野外活動

館林市観光スポット!「つつじが岡公園」の珍しいツツジ

川に架かる「こいのぼり」写真です。

宇宙飛行士 向井千秋さんの地元、
群馬県館林市は足利市のお隣のまちです。

館林市の多くの観光スポットの一つに、
「つつじヶ岡公園」があります。

「つつじが岡公園」には、全国でも珍しい
樹齢800年のツツジをはじめ、
多くのツツジが植栽されています。

 筆者の両親は、この公園を「花山」と
呼んでいました。

そして、冬になると、園内の「城沼」に、
たくさんの白鳥が飛来し、年間をとおして
家族で楽しめる公園になっています。

 最近、私もそうですが、家に閉じこもりがちに
なっていませんか。

 早春より、ロウバイの花と白鳥、
そして春の「つつじ祭り」~など、たくさんの
見どころやイベントが、あなたを待っています。

 さあ、園内の自然いっぱいの環境にふれながら、
「場沼」の散歩コースを楽しんでみましょう。

群馬県館林市「つつじが岡公園」

つつじが岡公園の梅林の写真です。つつじが岡公園の梅林

 


<つつじが岡公園 基本情報>

項 目   内 容
正式名称 館林市 つつじが岡公園
所在地 〒371-0005
群馬県館林市花山町3181
電話 0276-74-5233
総合管理事務所
受付:8時30分~17時15分
営業時間 【つつじ映像学習館】
9時00分~17時00分(最終入館16時30分)
定休日 【つつじ映像学習館】
月曜日(休日の場合は翌平日)
臨時休業の日、年末年始
開園日 7時00分~18時30分(つつじまつりの期間のみ)他は自由
学習館料金 大人:490円 小中学生:240円
休園日 なし
入園料 つつじまつり期間のみ有料
500円~300円( 花の咲き具合で変動)中学生以下は無料
アクセス 東武伊勢崎線 館林駅:徒歩40分
東北自動車道 館林IC:10分
路線バス 館林駅東口「館林板倉線」~「つつじが岡公園」下車:
11分
駐車場 三の丸何面駐車場:369台
文化会館駐車場 :210台
尾曳駐車場:246台(大型:10台)
城沼ダノンアリーナ駐車場232台
大型:15台)
特記事項 スタッフガイドあり:つつじまつり期間のみ
つつじが岡公園案内図の写真です。つつじが岡公園案内図

「つつじが岡公園」名勝指定区域のツツジ

旧公園の散策コース入り口の写真です。
 旧公園の散策コース入り口

 園内は、混雑を防止するため、散策コースが設けられています。
ルートを示すロープで仕切られており、
見ることが不可能なツツジもありました。

名勝指定区域 旧公園の案内図の写真です。 名勝指定区域 旧公園の案内図

 

「園内散策マップ」の写真です。     「園内散策マップ」


 旧公園には、名木が①~⑩まであります。
今回ルート外のツツジは、見られませんでしたので、
ここでは、欠番となっています。

「飛鳥川」という名前のツツジの写真です。
 ①「飛鳥川」(あすかがわ)

 名勝「躑躅ケ岡」(旧園)入り口スロープを上り、
一番目の名木です。

「均当内侍遺愛」のツツジの写真です。② 「均当内侍遺愛」(こうとうのないしいあ い)のツツジ 

推定樹齢800年のヤマツツジです。その昔、新田義貞が
妻の均当内侍のために植えていた古木を、江戸時代初期の
館林城主 榊原忠治がこの地に多数移植させました。
そのうち、特に樹形の美しい名木を紹介しています。

 ③ 蓑霧島(みのきりしま)は、見つかりませんでした。

「桃色ヤマツツジ」の写真です。④ 「桃色ヤマツツジ」

当園のヤマツツジは、同じ種の中でも個体ごとで
花色や花形に変化が見られます。このような多様性を
見比べられるツツジ園は他にありません。
このヤマツツジは名前の通り、鮮やかなピンク色の花をつけます。

「乙女心」の写真です。
「乙女心」(おとめごころ)

名前の通りたさしいピンク色の花を咲かせる大山ツツジ。
明るい淡紅色の中に濃い紫紅色の斑点があるのが特徴です。
館林市オリジナル8品種のうちのひとつです。早咲きで、
園内をひと足早く彩ってくれます。

 館林市オリジナル8品種って、何でしょうか。
今度いったときに、スタッフに聞いてみましょう。

「八重咲きヤマツツジ」の写真です。⑥ 「八重咲きヤマツツジ」

ガクが完全に花弁化した二重咲きの「八重咲きヤマツツジ」は
満開に近づくと、花の重みで枝垂れてきます。
花の下を通り抜ける体験は他ではなかなかできません。
平成29年度に「健康優良樹」に認定されました。

⑦ 「花山姫」は、見つかりませんでした。

「本霧島」(ほんきりしま)の写真です。⑧ 「本霧島」(ほんきりしま)

江戸時代に九州南部、霧島地方方来たツツジが
江戸に集められできた品種を総称して「江戸キリシマ」
と呼んでいます。この「本霧島」は鮮やかな深紅の花が特徴で、
数ある江戸キリシマの基になったと考えられます。

「八重ケラ霧島」の写真です。⑮「八重ケラ霧島」

 このツツジは、「健康優良樹」に認定されています。
健康優良樹とは、一般財団法人「日本樹木医会」によるもので、
本ツツジは、平成29年7月15日付けで認定されました。

⑨ 「八重霧島」 ⑩ 「峠の松風」見ることができませんでした。

(3回ほど巡ってみましたが、私の見落としもあったかも知れません。
 ぜひ、御来園いただき、これらを探してみるのも楽しいでしょう)

 コース内にあった、その他のツツジを御覧ください。

「霧島ツツジ」の写真です。「キリシマツツジ」(桔梗咲き)

 

白ヤマツツジの写真です。ヤマツツジ(シロヤマツツジ)

 

ヤマツツジの写真です。
ヤマツツジ

モチツツジの写真です。
モチツツジ 

琉球ツツジの写真です。琉球ツツジ(白花):関寺紫せきでらむらさき

 
 また、旧公園コース内には、こんな風景も見られました。

見学コース入り口の写真です。見学コース入り口

 

ガーデンアーチの写真です。
 ガーデンアーチが、たくさんあります。

石碑の写真です。風格のある石碑

 

絨毯のようなアザレアの写真です。
小高い岡からの眺め

 

カーペットのようなツツジの写真です。

丘から見えるノッポな木の写真です。
 まるで、パステル画に登場しそうな木

 当ブログには、パステル画作品集がございます。
「パステル画」作品集「自然いっぱいコーナー」
よろしかったら、を御覧ください。

「つつじが岡公園」新公園
 宇宙ツツジ周辺

花祭りの幟の写真です。「つつじまつり」のぼり旗


「つつじまつり」4月10日(土)~5月15日(土)
まで開催されています。
 この先、券売所があるところまでは無料です。

 入場料は、変動料金制で、大人:630円(4月11日現在)
中学生以下は無料です。

入場券売機の写真です。入場券売機


また、公園サイトには、「本日の公園」と題して、
● 本日の入場料 ● 園内の開花状況 ● 品種別開花状況
などが公開されています。

 新公園について、パンフレットには、以下のように記されていました。

新公園といっても、できたのは昭和5年。
古木もたくさん移植されています。

 園内は広大で、車椅子やバギーによる散策も可能です。

新公園の案内図の写真です。新公園の案内図

 

「宇宙ツツジコーナー」の写真です。
「宇宙ツツジコーナー」

平成6年7月、アジア初の女性宇宙飛行士
向井千秋さん(館林市出身)が、
本国から採取したツツジの種子とともに、
スペースシャトル「コロンビア」で飛行し、
地球に帰還後、発芽させたものです。
大きな夢を秘め、順調に育ち、未来に
引き継がれていきます。

クルメツツジの写真です。クルメツツジ「暮の雪」

 

田山花袋文学碑の写真です。田山花袋 文学碑

 

田山花袋 文学碑の写真です。

 館林の自然をうまく表現した、素晴らしさを
感じますね。

 芭蕉の碑もあるはずなのですが・・・。
「しばらくは 花の色なる 月夜かな」

 今度、来園した時に見つけましょう。

池に架かる遊歩道の写真です。遊歩道のある池

 

公園内の噴水の写真です。
 公園内の噴水   

公園内の風景写真です。
公園内の風景

 公園内の無料エリアにおいても、
十分楽しめるスペースがたくさんあります。

 噴水の周りには、ベンチが設置されており、
ほとばしる水音を聞きながら、
のんびり過ごすのもいいですね。

園内の噴水の写真です。園内の噴水

「つつじが岡公園」までの散歩道

 つつじが岡公園近くの駐車場を紹介します。

1 園内観光案内所南駐車場
2 尾曳(おびき)駐車場
3 館林市役所駐車場
4 城沼総合運動場駐車場
5 文化会館北側駐車場

 私は、3 館林市役所駐車場を利用しました。
そこから、つつじが岡公園まで散歩しました。

 館林市役所駐車場の地図は、こちらです。

 ここ城沼には、とても気持ちいい散歩コースがあります。

城沼散歩コース案内版の写真です。
城沼散歩コース案内版

 この案内図を確認して、「つつじが岡公園」を目指します。
駐車場を出ると、毎年、たくさんの鯉のぼりでにぎわう
鶴生田(つるうた)川が見えます。

鶴生田橋の橋名板の写真です。鶴生田橋の橋名板

 

川に架かる「こいのぼり」写真です。鶴生田川に架かる「こいのぼり」(2022.4.30)

 

鶴生田橋の写真です。

鶴生田(つるうた)橋

 鶴生田橋を後に、すぐ前方に見える
「ふれあい橋」に向かいます。

ふれあい橋の写真です。ふれあい橋

 

ふれあい橋の橋名板の写真です。ふれあい橋の橋名板

  「ふれあい橋」のネームプレート

ふれあい橋の写真です。
 この橋は、たいへんメルヘンチックで、
童話やおとぎ話が描かれたタイルが
たくさん埋め込まれています。
 そして、かわいい子どものモニュメントもあります。

 休日になると、たくさんの親子連れでにぎわいます。

 ここから、「つつじが岡公園」までは、約1kmです。

鶴生田川に架かる「こいのぼり」の写真です。鶴生田川に架かる「こいのぼり」

 今度は、尾曳橋に向かいます。

「市民の森」内にある藤棚の写真です。「市民の森」内にある藤棚

開花が楽しみですね。

館林市民の森の案内版の写真です。 館林市民の森の案内版


 この市民の森を抜けると、「旧秋元別邸」
(館林菖蒲園)があります。

花菖蒲園の写真です。館林花菖蒲園

 

ハナショウブなどの説明版の写真です。
ハナショウブなどの説明版

 アヤメ、ショウブ、カキツバタの違いについて
説明されています。けっこう、ややこしいんですよね。

 開花する頃には、まるで絵巻物の世界です。

旧秋元別邸の表札の写真です。旧秋元別邸の表札

 

旧秋元別邸の写真です。
旧秋元別邸

日本最古の燈篭の写真です。日本最古の燈篭

 

燈篭の説明文の写真です。燈篭の説明文

      灯籠の説明文

尾曳橋(おびきばし)の写真です。    尾曳橋(おびきばし)

 

橋の欄干に飾られた花の写真です。橋の欄干に飾られた花(2022.4.30)

 

尾曳橋の橋名板の写真です。尾曳橋(おびきばし)の橋名板

 

尾曳橋から見た城沼の写真です。尾曳橋から見た城沼

 

冬の白鳥とカモの写真です、冬の白鳥とカモ


 尾曳橋を渡ると、左手側が「つつじが岡公園」です。

つつじが岡公園入り口案内表示版の写真です。   つつじが岡公園入り口案内表示版

(バリアフリーの配慮がなされています)

 最後に、余談ですが、昔のお話をします。

 当時の「つつじが岡公園」の園長さんから聞いた話です。

「来園してくださったお客様、よくツツジの苗を
 買ってくださいます。そんなお客様の後ろ姿を見ながら、
 小さな声で、その苗は、家に植えても根付かないよ・・」

 と、言った後、

「ツツジはね、植え替えるときに、今までついていた土を
 全部はらってから植えてやらないと根付かないんだよ」

 だってさ、思わず、園長さん、早く言ってよ!・・。

 また、こんなことも・・・、

「お客さんの中にさ、園内の除草をちゃんとやれば、
 もっときれいなのに!って言う人もいるんだよ。
 でもね、それには、ちゃんとした理由があるのさ。
 ツツジの下に草が生えてるとね、ある程度、
 湿度が保たれて、ツツジにとっては快適なんだよ」

 とてもなつかしく思い出されます。

  私は、そんな園長さんのことが大好きでした。

 館林市つつじが岡公園の関連記事は、
渡良瀬川周辺散策スポット6選【まとめ】
4 【渡良瀬川流域の公園】を御覧ください。

 最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。