野外活動

栃木県足利市の「田崎草雲美術館」へ行こう!

草雲美術館の入り口の写真です。

足利観光スポット!の一つ、「草雲美術館」は、
桜の名所である足利公園のお隣にあります。

田崎草雲(たざきそううん)は、
幕末から明治にかけて活躍した旧足利藩士、
南画家(1815~1898)です。

「そう言えば、足利学校にも、
田崎草雲の名前があったよね」

(足利学校の書籍の保存や学校存続に
多大の貢献を果たしました)

「そうそう、足利商工会議所内の〈まち歩きミュージアム〉でも
1番目に紹介されてたよ」

「でも、美術館はどこにあるの?」

「渡良瀬橋ブログ」に訪れてくれたあなたに、
「草雲美術館」の魅力を御案内します。

* 当ブログ内の写真は、すべて掲載許諾済みです。

【草雲美術館の基本情報】

所在地 〒326-0816 足利市緑町2丁目3768番地
電 話 0284-21-3808
開館時間
休館日
午前9時~午後4時
毎週月曜日(祝日の場合その翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
その他(館内整理日)
入館料
*特別展示期間中は、無料
個人(一般・高校生)210円
団体(20名以上)  160円
中学生以下     無料
アクセス 北関東自動車道 足利ICから約20分
太田桐生ICから約20分
東北自動車道 佐野藤岡ICから約30分
東武伊勢崎線足利市駅から約2.5km 徒歩約35分
JR足利駅から約3km 徒歩約45分
画室・茶室 画室・茶室の御利用は、公式HPでも御確認ください。
駐車場 草雲美術館駐車場 乗用車:約10台
足利公園駐車場 乗用車:約10台
大型バスは、事前にお問い合わせを。

*駅から徒歩や、レンタサイクルでお越しの際は、
足利観光スポット!「渡良瀬橋」⇒「八雲神社」
⇒「草雲美術館」徒歩ルート
を御覧ください。

【草雲美術館『四季山水図』特別展示】

草雲美術館特別展示のポスターの写真です。草雲美術館特別展示のポスター

<草雲美術館特別展示・入場無料>
円熟期の最高傑作
『四季山水図』初公開

◎2021年10月22日(金)~24日(日)
◎午前10時~午後4時

主祭:画聖草雲会
後援:足利市教育委員会

[四季山水図 田崎 草雲(そううん)]

田崎草雲「四季山水図」の写真です。田崎草雲『四季山水図』

田崎草雲円熟期の傑作「四季山水図」が
足利市で初公開されました。
(2021.10.22~10.24)

「四季山水図」は、今年の初め、
栃木県立美術館で開かれた企画展
「栃木県における南画の潮流」に出展されました。

このほど、所有する画商が、200万円で購入者を
募っていたことで、「画聖草雲会」の亀田浩三
(かめだこうぞう)会長(74)らが即決購入しました。

<草雲『四季山水図』(春)>

草雲『四季山水図』(春)の写真です。草雲『四季山水図』(春)

四季山水図(春)楳花書屋(ばいかしょおく)図

「楳花書屋」とは、梅の花が咲く春の書屋(書斎)を
高士(志の高い人など)が訪問する場面を描いた作品です。

「於蓮岱画屋(おいてれんだいがおく)草雲」の
落款(らっかん=記名など)があり、その下に「艸云」の
朱文ひょうたん形印、並びに「甘踏虎尾」の白文方印が
押されており、明治15年におこなわれた第一回内国絵画共進会で
銀印を受賞した以降の作品であることがわかります。

書屋の前にある松の見事な枝ぶり、盛り上がるような岩山の表現、
遠方の川や山の描き方など、墨の濃淡を駆使して見事に描かれて
います。

<草雲『四季山水図』(夏)>

草雲「四季山水図」(夏)の写真です。草雲『四季山水図』(夏)

四季山水図(夏)高士観爆(こうしかんばく)図

「高士観爆」とは、夏の山中にある書屋から高士が滝をながめ
ている場面を描いた絵画です。「倣清人之筆意 草雲」の落款が
あり、中国清の時代の画家の描き方に倣ったとしており、江戸時
代以来の絵画の描き方を踏襲したものです。

落款の左側に押された印は、「白石生」の朱文方印並びに「白石子」
の朱文三連円印です。

山は陰影をつけて立体感を感じさせ、書屋奥に落ちる滝は墨を抜く
ことで表現し、周囲の山々との対比で見事な奥行が感じられます。
夏のさわやかさが伝わる絵画です。

<草雲『四季山水図』(秋)>

草雲『四季山水図』’秋)の写真です。草雲『四季山水図』’秋)

四季山水図(秋)白雲紅樹(はくうんこうじゅ)図

紅葉に染まる山中に高士がたたずみ、山間に白雲が
立ち上る場面を描いた作品です。「写於白石山房 草雲生」
の落款があり、白石山房において描いたものです。

落款の下には「艸雲仙史」の朱文方印並びに「足利浪人」
の朱文方印が押印されています。

ゴツゴツした岩、沸き立つ白雲の生き生きとした表現に、
新時代の南画として脱皮した草雲の真骨頂を感じることが
できます。

<草雲『四季山水図』(冬)>

草雲『四季山水図』(冬)の写真です。草雲『四季山水図』(冬)

四季山水図(冬)寒山行旅(かんざんこうりょ)図

「寒山行旅」図は、雪が降り積もった山中の書屋を
高士が訪問する場面を描いた作品です。

「倣白石老人之筆意 草雲生」の落款があり、その下に
「小洞賓」の白文方印並びに「幾箇師見是支天」の朱文
方印が押されています。

雪をかぶった山の間の渓谷は、薄墨で奥行きを表現し、
手前に雪をつけた木々を配することで、遠近が際立ちます。

雪山の静謐(せいひつ=静かで落ち着いていること)な空気
が伝わってくるかのような絵画です。

四季の絵画それぞれ違う落款が書かれ、印が押されています。

[四季山水図 金井 烏州(うじゅう)]

烏州『四季山水図』の写真です。烏州『四季山水図』

金井烏州『四季山水図』です。

金井 烏州(うじゅう)
1796(寛政8年)~1857(安政4年)

烏州は、上州佐位郡島村(現在の群馬県伊勢崎市境島村)
に生まれました。

谷 文晁(ぶんちょう)(1763~1840)に師事し、
草雲の遠縁にあたり、草雲の若い頃、画の手ほどきをしたと
伝えられています。

画聖草雲会会長 亀田浩三氏は、
「草雲の山水画との違いを見比べて楽しんでください。
 描き方、表現の仕方に、お互いの個性が感じられます」
と述べています。

また、草雲と烏州の『四季山水図』の組み合わせは、
本邦初と言っていい、貴重な組み合わせ、とも。

<烏州『四季山水図』(春)>

烏州『四季山水図』(春)の写真です。

<烏州『四季山水図』(夏)>

烏州『四季山水図』(夏)の写真です。

<烏州『四季山水図』(秋)>

烏州『四季山水図』(秋)の写真です。

<烏州『四季山水図』(冬)>

烏州『四季山水図』(冬)の写真です。

【草雲美術館 草雲の弟子たち

草雲の弟子たちの作品の写真です。草雲の弟子たちの作品

草雲の弟子、岸浪柳渓(きしなみりゅうけい)と
小室翠雲(こむろすいうん)の作品です。

<柳渓『寒林牧童』>

柳渓『寒林牧童』の写真です。柳渓『寒林牧童』

岸浪柳渓(きしなみりゅうけい)
1855(安政2年)~1935年(昭和10年)

柳渓は、江戸下谷豊住町に生まれ、後に
群馬県館林市に移り、田崎草雲・福島柳圃
を師として南画を学びました。

小室翠雲とは兄弟弟子で、日本南宗画会の
会員審査員などを勤めました。

正統派の南画を継承した「秋景山水」です。
柳渓78歳の作品ですので、亡くなる2年前の
画です。落ち着いて、穏やかな筆捌きが老成
な感じを受けます。

作品は、実にしっかりした隙(すき)のない
絵です。大正・昭和期に最後の南画家ともいえる
忠実な山水画を描き、性格の律儀さと優しさが
そのまま絵に顕れています。

亀田浩三 明治・日本画の巨匠『田崎草雲』
-人物と業績-随想舎 より

<翠雲『秋景山水図』>

翠雲『秋景山水図』の写真です。翠雲『秋景山水図』(1911:明治44年 作)

小室翠雲(こむろすいうん)
1974(明治6年)~1945(昭和20年)

翠雲は、群馬県館林市の生まれで、
名は、貞次郎、晩年「長興山人」と号しました。

柳渓と同じく、田崎草雲・福島柳圃に師事します。
日本南画院の中心として活躍し、大正・昭和と日本
南画を代表しました。

昭和19年(1944)最後の帝室技芸員となり、
奇しくも師の草雲とは、最初と最後の帝室技芸員
となったのでした。

【田崎草雲 書籍の御案内】

書籍「田崎草雲」の写真です。明治・日本画の巨匠「田崎草雲」-人物と業績-随想舎 [定価]本体1,300円+税

画聖草雲会会長 亀田 浩三 著

今回の特別展示におきまして、亀田浩三会長による、
丁寧な御案内をいただきました。

亀田会長は、足利市旭町で、「珈琲 蔵」
「焼きたてパン工房 蔵」のオーナーでもあります。

《元治元年(1864)に建てられた蔵です。
 ゆったりとコーヒータイムを、おすごしください》

明治・日本画の巨匠「田崎草雲」-人物と業績-は、
田崎草雲の画業や人となり、画聖草雲が目指したものなど、
広い視点に立った専門的でありながら、
なお、わかりやすく解説されている書籍です。

【白石山房 草雲の居宅と庭園】

草雲の居宅の写真です。田崎草雲の居宅

足利市重要文化財(史跡)
「白石山房」(はくせきさんぼう)
 面積4,136㎡
 昭和44年3月31日 指定

草雲居宅(庭園を含む)は、田崎草雲が
明治6年に「蓮台寺」跡を買い求め、明治11年、
64歳のとき家屋の完成をみました。

居室を「現田農舎」(げんでんのうしゃ)といい、
2階を画室に使用していましたが、晩年になってから、
階段の昇降の不自由さを感じたので、東側に平屋建ての
画室をつくり、ここを蓮台画室と称しました。

アトリエは、木造ワラぶき二階建てで、
階上(十畳と六畳)を画室として使っていました。

草雲 蓮台画室の写真です。蓮台画室

明治31年、84歳で没するまでの作品の大部分が、
蓮台画室で描かれました。

画室は、皇居の御杉戸=四図八枚=を描くため、
居宅の東側に(平屋建て)増築されました。

居宅前の碑「白石山房」の写真です。居宅前の碑「白石山房」

 

門の扁額「白石山房」の写真です。門の扁額(へんがく)「白石山房」

なお、白石山房の白石とは、草雲出自のとき、
母が白い碁石を飲む夢を見て、その吉兆に因む
ものといわれています。

足利市教育委員会

草雲のアトリエ「白石山房」は、明治6年から工事が進められ、
同11年、草雲が64歳の時に完成しました。

草雲が、瑞白と名乗ったり、白石子、三白翁の雅号を使ったり、
アトリエに白石の名を冠したのは、草雲の母ます・・から、
自分の出生について聞かされていたためでしょう。

草雲 白石山房「茶室」の写真です。白石山房「茶室」

 

庭園内の東屋の写真です。庭園内の東屋

<画室と茶室の利用案内>

使用時間 午前9時から午後4時まで
*草雲美術館開館日の限ります。
 料 金
使用料 画室 午前9時から正午まで
午後1時から午後4時まで
2,420円
3,300円
 〃  茶室 午前9時から正午まで
午後1時から午後4時まで
1,650円
2,420円
お申し込み・
お問い合わせ
草雲美術館
足利市緑町2丁目3768番地
TEL/FAX 0284-21-3808
Eメール: souun@rhythm.ocn.jp
〃 足利市教育委員会事務局・文化課 足利市本城3丁目2145番地
TEL 0284-20-2230
FAX 0284-21-1005
Eメール:bunka@city.ashikaga.tochigi.jp

<阿部茶村(あべちゃそん)の碑>

阿部茶村の碑の写真です。阿部茶村の碑

阿部t茶村(1830~1903)は、田崎草雲の門人として、
45年間仕えた人物です。享年73歳でした。

碑文は、歌人の海上片片(うながみたねひら)の作です。
本碑は、大正元年(1911)に制作されました。

亀田浩三『田崎草雲』によると、阿部茶村は、

草雲の弟子というほどの画力はありませんが、
弟子というよりも、草雲の許を離れず、
気の置けない飲み友達、苦楽を共にして、
草雲にとっての息抜きのような人物。

と記しており、草雲にとって、かけがえのない
人物の一人だったことを物語っています。

田崎草雲の墓の写真です。田崎草雲の墓 足利市「長林寺」

 

最後になりますが、特別展を鑑賞できたこと、
心から感謝いたします。

画聖草雲会会長 亀田浩三氏をはじめ、
関係者の皆様にお礼を申し上げ、本稿を終えます。

ありがとう、ございました。

草雲美術館庭園の写真です。草雲美術館庭園

足利市内の美術館については、
足利市内の美術館 おすすめ5選【まとめ】刀剣乱舞「山姥切国広」他
を御覧ください。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。