手側に「中橋」、左手側に「渡良瀬橋」があります。
そして、大きな木が2本描かれていますね。
(この2本の木が、目印になります)

「渡良瀬橋」写真集「自然いっぱいコーナー」

キャッチ画像の木です。

観光ガイド方向板の写真です。 北口から、足利学校、鑁阿寺(ばんなじ)、
市立美術館方面に向かいます。

北口を出て左方向の写真です。  北口を出て、左方向の風景

 

歩道なりに進み、左に曲った風景の写真です。
  歩道なりに進み、左へ曲がった風景

 ここを進み、ビルの突き当たりを右に進むと、
左手側に階段が見えてきます。

突き当たりは階段です。   突き当たると階段になります。

 

 でも、だいじょうぶです。
右側中央の植え込みで見えませんが、
向こう側にスロープがあります。

階段隣のスロープの写真です。
     階段右側のスロープ

 階段に向かって右側の植え込みを回り込むと、
このスロープが見えてきます。

3つのアーチ型車止めの写真です。3つのアーチ型車止め

 スロープを上りきると、車止めポールがあります。
一般の車椅子でも通行可能です。

アーチ型車止めを横から見た写真です。   アーチ型車止めを横から見た写真     

(メジャーは50cmを示しています)

足利市駅北交差点前にある車止めの簡単な図面の写真です。
  東武駅北交差点前にある車止めの略図 

 (車止め寸法:高さ53、幅75cm)

 実際に計測した結果は、上の略図のとおりです。

 (私は、頭が固いせいか、
  車止めを真っ直ぐ通ろうとばかり・・・、)

 よく見ると、路面は良くありませんが
車止めと植栽Bの間は、90cmもありました。

 なんと、ここを真っ直ぐ進めばいいだけのことです。
(大きめの車椅子は、この略図を御覧いただき、
 御検討ください)

車両通行制限のポールを抜けた所の交差点写真です。
 アーチ型車止めを抜けたすぐ前の交差点
     (東武駅北交差点)

足利市駅北交差点にある石碑の写真です。足利市駅北交差点にある石碑

 

歩道脇にある案内表示版の写真です。石碑の隣にある案内表示版

 太平記館・足利学校へのルート解説は、
【画像で解説】足利市駅~足利「太平記館」~「足利学校」へのルート
を御覧ください。

横断歩道を渡る写真です。
    進行方向にある横断歩道
    (中橋通りを横断します)
* 中橋を通っている道路名:「中橋通り」38号線

足利市駅北交差点の写真です。足利市駅北交差点

以前紳士服店だった方向へ横断します。

 現在、紳士服店は閉店し、店の看板等はありません。

中橋方向に横断する写真です。
  横断したら右に90°旋回、今度は中橋方向へ、
 再び横断します。

 

(②コース「中橋を渡る」は、こちらです)

 ①コースは、 中橋は渡らずこのポールを通過し、
渡良瀬川堤防通り」へ向かいます。
* 渡良瀬川右岸(南岸)道路名:渡良瀬川堤防通り

ポール型車止めの写真です。横断してすぐ左側の車両通行制限ポールの写真です。
上り坂の写真です。

 ポールを進むと上り坂になっています。

車止めの間隔を測定している写真です。    車止めの間隔を測定

(メジャー50cm、バインダー約30×20cm)

 2本のポールの間隔は、95cmあり、
外側(バインダー側)は、
70cm(左ポール外側も同じ)のスペースになっています。

 ポールの高さは、85cm、
道路幅は、2m60cmです。

 この坂道は、堤防歩道につながります。
見たとおり、けっこう急な坂です。

 また、前方から自転車が
下ってくる場合も
ありますので、
注意が必要です。

坂道をの上っている写真です。   坂を上ります。

 

坂を上り終えて右手側の中橋の写真です。
 上り終えた右手側に、中橋が見えます。

河川敷の大きな木が2本ある写真です。 渡良瀬緑地内に、大きな木が2本あります。     (足利市田中町)


堤防通り」
をそのまま西(上流)に進むと、
右手側に大きな木が2本見えます。

 この木は、「渡良瀬橋」写真集「「自然いっぱいコーナー」

のキャッチ画像でも使われています。
(駅前のガイドマップにあったシンボルの木です)

道路標示の写真です。

 路面には、白線で「わたらせ川」
と大きく記されています。

 前方右手側に、渡良瀬橋が見えています。

 さらに、真っ直ぐ山の方向、
女浅間(おんなせんげん)山に向かって進みます。

渡良瀬橋の写真です。
 渡良瀬橋(渡良瀬川右岸、堤防歩道より)

渡良瀬橋橋の手前にある「海までの距離表示」の写真です。 渡良瀬橋の手前にある「海までの距離表示」


 ここで記念写真を撮るといいですね。

 この歩道(渡良瀬川堤防通り)は、
自動車通行禁止ですので安心です。

 現在(2021.4)、河川敷には、工事車両がありますが、
今のところ、橋本体の工事は着工されていません。

(工事終了予定日:令和3年5月17まで)

 簡単な工事関連記事は、
「渡良瀬橋」から、足利市内おすすめ桜スポット
を御覧ください。

 これから、渡良瀬橋を渡って、
「渡良瀬橋の歌碑」に向かいます。

 森高千里さんとデュエットする準備を
しておきましょう。(フルコーラス)

つきあたりの車止めの写真です。突き当たりのアーチ車止め

 

木製のくいの写真です。
  ポール型車止め(木製のくい2本)

 突き当たりを左に90°旋回側に、
ポール型車止めがあります。

 ここも、車椅子の通行は可能です。

渡良瀬橋北交差点付近の車止めの測定写真です。 「渡良瀬橋北交差点」付近の車止めの計測

 

 ここの道路幅は、285cmです。

 写真左側の小さめのポールは、
塩化ビニール製で、高さ68cmです。
(弾力性あり)

 また、中央と右側の木製ポールの高さは、
それぞれ1mです。

 左の塩ビのポールと中央ポールの間隔は、
127cmあります。

 そして、中央ポールと右ポールの間隔は、
138cmです。

交差点の横断歩道の写真です。
 「渡良瀬橋南」交差点の横断歩道

 車止めポールをすり抜けると、
進行方向右手側、女浅間山方向の横断歩道を渡ります。

 この道路名は、県道足利太田線⑤号線です)

渡良瀬橋南交差点の標識の写真です。 渡良瀬橋南交差点の道路標識

 

渡良瀬橋に向かう歩道の写真です。渡良瀬橋に向かう歩道

 

女浅間の鳥居の写真です。
   すぐ左手側の女浅間山鳥居

 この鳥居は、渡良瀬橋のたもとにあります。

渡良瀬橋たもとの写真です。     渡良瀬橋たもと

 

 車道が右側で、歩行者と自転車は、
左側の側道橋を利用します。

渡良瀬橋側道の写真です。
    渡良瀬橋の側道橋

渡良瀬橋側道を計測している写真です。    渡良瀬橋側道の計測

 (メジャーは1mを示します)

 渡良瀬橋の側道幅は、295cmです。

 側道の中央付近では、下流側に中橋が見えます。

渡良瀬橋から見た中橋の写真です。   渡良瀬橋から見た中橋

 そして、眼下には渡良瀬川、上流に夕日も望めます。

渡良瀬橋から見る夕日の写真です。
    渡良瀬橋から見る夕日

側道橋を渡り終えた所の写真です。
  側道を渡り終えた突き当たり

 ここを左に曲がると、横断歩道が見えます。

間口を計測している写真です。
  間口を計測(渡良瀬橋北交差点)

側道開口部の計測写真です。    側道開口部の計測

(メジャーは1mを示します)

 開口幅は290cmです。

 また、歩道と横断歩道の間に、
少しの傾斜があります。

渡良瀬橋北交差点信号の写真です。    渡良瀬橋北交差点の信号

 この歩道を歩行者用信号に従って、
向こう側(焼き鳥屋さん)方向に渡ります。

 開口部が狭いため、注意が必要です。

渡良瀬橋のたもとの横断歩道を渡った歩道の計測写真です。渡良瀬橋たもとの横断歩道を渡った歩道の計測

 (メジャーは1mを示します)

 渡良瀬橋の側道から、
横断歩道を渡ったところの歩道です。

 支柱が立っている箇所が、
最も狭く、130cmです。

狭い歩道の写真です。狭い歩道

 この歩道を下りる時の注意点は、段差があり、
車椅子で走行可能なスペースが狭いことです。

渡良瀬橋北交差点の歩道の計測写真です。   渡良瀬橋北交差点の歩道の計測

  (メジャーは、1mを示します)

 段差が最も小さい開口スペースは、
1mです。

 歩道を降りると見える2つめの横断歩道

 2つめの横断歩道は、
左手側「車両通り抜け不可」の標識が
道路中央に立てられています。

 横断歩道の向こう側、ガードレールに向かって
横断します。

渡良瀬橋北交差点の標識の写真です。    渡良瀬橋北交差点の標識

 (東武足利駅から、913m、14分) 

渡良瀬川左岸の土手に渡る横断歩道渡良瀬川左岸の土手に渡る横断歩道

  渡良瀬川左岸の土手に渡る横断歩道

 2つめの歩道を渡り、右に90°旋回すると、
渡良瀬橋の方向を向きます。

 この3つめの横断歩道は、写真で見ると、
土手沿いの車道と、市内から上ってくる
左下の車道とが交差しています。

 そして、横断歩道の中央に、信号の支柱があります。
(上の写真で、横断歩道に陰を落としている信号機)

 この信号の支柱の手前を左に曲ると、
左下道路の歩道に入れます。

くれぐれも、渡良瀬川に向かって、
全部渡りきらないよう注意しましょう。
向こう側の堤防(渡良瀬川左岸)には、歩道がありません。

 横断歩道の中程を左に曲ったところの写真です。
横断歩道の中程を左90°旋回したところにある歩道
  (左車道と右車道にはさまれた歩道)

渡良瀬橋北側交差点の3つめの横断歩道から歩道に入る箇所の計測写真です。 3つめの横断歩道から歩道に入る間口の計測

   (メジャーは、1mを示します)

 ここも同じく、歩道の段差が最も小さい
開口スペースは、1mです。
 また、歩道は、前方、下り傾斜になっています。

 この歩道を下り、再び右側の歩道を上っていきます。

右側の歩道を上ぼる写真です。右側の歩道へ

 ここの歩道幅は4mですが、上りきると、
幅員は減少します。

坂を上がった所です。前方に中橋が見える写真です。坂を上ると、前方に中橋が見えます。

 

渡良瀬橋の歌碑の写真です。
渡良瀬橋の歌碑が右方向に見えてきます。

「渡良瀬橋歌碑」のある歩道の計測写真です。
 「渡良瀬橋歌碑」のある歩道の計測
  (メジャーは1mを示します)
 歌碑から右ガードレールまでは、225cmです。

渡良瀬橋の歌碑と渡良瀬橋の写真です。渡良瀬橋の歌碑と渡良瀬橋

(東武足利市駅から:1km、15分)
 歌碑の左隣にあるボタンを押して、
森高千里さんと一緒に、フルコーラス歌います。
 そして、渡良瀬橋を背景に、記念撮影もいいですね。

 車椅子コースは、ここからUターンします。

 この先、中橋方面に向かってしまうと、
途中から歩道がなくなってしまい危険です。

歩道終点の写真です。歩道の終点

(メジャーは、1mを示します)

歩道段差の計測写真です。歩道段差の計測

 段差の最も小さい箇所でも、
12cm
あります。

歩道の終点と道路の交差箇所の写真です。
歩道の終点と2つの道路が交差
 歩道には、写真のように高い段差があり、
さらには、道路の交差地点でもあります。

 交通量が多いことからみても、
車椅子の走行には不向きです。

 突然ですが、足利市公式ホームページによりますと、
近い将来、「中橋」を架替える方針が決定されたようです。

整備方針 1、 中橋付近の堤防を嵩(かさ)上げする。
     2、 嵩上げに伴い、中橋を架け替える。
     3、 架け替えに際し、現中橋の3連アーチを下流川にスライドし、
         歩行者・自転車の通行空間として再利用する。
     4、 3連アーチの上流側に、車両を中心とした新しい橋を設置する。
         2020.7.31「渡良瀬川中橋架替に関する連絡協議会」方針決定

 これにあわせて、車椅子でも安心して通行できる、
バリアフリーの視点にたった計画実現を

ぜひ、お願いします。

                          頁のトップ(目次)へ戻る

○ この地点から徒歩で、駅に向かう方法

 ちなみに、徒歩で来られた方で、
東武駅へお急ぎの方は、ここから先を御覧ください。

渡良瀬川左岸沿いの道路の歩道に出たところの写真です。 渡良瀬川左岸沿いの道路の歩道を中橋方向へ


 先ほどの途切れた歩道から、車道を突っ切って進むと、
再びこのような歩道になります。
(この地点ではまだ、道路の両側に歩道があります)

 横断歩道はありませんが、堤防側の歩道へ渡ります。

 しかし、そのまま更に進んでしまうと、
中橋に近づくにつれて、幅員が減少していきます。

中橋まで500mなどを示す標識の写真です。
「足利市駅まで500m」などを示す標識

狭まる歩道の危険箇所の写真です。   だんだんと狭まる歩道の注意箇所


 歩行者の皆さんも、足下注意です。
くれぐれも、つまづかぬようにしましょう。

  当ブログのポリシーは、我が郷土において、
 賛美されるところのみを御紹介するものではありません。
 読者の皆様が、安全で楽しく散策いただけることを
 第一としています。

やがて歩道がなくなり中橋北交差点に向かう写真です。

 やがて歩道がなくなり中橋北交差点へ

 歩行者は、「右側通行です!」と言われても、
途中から歩道はなくなります。

 すでに、反対側の歩道は堤防の上です。

(この地点に来る前に、渡良瀬川堤防沿いの歩道へ
 渡っておきましょう)

中橋の北側交差点の写真です。
 中橋北交差点
 しかたなく、後ろから来る車に気をつけて直進すると
中橋北交差点に着きます。

 中橋交差点の横断歩道を中橋方向に渡ります。

渡良瀬川左岸堤防側の歩道階段の写真です。渡良瀬川左岸堤防歩道の階段

 渡良瀬川左岸の堤防歩道を
中橋に向かって進行して来た場合は、
この階段を下ります。

 直接、中橋の歩道につながります。

中橋の歩道の写真です。
中橋の歩道
(歩道幅:最も狭い箇所:約173
cm)
 中橋の歩道は、道路の両サイドにあります。
 しかし、歩道の幅が狭く、歩行者と自転車が
やっとすれ違える程度です。

 歩道幅の実測のようすは、
【画像で解説】足利市駅~足利「太平記館」~「足利学校」へのルート
を御覧ください。

中橋南交差点の写真です。
東武駅北交差点
 中橋を渡り、この横断歩道を通って左折すれば、
足利市駅です。

 

        頁トップ(目次)へ戻る

⑵ 南口から「渡良瀬橋・歌碑」ルート

 渡良瀬橋までの距離:1km 徒歩:15分

東武鉄道足利市駅南口の写真です。
東武足利市駅南口
 改札を出て右に行くと、南口に出ます。
 ここをすぐ右折し、歩道を進みます。

南口を右に曲って見える風景の写真です。    南口を出て、右手側に見える風景


 この歩道を進みます。公衆電話、バス停を過ぎると、
銅像が右に見えてきます。

「笑う門には福来たる」という少年像の写真です。東武鉄道の社長名もありました。「笑う門には福来たる」少年像

 東武鉄道株式会社々長「根津嘉一郎」とありました。

少年像から前方を見ると、駅前交番が見える写真です。
少年像を右手側にして前方に見える交番
(東武駅前交番:所在地:田中町909-3
 電 話:0284-71-5849)

交番前の横断歩道の写真です。
東武駅前交番の横断歩道
 左手側の横断歩道を渡ります。
(右折し、ガード下を通り、直進すると、
 東武駅北交差点に着きます)

交番を前方に左旋回して見える写真です。  交番を前方に左90°旋回して見える風景

 

砲弾歩道を渡り、直進する写真です。
横断歩道を渡り、直進します。

中橋通りの標識の写真です。右手側の中橋通りのネームプレート

 

すぐに交差点に着いた写真です。
東武駅南交差点前

東武駅南交差点の写真です。
交差点を右90°旋回します。

東武駅南交差点を渡る写真です東武駅南交差点

 交番側に横断歩道を渡ります。
  (中橋通りを横断します)

 ここまでの路面の状況は、点字ブロックもあり、
車椅子の走行にも、ほとんど支障はありません。

横断歩道を渡り、歩道を直進する写真です。横断歩道を渡り、歩道を直進します。

 大きな看板が印象的な交差点です。
この看板を右手側に、歩道をそのまま直進します。

やがて見えてくるボウリング場の写真です。  やがてボウリング場が見えてきます。

 

 この道路を前方に渡り、さらに直進します。

ボウリング場の隣のスポーツジムの写真です。ボウリング場のすぐ隣のスポーツジム

 このスポーツジムに入会すると、
「あしかがフラワーパーク」に、
年間無料で入園することができます。

ジムを右手側に通り過ぎて見える風景の写真です。
ジムを右手側に通り過ぎて見える風景

 この地点から、緩やかな上り勾配になります。

 東武伊勢崎線のガードを通ると、
渡良瀬橋南交差点に到着します。    
(東武足利市駅南口から:587m、8分)

 交差点からは、① 北口から「渡良瀬橋・歌碑」
ルートと重複します。

 この先のルート解説は、こちらです。

                        頁トップ(目次)へ戻る

【JR足利駅から渡良瀬橋へ】

北口から「渡良瀬橋・歌碑」ルート

 渡良瀬橋までの距離:1.3km 徒歩:19分

(JR足利駅:所在地:〒326-0053 足利市伊勢町1丁目
       電話:050-2016-1600 JRお客様サポート)

 ホームからエレベーターが利用できるのは、北口のみで、
階段があるため、車椅子で南口には出られません

 また、南口が利用できるのは、7:20~19:00です。

 駅西側に、地下連絡通路がありますが、
スロープの傾斜も大きく、車止めもあり、
車椅子走行はできません

 早朝と深夜は、駅員さんがいない無人駅になります。

 JR足利駅北口の写真です。
JR足利駅北口

JR両毛線のポスターの写真です。JR両毛線のポスター(足利学校内掲示板)

 

JR足利駅の駅舎プレートの写真です。
JR足利駅の駅舎プレート
 最初に、駅待合室に展示されていた森高千里さんの
メッセージの一部を御紹介します。

・・・このたび、「渡良瀬橋」を生んでくれた街足利市の
「あしかが輝き大使に」任命され、さらに東武足利市駅
並びにJR足利駅で「渡良瀬橋」のメロディを
発着音に使って頂けるというお話を頂きました。大変光栄です。・・・

 JR足利駅の待合室には、
森高千里さんの写真と色紙が飾ってあります。
ぜひ、御覧ください。

 JP足利駅の地図は、こちらです。

JR足利駅周辺の案内版の写真です。      JR足利駅周辺の案内版


 これらの地図によって、JR足利駅、東武足利市駅、
田中橋、中橋、渡良瀬橋などの位置関係がよくわかります。

JR足利駅北口を出たところの写真です。     JR足利駅北口前の風景

 

北口を左に曲って見える風景の写真です。北口を左折して見える風景

 ここを真っ直ぐ行くと、南口への地下連絡通路があります。
しかし、前述したように、車椅子走行はできません

足利駅地下連絡通路の写真です。
   南口への地下連絡通路
小型のアーチ型車止めも多くあります)

電車の展示の写真です。
電気機関車EF60 123形

展示されている電車の前の写真です。
展示されている電気機関車の説明プレート

   (鉄道好きなあなたへ)

EF60 123形直流電気機関車
日本国有鉄道(国鉄)が1960年に開発した
平坦路線向け直流用電気機関車です。
この機関車は、かつては両毛線の貨物列車牽引
で活躍し、現在でも完全形で静態保存されている
貴重な存在です。

  この電気機関車の前を通り過ぎます。

市内の名所を示す案内プレートの写真です。
  市内の名所を示す案内プレート

 電気機関車のすぐ隣に、このプレートがあります。
これから、この矢印どおりに進みます

自転車預かり所の前の写真です。    自転車預かり所前


 左手側に、「自転車預かり所」があります。

 ここを直進すると、ガードレールの切れ目に、
短い横断歩道があります。

足利駅西の横断歩道の写真です。足利駅西横断歩道

 この短い横断歩道を渡り、右に曲ります。

(左に曲って行くルートもありますが、
 歩道がありませんここでは、
 安全でわかりやすいルートを選択し、
 御紹介しています)

短い歩道を渡って左に曲った風景です。短い歩道を渡って右折した風景

 この歩道を直進します。

横断して右に進んだ風景です。 左手に、コンビニエンスストアがあります。

 

JR足利駅入り口交差点の一つ西側の交差点の写真です。JR足利駅入り口交差点の一つ西側の交差点

 前方の道路は、「中央通り」県道67号線です。
この中央通全域の歩道には、
点字ブロックが設置されています。

交差点を左に曲った風景です。交差点を左折した風景

 コンビニ駐車場の角を左に曲ります。
点字ブロックに沿って直進します。

通1丁目交差点の地下道入り口の写真です。通一丁目交差点の地下道入り口 

 栃の葉国体、昭和55(1980)年につくられた
地下道です。
 地下道には、スロープがありませんので、
この先の横断歩道を渡ります。

「太平記館」へは、通一丁目交差点を右折します。
(中央通りから、ルート293を北上)

通1丁目交差点の写真です。
通一丁目交差点
(JR足利駅から:329m、5分)
 国道293号線の横断歩道を渡ります。

歩道を渡った所の写真です。    横断歩道を渡ったところの風景

 (この交差点から、通二丁目交差点まで、
  手押し信号機が1つあります)

 少し進むと、右手側に「足利学校」の
入り口が見えます。

足利学校入り口の写真です。
足利学校入り口
 足利学校入り口には、横断歩道がありません
まちなか遊学館(多機能トイレ)、足利学校、
鑁阿寺へは、次の手押し信号の歩道を御利用ください。

左手側の「おもちゃ屋」さんの所にある手押し信号の写真です。「おもちゃ屋」さんの所にある手押し信号機

 

手押し信号の横断歩道の写真です。手押し信号機の横断歩道

  (中央通りを横断します)

横断したところの風景写真です。     横断したところの風景

 

右折した所の風景写真です。
右折したところの「大門通り
 ここを直進すると、鑁阿寺入り口「太鼓橋」へ、
右折すると、足利学校入り口「入徳門」に通じます。

 足利学校と鑁阿寺に関する記事は、こちらです。
足利学校と鑁阿寺に寄らない場合は、こちらです。

 ここを左折して、足利学校へ向かいます。

大門通りを右折した所の風景写真です。大門通りを右折した所の風景

 

足利学校の入り口の写真です。
    足利学校の入り口

足利学校「入徳門」の前にあるお土産屋さんの写真です、足利学校「入徳門」の前にあるお土産屋さん。

 赤い毛氈(もうせん)と蹲(つくばい)の水音が、
とても印象的なお店です。

足利学校「乳徳門」の写真です。足利学校「乳徳門」

(JR足利駅から:672m、10分)
(おもちゃ屋さんの交差点から、169m、2分)

足利学校「入徳門」の説明版の写真です。足利学校「入徳門」の説明版

 足利学校の散策は、こちらです。

 ここから、鑁阿寺へ向かいます。

 大門通りを直進します。

大門通りの突き当たりにある「反橋」の写真です。大門通りの突き当たりにある「反橋」

 

鑁阿寺の反橋の写真です。鑁阿寺の反橋

 地元では、「太鼓橋」と呼ばれています。
この橋と山門(桜門)の間に、段差があります。

鑁阿寺の反橋と山門の間にある段差の写真です。 鑁阿寺の反橋と山門の間にある段差

 この段差を車椅子やバギーをバックで通過します。
しかし、山門には、敷居(横木)があり、
徒歩以外では、通れません。

鑁阿寺の山門の脇にあるスペースの写真です。鑁阿寺の山門の脇にあるスペース

 ここを通過して、境内に入ります。

 反橋の湾曲や段差が心配される場合は、
この門を通らず、東門か北門から入ります。
(西門は、フラットなスペースが狭いため困難です)

鑁阿寺の反橋の手前の歩道の写真です。鑁阿寺の反橋の手前の歩道

 反橋の手前の石碑が側から、歩道に入れます。

鑁阿寺のお堀沿いにある歩道の写真です。鑁阿寺のお堀沿いにある歩道

 鑁阿寺のお堀に沿って、歩道が巡らされています。
この南東側にある歩道を直進します。
 (歩道は、一周816m、12分)

南東側の歩道の終点の写真です。   南東側の歩道の終点

 ここを左に曲ります。右手側、道路の向こうは、
「足利学校」の北側にあたります。

鑁阿寺北門の入り口の写真です。鑁阿寺北門の入り口

 

鑁阿寺東門の写真です。      鑁阿寺東門

(反橋から、158m、2分)

 西門と同じく、県指定文化財です。

門の下の敷石の写真です。       門の下の敷石

 

 門の下には、自然石が敷かれていて、
徒歩か車でしか通れません。

鑁阿寺の東門にあるフラットスペースの写真です。
鑁阿寺の東門にあるフラットスペース
 北門の右側に、フラットなスペースがあります。
スペースの幅は、90cmです。
(北門の左側スペースは狭く、通れません)

 車椅子で境内に入る最も安全な門は、
次の北門です。

歩道の北東側コーナーの写真です。    歩道の北東側コーナー

 北門の歩道を北に向かって進むと、
歩道の北東側の角に着き、左に曲ります。

鑁阿寺北門の入り口の写真です。      北門の入り口

 

鑁阿寺北門の写真です。鑁阿寺北門(薬医門)

 (反橋から、371m、5分)
 この門を通ると、駐車場があります。
門の下には、敷石もなく、十分なスペースがあります。

北門の説明版の写真です。北門の説明版

 参考として、西門を御紹介します。

鑁阿寺西門の写真です。 鑁阿寺西門

(反橋から、反時計回りで、597m)
 門には、敷石が施され、フラットスペースも狭く、
車椅子の走行は困難です。

西門の説明版の写真です。 西門の説明版

 

 ここから、「足利学校」と「鑁阿寺」に行かず、
渡良瀬橋に向かうコースと合流します。

 

左手側の「おもちゃ屋」さんの所にある手押し信号の写真です。「おもちゃ屋」さんの所にある手押し信号機

 

 鑁阿寺、足利学校に寄らず、
渡良瀬橋を目指す場合は、おもちゃ屋さんの交差点を
中央通り沿いを直進します。

 鑁阿寺入り口を右手側に見ながら進むと、
「渡良瀬橋クッキー」を販売しているお店が
左手側に見えてきます。

 このクッキーの表面には、
渡良瀬橋が描かれています。

おいしいクッキーです。

 また、「渡良瀬橋カレー」もあり、
お店の中で、コーヒーと一緒に、いただけます。

左手に「渡良瀬橋クッキー」の店がある写真です。
  「渡良瀬橋クッキー」の店

 以前は、足利屈指の楽器・レコード店で、
私も楽器やレコードを買って、
楽しませてもらったお店のひとつでした。

 今は、カフェ・ファンシーグッズのお店です。

通2丁目交差点の写真です。   第1キーポイント:通二丁目交差点

 

(左:中橋通り38号線 右:飛駒足利線208号線
 直進:中央通り67号数)
(JR足利駅から:639m、10分)  

左折:①コース、中橋、東武足利市駅方面へ

直進:②コース、織姫神社、八雲神社方面へ

 第1キーポイントの
 「通二丁目交差点」に到着します

 通二丁目交差点から先、「渡良瀬橋」までのルートは、
次の二通りあります。

 どちらも、距離は同じですが、
狭いながらも、ずっと歩道が利用できるのは、
「①コース」です。

 「床屋さん」と「公衆電話」へ直接向かう場合は、
通二丁目交差点を西(中央通りに沿って)に直進します。

 通7丁目交差点⇒通三丁目交差点⇒織姫交番前交差点⇒
通7丁目交差点の北西角に、「床屋さん」と「公衆電話」が
あります。

(通7丁目交差点をさらに西へ進むと、大岩山 毘沙門天
 ハイキングルートにつながります)

 

       頁トップ(目次)へ戻る

「①コース」の解説:通二丁目交差点を左折するコース

通2丁目交差点を左に曲った風景の写真です。
  通二丁目交差点を左に曲った風景
    (中橋通り沿いの歩道)

 銀行の角を左折し直進すると、足利市立美術館、
中橋、東武足利市駅方面になります。

 左手側にある、足利市立美術館を通り過ぎます。

JR両毛線の踏切が見える写真です。   JR両毛線の踏切に向かいます。

 

宝来社街道踏切の写真です。
     宝来社街道踏切

JR両毛線を走る電車   JR両毛線を走行する高崎行き電車

 

 踏切を渡って間もなく、左手側に
メガネ屋さん・パン屋さんがある交差点に着きます。

中橋北交差点と踏切の間の交差点の写真です。 前方の「中橋北交差点」と踏切の間の交差点

 

 交差点には、信号がありません
この交差点は、中橋北交差点のすぐ北側にあります。
 交差点右の横断歩道を渡ります。

 徒歩で向かう場合は、直進して中橋の歩道に出れば、
渡良瀬川左岸(北)堤防の歩道が利用でき、
一路、渡良瀬橋に向かえます。

 信号機のない交差点を右折、横断歩道を渡ります。
中橋方向の歩道を渡ってしまうと、
写真のとおり、

右折用の横断歩道がついていませんので、
要注意です。

横断して左折、再び横断歩道を渡る写真です。横断して、再び左手側の横断歩道を渡ります。

 

 信号が付いていませんので、
特に右からの車に注意します。

横断し右折した風景の写真です。    横断し右90°旋回した風景

 

 横断してすぐ右折します。歩道幅が狭くなります。
(アベ中央ビルと加藤ビルの間の道路沿いを西に進みます)

さらに直進している写真です。     さらに直進します。

 

右手前方に、丁字路が見える写真です。  右手前方に、丁字路が見えてきます。

 

丁字路を右に行くと、今回の2つ目のキーポイント
通三丁目交差点方面です)

 この丁字路を右手側に見ながら、さらに直進します。

老朽化した歩道の写真です。   電柱と植栽がある老朽化した歩道


 歩行者と自転車がすれ違うことは困難です。

 丁字路を過ぎると、右手側に酒屋さんがあります。

酒屋の看板の写真です。酒屋の看板です。

 左手側の小さな公園の入り口階段の写真です。
  左手側の小さな公園の入り口階段
 (通三丁目児童公園:通三丁目1番地)

 私は、児童公園の奥にあるラセン階段を
「幸福の階段」と呼んでいます。

児童公園の奥に、「渡良瀬橋の歌碑」に通ずるらせん階段の写真です。 「渡良瀬橋の歌碑」に通ずるラセン階段

 

 児童公園のラセン階段を上ると、「渡良瀬橋 歌碑」の
真正面にたどりつきます。

 ラセン階段を利用する観光客の皆さんは、
相当ツウの方々とお見受けします。
(今まで、お見受けしたことはありませんが・・・)

「渡良瀬橋」 栃木の地酒 開華の写真です。「渡良瀬橋」 栃木の地酒 開華(第一酒造)
「大黒屋酒店」の写真です。「大黒屋酒店」

 児童公園の向かい側の歩道にある、
老舗の酒屋さんです。

 渡良瀬橋散策のお土産や、記念として、
いかがでしょうか。
(4合:1,400円 一升もあります)

 公園を通過すると、「渡良瀬橋北交差点」に突き当たります。

公園の先に進む写真です。    公園の先の歩道合流地点

 

 左右二つの歩道が、ここでつながります。
前方に、交差点が見えます。

「渡良瀬橋北交差点」の写真です。
    「渡良瀬橋北交差点」
 (JR足利駅から:1.41km、19分)

 先ほどの歩道合流点を回り込んで、
坂の歩道に入り、上って行きます。

「渡良瀬橋の歌碑」に向かう歩道の写真です。  「渡良瀬橋の歌碑」に向かう歩道

 

 回り込んだ歩道を上り、先に進むと、
前方に中橋が見えてきます。

「渡良瀬橋の歌碑」と前方に見える「中橋」の写真です。   右手側に「渡良瀬橋の歌碑」

 

「渡良瀬橋の歌碑」の背景には「渡良瀬橋」が見える写真です。   「渡良瀬橋の歌碑」と「渡良瀬橋」

 (JR足利駅から:1.41km、20分)

 歌碑の相向かいに、「幸福の階段」があります。

公園からのラセン階段の写真です。
 児童公園からのラセン階段「幸運の階段」

 次は、「渡良瀬橋」に向かいます。

Uターンして歩道を下る写真です。   Uターンして歩道を下ります。

 

渡良瀬橋北側交差点の写真です。     渡良瀬橋北交差点

 

 「渡良瀬橋北交差点」の横断歩道を
右に横断します。

 渡良瀬橋北交差点の歩道幅・段差等の状況は、
こちらを御参照ください。

渡良瀬橋北側交差点歩道を焼き鳥屋さんに向かって渡る写真です。  焼き鳥屋さんに向かう横断歩道

 

 再び、二つ目の横断歩道を
焼き鳥屋さん側に渡り、左側の歩道に入ります。

渡良瀬橋のたもとへ向かう横断歩道の写真です。  渡良瀬橋のたもとへ向かう横断歩道

 

渡良瀬橋側道の写真です。    渡良瀬橋の側道橋

(JR足利駅から:1.28km、18分)

渡良瀬橋のたもとから撮影した渡良瀬橋の写真です。     雨に濡れる渡良瀬橋

 

       頁トップ(目次)へ戻る

 

「②コース」の解説:通二丁目交差点を直進するコース

通2丁目交差点の写真です。
    通二丁目交差点

 コースは、通二丁目交差点を西に直進します。

<東武足利市駅~通二丁目交差点までのルート>

● 中橋を渡る。
● 通三丁目児童公園方面に行かず直進する。
● JR両毛線「宝来社街道踏切」を渡る。
● 直進する。

 通二丁目交差点に到着します。

通二丁目交差点を横断した所の風景写真です。  通二丁目交差点を西側地点の風景

 

手押しの信号機の写真です。     手押しの信号機

 

 歩道を西に進むと、手押しの信号機があります。
左手側には、足利商工会議所「友愛館」があります。

足利商工会議所(友愛館)正面の写真です。    足利商工会議所(友愛館)

 

 この建物は、旧足利銀行本店でした。
中に大きな金庫もあり、展示会などにも
使われています。
 多機能トイレがあります。

 友愛会館を通り過ぎて、さらに直進します。

薬局やスーパーマーケットの看板が見える写真です。 薬局やスーパーマーケットの看板

 

 やがて、前方、左手側に薬局、
右手側にスーパーの看板が見えてきます。

通三丁目交差点の写真です。      通三丁目交差点

(中央通り67号線と、足利太田5号線)
(JR足利駅から:933m、14分)

足利太田5号線は、渡良瀬橋を通る道路です)

 通三丁目交差点が、第2キーポイントです。

復習 :●通二丁目の交差点を中央通りに沿って直進する。
 手押し信号を一つはさんで、二つ目の信号機。
       通三丁目の交差点になります。
 

通三丁目交差点を左(南)に曲ります。

通三丁目交差点を左折した所の風景写真です。  通三丁目交差点を左折した風景

 

 ここからは、歩道がありませんので、
注意が必要です。

小さな十字路の写真です。       小さな十字路

 

 進んで行くと、小さな十字路に着きます。
信号機があります

JR両毛線の踏切の写真です。    JR両毛線「太田第1踏切」

 

 足利市なのに、「太田」となっています。
特に、鉄道ファンでもない私は、
混乱してしまいます・・・。
(両毛線自体が、高崎管区でしたね!)

 この踏切を渡ると、前方に丁字路があります。

Aコースとの合流点となる丁字路の写真です。
  ①コースとの合流点となる丁字路

 前方の小さな公園が、通三丁目児童公園です。
 丁字路を右折(西)すると、渡良瀬橋に到着します。

 この先の解説は、重複しますので、
こちらを御覧ください。

        頁のトップ(目次)へ戻る

⑵ 南口から「渡良瀬橋・歌碑」ルート

* 徒歩コースです。

 渡良瀬橋までの距離:1.28km 徒歩:18分

JR足利駅南口の写真です。        JR足利駅南口

 

北口への地下連絡通路の案内表示の写真です。   北口への地下連絡通路の案内表示

 

 南口は、7:20~19:00の間、
利用可能
です。

 北口への地下連絡通路案内が、
改札口近くに掲示されています。

北口駅前の写真です。
      JR足利駅南口前

 南口を出ると、右手側に、足利駅南口・駐輪駐車場があります。

 右の道路白線沿いを進むと、駅南交差点になります。

足利駅南交差点の横断歩道の写真です。   足利駅南交差点の横断歩道

 

 横断歩道の隣は、「伊勢南町歩道橋」です。
歩道橋下の横断歩道を渡ります。

駅南興亜点を渡ったところの風景写真です。   駅南交差点を渡ったところの風景

 

 右手側、白鴎大学足利高等学校の校舎と
左手側、車道の間にある歩道を進みます。

前方に交差点が見える写真です。   前方に交差点が見えてきます。

 

交差点右手側に、横断歩道が見える写真です。 交差点右手側に、横断歩道が見えてきます。

 

横断歩道を渡り、坂の歩道を上る写真です。横断歩道を渡り、坂の歩道を上っていきます。

 

 この歩道を上りきると、田中橋北交差点に出ます。

田中橋北交差点の写真です。     田中橋北交差点

 

 前方に、田中橋が見えます。
 ここは、前方の国道293号線と、
左道路の県道足利館林8号線の交差点です。

国道293号線の横断歩道の写真です。    国道293号線の横断歩道

 

 国道293号線の横断歩道を
前方(渡良瀬川堤防)方向に横断します。

国道293号線を横断して、歩道を右に曲ったところの風景写真です。国道293号線を横断して、歩道を右に曲ったところの風景

 

 前方、左手側に中橋が見えてきます。

 この堤防歩道を中橋に向かって進みます。
(電柱基礎の補修中でした。足下注意です)

永楽町交差点の写真です。     永楽町交差点

 

 横断歩道を直進します。

中橋まで近づいてきたところの写真です。    中橋まであとわずかです。

 

中橋のたもとの写真です。
    中橋のたもとの状況

 今まで歩いてきた堤防の歩道が、中橋通りによって、
途切れます。

階段を下りて、中橋北交差点の横断歩道を渡り、
再び、反対側の階段を上ります。

横断歩道を渡り、反対側の階段を上ったところの写真です。横断歩道を渡り、反対側の階段を上ったところの風景(草が生えていますが、すぐ舗装歩道になります)

 

渡良瀬川左岸の堤防歩道の写真です。     渡良瀬川左岸の堤防歩道

 

 前方に、渡良瀬橋が見えています。

 渡良瀬橋を目指して直進します。

右手側、反対側の歩道に「渡良瀬橋の歌碑」が見えてきた写真です。 右手側、反対の歩道に「渡良瀬橋の歌碑」が見えてきました。

 

 ここで、車に注意して歌碑側の歩道へ
渡ってもいいでしょう。
横断歩道はありません

 しかし、交通量が多い場合は、
このまま直進して、「渡良瀬橋北交差点」の
横断歩道を利用した方が安全です。

歩道幅が狭くなってきた写真です。渡良瀬橋北交差点の手前付近

 途中から、歩道がなくなります。

渡良瀬橋北交差点の歩道の写真です。

    渡良瀬橋北交差点の歩道です。  (JR足利駅から:1.26km、18分)

 歩行者用信号に従って、
先ほどの反対側の歩道にあった
「渡良瀬橋の歌碑」に向かいます。

 それから、渡良瀬橋を渡りましょう。

 楽しい時間をお過ごしくださいね。

渡良瀬橋の夕暮れの写真です。       渡良瀬橋の夕暮れ

 

        頁トップ(目次)に戻る

【渡良瀬橋⇒八雲神社⇒床屋公衆電話⇒織姫神社前ルート】
  (各駅共通)

 基準点:渡良瀬橋北側交差点とします。      

 ⑴ 渡良瀬橋北交差点⇒「八雲神社」ルート

渡良瀬橋北側交差点の基準点の写真です。   渡良瀬橋北交差点の基準点

 

 東武足利市駅から、散策に来た方と、
JR足利駅から来た方も、渡良瀬橋や歌碑を訪れました。
どちらも、「渡良瀬橋北交差点」を通りましたね。

 そこで、渡良瀬橋北交差点を基準点として、
八雲神社~床屋さん・公衆電話~織姫神社前を訪ねます。

基準点から見た横断歩道の写真です。     基準点から見た横断歩道

 

 渡良瀬橋から、渡良瀬橋の歌碑に向かうとき、
利用した横断歩道を渡ります。

歌碑に向かう歩道の写真です。     歌碑に向かう歩道

 

 この歩道を下り、右側の歩道を上って、
渡良瀬川の歌碑に向かいました。

 今度は、左側の歩道を下り、
足利太田線沿いにある、
通三丁目児童公園前の丁字路に進みます。

児童公園前の丁字路の写真です。    児童公園前の丁字路

 

 児童公園前の丁字路を進み、
JR両毛線踏切(太田第1)を渡ります。

(② 通二丁目直進コースの逆ルート)

JR両毛線「太田第1踏切」の写真です。   JR両毛線「太田第1踏切」

 

踏切を渡って信号機が見える写真です。  踏切を渡って信号機が見える風景

 

 直進して、通三丁目交差点に向かいます。

通三丁目交差点の写真です。      通三丁目交差点

(渡良瀬橋北交差点から:360m、5分)

 通三丁目交差点を左に曲ります。

交差点右手側に見えるスーパーマーケットの写真です。 交差点右手側に見えるスーパーマーケット

 

中央通りを西に向かう写真です。   中央通りを西に進みます。

 

反対側の歩道の織姫神社の模型の写真です。反対側歩道にある「織姫神社からくり時計」

 

 中央通りの反対側歩道に、
織姫神社を模した「からくり時計」があります。

「からくり時計」を右手側に見ながら、
さらに直進します。

織姫交番前交差点の写真です。     織姫交番前交差点

(渡良瀬橋北交差点から:679m、10分)

 中央通り(東西)とトンネル通り(南北)の交差点です。
左手側の角に、「織姫交番」があります。
(織姫交番:通4丁目2807-1 電話:0284-21-2658)

 織姫交番前交差点を右(北)に曲ると、
織姫神社に突き当たります。

 織姫交番前交差点を「芋ようかん」の看板方向(西)に横断し、
中央通り沿いを真っ直ぐ進みます。

歩道を横断すると、反対側の歩道にある神社が見える写真です。     反対側の歩道にある神社

 

 歩道を渡ってすぐ、反対側の歩道には神社が見えてます。

 この神社も、「八雲神社」です。

 足利市内には、八雲神社が数カ所あります。
渡良瀬橋周辺にある「八雲神社」は、

「渡良瀬橋」から5つの「八雲神社」巡り
を御覧ください。

 一般に言われている「渡良瀬川」の歌詞由来の八雲神社は、
この先にあります。

 ここを中央通りに沿って進みます。

「床屋さん」と「公衆電話」のある一つ手前の交差点の写真です。「床屋さん」と「公衆電話」のある一つ手前の     交差点

 

「床屋さん」と「公衆電話」のある交差点表示版の写真です。
「床屋さん」と「公衆電話」のある交差点表示版

通七丁目交差点の写真です。       通七丁目交差点

(中央通り67号線と足利環状線40号交差点)
(渡良瀬橋北交差点から:1.16km、17分)

 前方、右手側に、『渡良瀬橋の歌詞』にある「床屋さん」と
「公衆電話」があります。

 「八雲神社」へは、通七丁目交差点を左に曲ります。

交差点を左折してすぐの風景写真です。   交差点を左折してすぐの風景です。

 

 南北をはしる道路は、足利環状線40号、
または、「足利公園通り」と呼ばれています。

 点字ブロックが設置されています。

 足利公園通りを南に進んで行くと、
右手側に「火の見やぐら」が見えてきます。

前方右手側の「火の見やぐら」の写真です。    前方右手側の「火の見やぐら」

 

 横断歩道を「火の見やぐら」に向かって横断します。

「火の見やぐら」手前の横断歩道の写真です。  「火の見やぐら」手前の横断歩道

(足利市消防団第1分団:緑町一町目6-3)

 この横断歩道を渡らずに、右折します。

左折してすぐの風景写真です。     左折してすぐの風景

 

 ここから先、歩道がありません
車に注意して進みます。

丁字路の写真です。    この丁字路を左に曲ります。

 

左折してすぐの風景写真です。
     左折してすぐの風景

 左折して20mほど進むと、
右手側に「八雲神社」があります。

八雲神社の写真です。       八雲神社

(渡良瀬橋北交差点から:1.71km、25分)
(JR足利駅から:2.28km、33分)
(東武足利市駅から:2.33km、34分)
 

 階段(一の鳥居の前に4段、社殿前に13段)があるため、
車椅子では、社殿まで行けません。

 しかし、鳥居越しから参拝するのも、
趣があります。

「八雲神社」の境内にあった「渡良瀬橋」絵馬プレートの
八雲神社」の境内にある「渡良瀬橋」絵馬プレート

 八雲神社から、通七丁目交差点までのルートは、
重複しますので省略します。

 

       頁トップ(目次)へ戻る

 

 ⑵ 通七丁目交差点⇒「床屋・公衆電話」⇒「織姫神社前」ルート

「通七丁目」交差点の写真です。
   「通七丁目」交差点

 八雲神社から、通七丁目の交差点に戻ります。

 足利公園通りを横断しないまま、歩道を北進すると、
通七丁目交差点(この地点)に戻ります。

 前方に見えるのが、「床屋さん」と「公衆電話」です。

 横断歩道を北に渡ります。

渡良瀬橋の歌詞にある、「床屋さん」と「公衆電話」の写真です。   「床屋さん」と「公衆電話」

(渡良瀬橋北交差点から:1.19km、17分)
(JR足利駅から:1.77km、25分)
(東武足利市駅:1.76km、25分)

公衆電話の中にある「渡良瀬橋」を巡るコース案内の写真です。   「渡良瀬橋」を巡るコース案内

 

 公衆電話内の案内プレートに、森高千里さんからの
メッセージが載っていました。

(この公衆電話は、以前の計画では
 撤去されることになっていました)

 ここを訪れてくださいました皆様、
大切な人に、この公衆電話を使って、
電話をかけてみませんか。

 とてもよい想い出になるでしょう。
「渡良瀬橋を訪ねて」観光のしおりの写真です。
 「渡良瀬橋を訪ねて」観光の栞

 公衆電話の中にも掲示されています。
上の写真は、その裏面です。

「渡良瀬橋を訪ねて」は、足利観光協会と
足利市観光振興課によって、2020.12月に
作成されました。

 各観光案内コーナーにありますので、
ぜひ御活用ください。

渡良瀬橋の歌詞にある床屋と公衆電話のある歩道の写真です。    床屋と公衆電話のある歩道

「織姫神社」へは、公衆電話の歩道を北に進みます。

 織姫神社までの歩道に、
点字ブロックが設置されています。

突き当たりを右に曲ったところの風景写真です。 歩道の突き当たりを右に曲った風景

 

道なりの歩道を進む写真です。
「織姫神社」に向かう歩道

 織姫神社までは、ここから440m、6分、
630歩、32kcalと表示されています。

歩道を進む    歩道をさらに進みます。

 

前方に織姫歩道橋が見える写真です。   前方に織姫歩道橋が見えてきました。

 

 前方、左手側に鳥居も見えています。

織姫神社の鳥居の写真です。      姫神社一の鳥居

(渡良瀬橋北交差点から:1.75km、25分)
(JR足利駅から:2.32km、33分)
(東武足利市駅:2.31km、33分)

 鳥居周辺には段差がなく、歩道から移動できます。

 織姫神社は、織姫山の中腹にあるため、
この一の鳥居(男坂)から、
境内まで229段の階段があります。

 また、一の鳥居の左側には、
ゆるやかな女坂があります。

 女坂の七色の鳥居が有名です。
七色の鳥居につきましては、

 レンタサイクルで「渡良瀬橋」から「両崖山」へ行こう!
 3【織姫神社】● <縁結び七色の鳥居>

を御覧ください。

織姫神社の女坂にある「七色の鳥居」の写真です。
 織姫神社の女坂にある「七色の鳥居」

 本殿の右裏手には、中腹の駐車場(乗用車専用)があり、
タクシーを利用する方法もあります。

 最寄りのタクシー会社:車椅子タクシーもあります。
   足利タクシー Tel 0284-21-4121
   電話受付:6:00~26:00 年中無休)

織姫神社の階段の写真です。
      織姫神社(男坂)の階段

 織姫神社に関する記事は、

 縁結び「足利織姫神社」

「渡良瀬橋」から「足利灯り物語」へ

を御覧ください。

神社前の「織姫歩道橋」の写真です。
     神社前の「織姫歩道橋」
      (織姫神社前交差点) 

  

神社前の横断歩道の写真です。
     神社前の横断歩道です。

織姫交番前交差点の写真です。
    織姫交番前交差点です。
 (トンネル通りと中央通りの交差点)

 織姫交番前交差点に戻ってきました。
この交差点を左折(東)すると、
「東武足利市駅」「JR足利駅」方面へ戻ります。

 復路は、往路と重複しますので、
ポイントのみ御紹介します。

       頁トップ(目次)へ戻る

 

【復 路】

織姫神社の「からくり時計」の写真です。
  歩道にある「織姫神社からくり時計」

 往路では、道路の反対側だったため、
よく見られませんでしたね。
 時間がくると、社殿の中の織姫様が機織りします。

「足利織物会館」

「足利織物会館」の写真です。   「足利織物会館」

 「からくり時計」のすぐ先に、「織物会館」があります。
 私の持っている足利市のガイドマップには、
記されていませんが、ここにも多機能トイレがあります。

 スロープも完備されていますので、
安心して御利用になれます。

 自動ドアから、すぐ左手側にあります。

「織物会館」前の看板の写真です。
  「織物会館」前の看板

 車椅子や徒歩で、歩道を進んでいると、
大きな建物に、気づけないことも、しばしばです。

「織物会館」の目印は、「わたらせプラザ」、
「おりひめプラザ」の看板です。

第2キーポイント 通三丁目交差点の写真です。
  第2キーポイント 通三丁目交差点

 往路では、この交差点を南に曲って、
「児童公園」経由で「渡良瀬橋」を訪ねましたね。

 そして、「渡良瀬橋北交差点」の基準点から、
この通三丁目交差点を経由して、
「八雲神社」に向かいました。

 中央通りをさらに東へ戻ります。

交差点の標識の写真です。     交差点の標識

 

通二丁目交差点の写真です。  第1キーポイント:通二丁目交差点

 

 中央通りを東へ直進すると、「JR足利駅」へ、
右折して中橋通りを南に進み、「中橋」を渡ると、
「東武足利市駅」へと戻ります。

 さらに、JR足利駅方面へ向かいます。

「まちなか遊学館」手前の世界時計の写真です。 「まちなか遊学館」手前にある世界時計

足利まちなか遊学館」

「足利まちなか遊学館」の写真です。    
「まちなか遊学館」内の写真です。   

「足利まちなか遊学館」前の観光案内の写真です。
足利まちなか遊学館」

 営業時間:9:00~17:00
 休刊日:毎月第3水曜日(その日が祝日の場合は開館し、
 翌日休刊。年末。足利学校休刊日と連動する月があります)
 所在地:足利市通1丁目2673
 電 話:0284-41-8201

 足利学校入り口にある「足利まちなか遊学館」です。

 観光客の皆様のための、休憩スペースがあります。
多機能トイレもあります。
 どうぞ御利用ください。

【おわりに】

 当ブログを御活用くださいまして、
誠にありがとうございました。

 これから、少しでも皆様のお役に立てるよう、
更新を継続してまいります。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 

ブログ内で、御不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ先は、こちらです

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。