野外活動

足利灯り物語:渡良瀬橋・織姫神社・鑁阿寺・足利学校へ

足利学校「学校門」までのライトアップ写真です。

2021年の秋も、足利の歴史的文化遺産がライトアップされます。

【足利学校・鑁阿寺】
開催期間:令和3年11月13日(土)~21日(日)
開催時間(行燈点灯時間):午後5時30分~午後7:30
 
* 夜間のため、方丈内の資料は見られません。
しかし、「学校門」「字降松」「孔子廟」「北庭園」など、
昼間の有料エリア内は、300円で散策できます

* 入場料金と引きかえに、同等のライトアップ商品券がついてきます。
商品券は、足利学校、鑁阿寺周辺の店で使用できます。

商品券の写真です。ライトアップ商品券   

ライトアップ商品券御利用可能期間は、2021年11月13日(土)~
23日’火)㊗までです。
   
この機会に、お近くの方も、
きれいな「銘仙あんどん」を見ながらの散策チャンス!です。

【織姫神社】
開催期間:10月16日(土)~11月23日(火)まで
開催時間(行燈点灯時間):午後5時00分~午後10:00

お問い合わせ:足利まち歩き事務局 0284-41-8201

当ブログの関連記事と、いっしょに御覧いただきますと、
参観・参拝先の情報が得られます。
(記事内のリンクを御利用ください)

【足利灯り物語:渡良瀬橋の夕日】

「中橋」から見た「渡良瀬橋」の写真です。「中橋」から見た「渡良瀬橋」

昨日の雨で、渡良瀬川も少し増水しているようです。

足利市では、「織姫神社」「鑁阿寺」「足利学校」の
ライトアップが始まりました。

夕日のきれいな「渡良瀬橋」ぼ写真です。
「渡良瀬橋」も、夕日に照らされていました。

渡良瀬橋の写真は、
「渡良瀬橋」写真集「自然いっぱいコーナー」
を御覧ください。

渡良瀬橋から、足利灯り物語「織姫神社」へ向かいます。
(午後6時、織姫神社のオルゴールは、『夕焼け小焼け』でした)

織姫神社から見た渡良瀬橋の写真です。織姫神社から見た渡良瀬橋のライトアップ

【足利灯り物語:織姫神社】

「織姫神社」の灯りがともった写真です。
チャイムが、夕方の時刻を知らせてから間もなく、
織姫神社の正面鳥居の灯りがともりました。

「織姫神社」男坂の灯りの写真です。
石段参道のライトアップです。

石段の階段は、全部で229段あります。

緩やかな「縁結び坂」は、ライトアップされていません。

「石段参道」には、手すりが付いていますので安全です。

階段に置かれた行灯は、足利銘仙の図案です。

石段参道には、「七変化する銘仙行灯}を
90基配置されています。

「織姫神社」から見た「渡良瀬橋」の写真です。
織姫神社の境内から望む渡良瀬橋

織姫神社社殿のライトアップの写真です。
階段を上ると、社殿の美しさに思わず息をのむほどです。

「愛の鐘」の写真です。
恋人の聖地「愛の鐘」の写真です。恋人の聖地「愛の鐘」

{愛は限りなく広いそして深い」と記されています。

社殿と行燈の写真です。社殿と行燈

 

男坂階段を照らす行燈の写真です。男坂階段を照らす行燈

 

男坂階段を照らす行燈の写真です。男坂階段を照らす行燈

 

鳥居と行燈の写真です。鳥居と行燈

織姫神社の入り口、鳥居と男坂の階段です。
(女坂には、行燈はありません)

「男坂」を下って見える風景写真です。
階段を下りて見る景色も、また趣があっていい感じです。

一の鳥居まで下りる写真です。
神社の入り口、正面鳥居まで下りてきました。

織姫神社に関する記事は、
「足利織姫神社」大切な人と行きたい<縁結び>
を御覧ください。

これから、鑁阿寺へ向かいます。

【足利灯り物語:鑁阿寺】

金剛力士像のライトアップは、今回初めてです。(2021.11)

金剛力士像の写真です。
金剛力士像の写真です。金剛力士像

夜の仁王様は、一段と迫力を感じますね。

「桜門」から本堂までのライトアップ写真です。
鑁阿寺の太鼓橋(反橋)から、桜門を通ります。

参道は、本堂まで続く石畳に、銘仙行灯が配置されています。

鑁阿寺本堂に続く灯りの写真です。鑁阿寺本堂に続く灯り

 

鑁阿寺本堂のライトアップ写真です。鑁阿寺本堂

風格が漂っていますね。

ライトアップされた鑁阿寺「大銀杏」の写真です。
大銀杏のライトアップです。

大銀杏のライトアップ写真です。

鑁阿寺 「一切経堂」のライトアップ写真です。
「一切経堂」のライトアップです。

経堂内には、足利尊氏から始まる足利歴代将軍の
坐像が安置されています。(国重要文化財)

鑁阿寺に関連する記事は、
足利スケッチ散策『渡良瀬橋の夕日』絵はがきの旅
を御覧ください。

【足利灯り物語:足利学校】

大日大門通りから、学校様通りにつながる道の写真です。
大日大門通りと、学校様通りを結ぶ道です。
(足利学校を背に、大門通りを見た風景)

足利シュウマイ売り場の写真です。足利シュウマイ売り場

 

足利シュウマイの写真です。足利シュウマイ

シュウマイの特徴は、中に肉は入っていません。

なぜか、地元のソースをかけると、とても美味しいです。

地元では、なつかしく感じられる味で、
昔、よく屋台でも売られていました。

冒頭で御紹介した商品券が使えます。

足利学校「入徳門」までの途中に、
今まで気づかなかった、ミニスポットを見つけました。

歩道の脇にあった「五常輪蔵」の写真です。
<海運>「五常輪蔵」
手で蔵を回すことができます。

側面に示された文字は、「仁 儀 礼 智 信」
孔子の教え「五常」を表します。

「五常輪蔵」の解説プレートの写真です。
「五常輪蔵」の解説プレートです。

「過去を改め、今を整え、未来を開く」
(相田みつをさんの詩を思い出させる言葉ですね)

足利学校「入徳門」のライトアップ写真です
「入徳門」です。

入徳門をくぐり、「学校門」に向かいます。

学校門まで続く。銘仙行灯の写真です。
学校門前のライトアップ写真です。学校門前のライトアップ

あしかがフラワーパーク」とのコラボレーションによる
ライトアップです。

花手水の写真です。 花手水の写真です。 花手水の写真です。
花手水の写真です。花手水

 

「字降松」のライトアップ写真です。
「字降松」(かなふりまつ)のライトアップです。

「大成殿」のライトアップ写真です。
孔子廟の写真です。
孔子廟(こうしびょう):大成殿
「杏壇門」(きょうだんもん)をくぐると、
「大成殿」(たいせいでん)になります。

「大成殿」内に安置されている「孔子坐像」の写真です。
「大成殿」(聖廟、孔子廟)内に安置されている
幻想的な「孔子坐像」です。

方丈の隣ある「庫裡」のライトアップ写真です。方丈(ほうじょう)の隣にある「庫裡」(くり)のライトアップ

 

傘と花手水の写真です。 傘のライトアップ写真です。 傘のライトアップ写真です。 花手水の写真です。 花手水の写真です。 花手水の写真です。
池に映る傘の写真です。池に映る傘

 

北庭園の写真です。足利学校:北庭園

史跡図書館の前では、アニメーションが
放映されています。

足利学校「字降松」のアニメの写真です。
足利学校「字降松」のアニメーションの写真です。足利学校「字降松」のアニメーション

 

「大成殿」西側の竹林の写真です。
「大成殿」西側の竹林
昼とは、まったく違う雰囲気をかもし出しています。

足利学校の関連記事は、
日本遺産「足利学校」のみどころ!国宝を見に行こう!

史跡足利学校 観光(歴史・入場料・駐車場・門山マルシェなど)

足利市駅から徒歩や車椅子で行く「太平記館」と「足利学校」ルート

足利学校と八雲神社「森高千里山が植えた藤」はどこにある?
を御覧ください。

【足利灯り物語:おわりに】

車椅子で撮影に挑んでいる来訪者の写真です。車椅子でライトアップを撮影している来訪者

多くのカメラマンが来訪していました。

その中のお一人が、車椅子で、
太鼓橋(反橋)の手前から、鑁阿寺本堂を
撮影していました。

付き添いの方も、いらっしゃったようです。

私は、応援したい気持ちで、胸があつくなりました。

おわりに、渡良瀬橋の夜景を御紹介します。 

「中橋」と「渡良瀬橋」の灯りの写真です。 渡良瀬川上流から見た「渡良瀬橋」の夜景写真です。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。