野外活動

館林市観光スポット「多々良沼・ガバ沼」「城沼」の白鳥

ガバ沼の白鳥の写真です。

 足利市のおとなりの街「館林市」には、なんと白鳥が!

 公園の沼に、たくさんの白鳥が飛来するんです。

 白鳥が飛んでくる沼は、「多々良沼・ガバ沼」「城沼」です。

「多々良沼・ガバ沼」の白鳥たち

多々良沼の白鳥の写真です。ガバ沼の白鳥(2021.12.30)

 

群馬県館林市「多々良沼」

 今年も、多くの観察者が集まっていました。
昨年に比べて、白鳥の飛来数はいかがでしょうか。

白鳥の飛来数表の写真です。白鳥の飛来数表

 白鳥の飛来数は、100羽を超える日もありますが、
日によって、まばらなようです。
今日は、28羽と記録されていました。

 白鳥たちは、「多々良沼・ガバ沼」の他に、
近隣の「城沼」にも飛来するため、
飛来数が変動するのでしょう。

ガバ沼駐車場看板の写真です。ガバ沼駐車場看板

 

多々良沼・ガバ沼で見られる野鳥たち

多々良沼で見られる野鳥の紹介看板の写真です。多々良沼・ガバ沼で見られる野鳥介

 多々良沼・ガバ沼では、白鳥の他に、マガモ、
カイツブリ、カワウや、ジョウビタキ、カワセミなども、
身近に観察することができます。

エサを探すカモたちの写真です。エサを探すカモたち

 沼のほとりに設置されているベンチに座って、
鳥たちの姿をゆっくり観察することができます。

 観察者の中には、食パンをちぎって与えている人も。
パンくずを夢中でほおばるカモたちは、
だんだんとベンチに近づいてきますが、一匹が飛び立つと!

一斉に飛び立つカモの写真です。一斉に飛び立つカモ

 大きな羽音をたてて、一斉に飛び立ちます。
そして、羽ばたきで生じた風が伝わってきました。

多々良沼の白鳥の写真です。

 白鳥たちの優雅な姿を見ようと、たくさんの人たちが、
カメラを片手に集っていました。

沼に集まる人々の写真です。

 コハクチョウたちは、12月頃からやって来ました。
飛来数調査によると、毎年2月頃がピークのようです。

 「ガバ沼」は、「多々良沼」のすぐ隣にあります。

多々良沼公園の案内図の写真です。多々良沼公園の案内図

 

ガバ沼の白鳥とカモの写真です。ガバ沼の白鳥とカモ(2022.2.11)

「野鳥観察棟」

 散歩をしていると、この「里沼」周辺について、
的確な案内をしてくれそうな「野鳥観察棟」なるものを
見つけました。

コハクチョウの剥製の写真です。

 予想通り野鳥観察棟には、コハクチョウの剥製や、
たくさんの資料が展示されていました。

 特に、このガイドマップが便利で役立ちました。

「里沼」案内図の写真です。

釣券売り場と桟橋

 野鳥観察棟から外を眺めると、沼に渡された桟橋が見えました。
そちらの方へ行ってみると、釣券売り場がありました。

桟橋の手前にある釣券売り場の写真です。

 桟橋の近くには、たくさんのボートも並べられています。
なんと優雅なエリアなんでしょう。

多々良沼に渡された桟橋の写真です。

 渡ってみたかったけれど、釣り客専用でした。

 館林市の「里沼」、人里近くで、
人々の暮らしと深く結びついているようすを
肌で感じることができた一日でした。

 春になると、白鳥たちは、北の国へと旅立ちます。
その前に、一目、白鳥たちの姿をご覧くださいね。 

つつじが岡公園「城沼」の白鳥たち

つつじが岡公園「城沼」

沼に浮かぶ白鳥と鴨の群れの写真城沼の白鳥たち(2021.2.18)

 

城沼に浮かぶカモの写真です。城沼に浮かぶカモ(2021.12.30)

 城沼には、白鳥が一匹も飛来していませんでした。
きっと、お隣の多々良沼やガバ沼に行ったのでしょう。

  つつじが岡公園は、
「世界にほこる、日本一のツツジの名園」
として有名です。

 最高の見ごろは、
なんといっても4月中旬~5月上旬に開催される
「つつじまつり」でしょう。

 また、3月下旬~4月中旬には、
「さくらとこいのぼりの里まつり」が開かれます。

 そして、7月上旬~8月中旬には、
「夏の城沼花ハスまつり」がひらかれます。

つつじが岡公園の案内図の写真
 散歩コースには、案内プレートが用意されています。
私が興味をもったのは、「城沼浮島」です。

城沼に浮かぶ「浮島」の醸造を示す案内プレートの写真
 城沼に浮かんでいる島は、こんなふうになってるんですね。

 そして、館林といえば、昔話「ぶんぶく茶釜」の発祥地、
東武伊勢崎線には、「もりんじまえ」という駅もあります。
ご多分に漏れず、ここにもありました。

「はーい、どうもタヌキさんでーす、今日の写真はこれ!」

「ぶんぶく茶釜」タヌキの写真
 (人気ユーチューバーのフレーズのよう)

 いちばん右側の大きいタヌキさんは、
よく、おそば屋さんなんかの店先に、いらっしゃいますよね。

 そして、この近くでは、春になると梅の花も楽しめます。

梅の花が咲いている写真

 梅って、どの木にも実がなるの?

 いい質問ですね。花はよく見かけるけれど、
実が付いているのは、あまり見たことないな、
と、
思っている人もいるのではないでしょうか。

 どこかの庭に、ぽつんと1本植えてあるところなどは、
確かに、花が散った後、実が付いていなかったりしますね。

違う品種の木もいっしょに植えておこう!

 「他花受粉」といって、梅などの果樹は、受粉しても、
自分だけの花粉では、結実が十分にできない、ということなんです。
同じ梅の木でも、異なる品種の梅の木をいっしょに植えてやると、
たくさんの実を付けるようになります。
 私も、知らなかったころは、自分の庭での栽培も、
思うようにはいきませんでした。

 

梅の花の写真です。梅の花(2022.2.11)

 日だまりのところが、少し咲き出してきました。

公園の近くの直売所と、ラーメン店

 公園のお隣には、農産物を販売する「ぽんぽこ」という、
かわいい名前の直売所があります。

 ここの「鯉の洗い」が新鮮で美味しいです。

 そして、とりたて野菜もたくさん売られています。

 生き物が好きな私が、つい買ってしまったのは・・・!パックに入れられた生きたドジョウの写真。
 パックイン「活どじょう」です。

名  称:活どじょう  原材料名・どじょう(群馬県産)
内容量 :100g    消費期限:21.2.XX
保存方法:直射日光を避け、冷暗所で保存してください。
(以下、加工者の氏名と住所の記載あり)

 丁寧な表示にも感動してしまいました。それに加えて、
栄養成分表示(100g当たり)もあったんです。

熱  量 :79kcal  たんぱく質:16.1g
脂  質 :1.2g   炭水化物 :0g
食塩相当量:0.2g   カルシウム:1100mg(推定値)

 やはり、推定値とは言え、カルシウムがすごそうですね!

 飼育が目的なんですけど!

 ごめんなさい、あまりに、この表示に目がとまってしまったので。
(子どものころ、よく食べました。
おかげで丈夫な体になれたのかもしれません)

 おいしいラーメン店「独楽」へ!

 直売所の前の道をはさんだ相向かいに、
「独楽」(こま)というユニークな名前のラーメン店がありました。
館林なのに、なぜか「佐野ラーメン」風で、
とても、さっぱりとした味わいでした。(醤油ラーメン:670円くらい)
 店長のおすすめは、大きめ特製餃子です。

 その後、帰宅して、さっそく「活ドジョウ?」を
水槽に放流!? 小さな水槽ですが、元気に泳いでいます。

 どうぞ、みなさんもお越しくださいね!

 そして、よろしかったら、
館林市の観光スポット「つつじが岡公園」の珍しいウツジ
御覧ください。

 館林市の「里沼」、人里近くで、
人々の暮らしと深く結びついているようすを
肌で感じることができた一日でした。

 春になると、白鳥たちは、北の国へと旅立ちます。
その前に、一目、白鳥たちの姿をご覧くださいね。

 最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。