おすすめ「自然いっぱいコーナー」

足利市の美術館5選:足利市立美樹館、栗田美術館など【まとめ】

刀剣乱舞のポスターの写真です。

 足利市内には、多くの史跡がありますね。
それだけ、めったに御覧になれない所蔵品も
数多く存在するんです。

 しかし、厨子(ずし)や、お堂の扉が
特別の時にしか開かない、など、
「せっかく参拝したのに、残念!」
と感じたことはありませんか。

 その点、美術館や博物館では、企画展や展覧会の
テーマに沿った展示を観覧することができますよね。

 これから御紹介する美術館では、当ブログのテーマのように、
「人々が日常生活のなかで」美術と「身近にふれあう」ことが
できることをコンセプトとして、皆様をお待ちしております。

 きっと、興味あるテーマに出逢うことができるでしょう。

 ぜひ、あなたも「刀剣ファン」それとも「炭治郎」になってみませんか。

【足利市立美術館】

足利市立美術館の写真です。足利市立美術館

 

<足利市立美術館 基本情報>

正式名称 足利市立美術館
(あしかがしりつびじゅつかん)
所在地 〒326-0814
足利市通二丁目14-7
電話
FAX
0284-43-3131
0284-43-3133
URL http://www.watv.ne.jp/ashi-bi/
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日 ● 月曜日(祝日、振替休日を除く)祝日・振替え休日の翌日(土・日曜日を除く)
● 年末・年始 このほか、展示替えのための臨時休館日があります。
観覧料 ● 展覧会により異なります。
● 20人以上の団体は、2割引になります。
●中学生以下は、すべての展覧会が無料になります。
●「あしかがいきいきパスポート」、「障がい者手帳」をお持ちの方は観覧無料です。
●毎月第3日曜日は、「家庭の日」として、中学生以下のお子さんを同伴の家族は無料です。
アクセス JR両毛線 足利駅:徒歩7分
東武 足利市駅:徒歩7分
北関東自動車道 足利IC:約15分
北関東自動車道  太田桐生IC:約20分
東北自動車道 佐野藤岡IC:約30分
市内各路線バス「美術館前」下車
駐車場 美術館広場駐車場(無料)
美術館駐車場(徒歩2分。無料)
足利学校東駐車場(徒歩5分、無料)
たかうじ君広場駐車場(徒歩4分、無料)
特記事項 ● 展示室内の温度は、作品保護のため年間を通して定温に保たれております。したがって、来館される季節によっては、肌寒く感じられることがありますので、あらかじめ上着などを持参いただけますよう御願いいたします。

<足利市立美術館の御案内>

足利市立美術館入り口の写真です。足利市立美術館入り口

足利市立美術館は、平成6年(1994)4月に
開館しました。

市街地のほぼ中央に位置し、市の管理運営する
集合住宅と併設されています。

「人々が日常生活のなかで、美術と身近にふれあい、
何かを感じ、考え、豊かな感性を育んでいく」

そんな文化の向上と、人づくりのコミュニティをめざします。

作品の収集や展覧会を通じて、足利および両毛地域の文化・
芸術活動を見つめると同時に、グローバルな美術の世界を

様々な視点からとらえ、その多様さ、奥深さ、そして
面白さを、時代や地域を問わず紹介していきます。

引用:足利市立美術館の御案内・パンフレットより

<足利市立美術館広場>

足利市立美術館前の彫刻の写真です。
美術館広場の彫刻
アリスティード・マイヨール
《着衣のポモナ》1921

アリスティード・マイヨール
(Aristide Bonaventure Jean Maillol)
1861年12月8日-1944年9月27日

19世紀から20世紀前半に活躍した
フランスの彫刻家、画家。

オーギュント・ロダン、アントワーヌ・ブールデル
とともに、近代ヨーロッパを代表する彫刻家の一人。

足利市立美術館 彫刻の写真です。美術館広場の彫刻

藤井浩佑
《若い男》1913

藤井浩佑
(FUJII , Koyu)
1882年11月29日-1958年7月15日

彫刻家。初名は「浩祐」。
1911年文展出品「鏡の前」から三等賞を
四度受賞。1950年日展運営会理事。

足利市立美術館 彫刻の写真です。美術館広場の彫刻

新井喜惣次
《立テル女》1953
新井貴美夫氏寄贈

新井喜惣次
(ARAI , Kisouji)
1893年3月12日-1988年1月28日

栃木県足利市生まれの彫刻家。
昭和9年第15回帝展に「槍投」で初入選。
昭和54年東京成徳短大名誉教授。
雅号として「孤巌」の号を用いました。

美術館広場のスロープの写真です。美術館広場のスロープ

 

美術館へのスロープの写真です。美術館へのスロープ

 足利市立美術館への入り口へは、
2箇所のスロープが用意されています。

美術と身近にふれあってほしい」という心が、
ここからも感じられる美術館です。

<足利市立美術館 展覧会のお知らせ>

<足利市制100周年記念特別展>

「戦国武将 足利長尾の武と美-その命脈は永遠にー」

会期:令和4年(2022)2月11日~3月27日
* 完全予約制 チケット予約は抽選制。
 予約は公式ホームページまで。

<主な展示作品>
作品名 説明 指定・所蔵
文選
(もんぜん)
中国南宋時代 国宝
史跡足利学校 蔵
観瀑図
(かんばくず)
狩野正信 作
(室町時代)
國重要文化財
大祥山 長林寺 蔵
刀銘「九州日向住國廣 作」 安土桃山時代
号 山姥切国広
(やまんばぎりくにひろ)
国広 作
個人 蔵
伏見板木活字
(ふしみばんもくかつじ)
16世紀~18世紀 京韻圓光寺 蔵
駿河板銅活字
(するがばんどうかつじ)
江戸時代 凸版印刷株式会社
印刷博物館 蔵
長尾政長像
(ながおまさながぞう)
室町~安土桃山時代
伝 長尾政長
大祥山 長林寺 蔵
脇指銘「日州住信濃守國廣作」 安土桃山時代
号 布袋国広
(ほていくにひろ)
国広 作
公益財団法人
足利市民文化財団
孔子坐像
(こうしざぞう)
室町時代 栃木県指定文化財
史跡足利学校 蔵
白鷹図
(はくたかず)
中国北宋時代
伝 徽宗(きそう)
足利市指定文化財
史跡足利学校 蔵
紺糸縅餓鬼胴具足
(こんいとおどしがきどうぐそく)
室町時代 大祥山 長林寺 蔵

徽宗(きそう):北宋の第8代皇帝。

足利市立美術館 特別展ポスターの写真です。
特別展ポスター
《塾に遊ぶ》 《乱世の祈り》

足利市立美術館 特別展ポスターの写真です。特別展ポスター

《智将の血脈》 《国廣再臨》

 堀川国広(ほりかわくにひろ):江戸時代後期の刀剣書
「古今鍛冶備考」(ここんかじびこう)の中で、「新刀の祖」
と位置付けられた名工。

 堀川国広は、山伏国広を鍛刀後、諸国を遍歴し、足利学校に
入学しました。同校で学ぶ一方、領主「長尾顕長」
(ながおあきなが)に仕え、足利でも作刀を続けました。

足利市立美術館 特別展ポスターの写真です。特別展ポスター

《武と美》 《武と学》

足利市立美術館 特別展ポスターの写真です。特別展ポスター

《武と悟》 《武と静》 《武と志》

* 足利学校でも、《足利学校打の刀剣》と題して、
「市制100周年記念特別展」が開催されます。

開催日:令和4年2月11日(金)~3月27日(日)
会 場:足利学校遺跡図書館

《足利学校打の刀剣》の詳細は、
日本遺産「足利学校」のみどころ!国宝を見に行こう!
を御覧ください。

【栗田美術館】

栗田美術館「正門」の写真です。
栗田美術館「正門」

<栗田美術館 基本情報>

正式名称 栗田美術館
(くりたびじゅつかん)
所在地 〒 329-4217 栃木県足利市駒場町1542
電話 0284-91-1026
開館時間 午前9時30分~午後5時
休館日 月曜日(祝日の場合翌日)
年末年始12月28日~1月2日
観覧料 一般1,250円/小中高生500円
団体20名以上20%割引
入場割引券等 事前にダウンロードして、必要事項を記入

割引券1枚で2名様まで20%割引
一般1,250円→1,000円
小中高生500円→400円

* 障害者手帳保持者と介護者の入館割引あり、窓口に相談してください。

アクセス あしかがフラワーパーク:500m 徒歩  7分

JR富田駅:650m 徒歩  9分
迫間自然観察公園: 1150m 徒歩15分

あしかがフラワーパーク駅:850m 徒歩11分

東武伊勢崎線足利市駅下車
タクシー利用: 15分

東北自動車道
佐野・藤岡インター:15分

北関東自動車道
佐野・田沼インターまたは、
足利インター: 15分

首都高速道路・箱崎インター
東北自動車道・佐野インター:60分

駐車場 普通車:350台 大型バス:10台
敷地内にあり(無料)
特記事項 開館時間の変更 臨時休館があります。事前に公式HPで御確認ください。

<栗田美術館の御案内>

駐車場と「大手門」の写真です、栗田美術館 駐車場と大手門

栗田美術館は、足利市の郊外にあり、3万坪の
景勝の地を有します。

自然を生かした山野草を中心とする作庭の中に、
本館、歴史館、無名陶工祈念聖堂、陶磁会館等が
屹立(きつりつ)し、また大手門、阿蘭陀館があります。

美術館の極めて大きな特色は、江戸時代(1603~1867)
肥前鍋島藩で生産された伊萬里、鍋島のみを展示している
点です。

これらの作品は、美しい日本の伝統文化や生活の中から
生まれたものです。

足利観光協会公式サイト 学び舎のまち足利 より

<栗田美術館 庭園>

美術館案内図の写真です。美術館案内図

 周辺は、足利市富田地区の赤松を主とした山林で、
自然を生かした丘の上にあります。

 美術館は、伊萬里、柿右衛門、鍋島を所蔵する
世界屈指の陶磁美術館です。

*   以下の御案内より、
 「栗田美術館入館のパンフレット」内にある案内図の
  建物番号を使用します。

大手門を入ったところの風景写真です。大手門を入ったところにある「ギャラリー⑭」

 大手門から入館すると、
古民家風のギャラリーがあります。

 ギャラリーの左方向に進みます。

本館①に向かう道の写真です。本館①に向かう道

 坂道を上ると、「万葉碑⑯」と
「お手洗い⑰」があります。

「万葉碑⑯」手前の坂道(右)を上ります。

見学順路を示す案内のある道の写真です。見学順路を示す案内のある道

 

栗田山荘⑱の写真です。栗田山荘⑱

 坂道を上ると、右手側に「栗田山荘⑱」が見えてきます。
山荘を過ぎて、「本館①」に向かいます。

「本館①」の写真です。
「本館①」

  本館に限らず、所蔵されている数々の名品を
これほどとなく間近で鑑賞できるのは、
「栗田美術館」ならではのことと、感激しました。

「資料館⑥」の写真です。「資料館⑥」

 資料館の鑑賞を終え、「歴史観②」に向かいます。

「歴史観②」の写真です。

「歴史館②」

「歴史観」展示室の写真です。「歴史館」展示室

 この展示室は、写真撮影が許されています。
多くの来館者の方々が、記念写真を撮っています。

伊萬里焼 大壺の展示室の写真です。

 

 

 

 

歴史観の最上階からの風景写真です。

登り窯の写真です。
登り窯㉘

 趣の深い「登り窯」があります。

「陶磁会館㉒」の写真です。「陶磁会館㉒」

陶磁会館には、喫茶室があります。

 喫茶室で、おいしいコーヒとケーキをいただいた後、
「阿蘭陀館」㉑(ミュージアムショップ)で、
来館記念のお土産を買いましょう。

 栗田美術館の詳細については、
「栗田美術館」と「あしかがフラワーパーク」はすぐ隣です!
をごらんください。

【草雲美術館】

< 2022 初春の展覧会 >

NEW YEAR EXHIBITION

《冬の草雲 冬》

令和4年1月8日(土)~ 3月21日(月・祝)

休館:毎週月曜日及び1月11日(火)、2月24日(木)
(3月21日は開館します)

草雲美術館の入り口の写真です。草雲美術館の表門

田崎草雲美術館の写真です。田崎草雲美術館

<草雲美術館の基本情報>

所在地 〒326-0816 足利市緑町2丁目3768番地
電 話 0284-21-3808
開館時間
休館日
午前9時~午後4時

毎週月曜日(祝日の場合その翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
その他(館内整理日)

入館料
*特別展示期間中は、無料
個人(一般・高校生)210円
団体(20名以上)  160円
中学生以下     無料
アクセス 北関東自動車道 足利ICから約20分
太田桐生ICから約20分
東北自動車道 佐野藤岡ICから約30分
東武伊勢崎線足利市駅から約2.5km 徒歩約35分
JR足利駅から約3km 徒歩約45分
画室・茶室 画室・茶室の御利用は、公式HPで御確認ください。
駐車場 草雲美術館駐車場 乗用車:約10台
足利公園駐車場 乗用車:約10台
大型バスは、事前にお問い合わせを。

田崎草雲(たざきそううん)は、幕末から
明治にかけて足利で活躍した文人画家です。

草雲美術館(そううんびじゅつかん)は、
草雲が描いた絵画や、遺品を収集、保存し、
一般に公開しています。

美術館設立にあたっては、足利在住の
故・鈴木栄太郎氏が、昭和43年に私費を投じて
草雲ゆかりの地、「白石山房」に建設しました。

館内には展示室のほか、遺品室・応接室などが
あります。

また、庭園には、草雲が生前暮らしていた
白石山房(はくせきさんぼう)と呼ばれる
2階建ての萱葺き住宅が残されています。

白石山房の隣には、茶室と画室もあります。

館内の展示は、美術館所蔵品を中心に、
2ヵ月に1度、展示替えが行われ、草雲の作品を
中心に紹介しています。

足利市公式ホームページ より 

<草雲美術館 庭園>

草雲美術館 庭園の写真です。草雲美術館 庭園

 

草雲の居宅 白石山房の写真です。草雲の居宅 「白石山房」:「硯田農舎」

足利市重要文化財(庭園を含む)
昭和44年(1969)3月31日指定

 萱葺きの2階建て、明治11年に建てられました。

白石山房:本来は敷地全体を呼称します。
硯田農舎(けんでんのうしゃ):硯(すずり)を
田んぼにたとえた画室。

草雲 蓮台画室の写真です。蓮台画屋

 明治20年に画室として建てられました。

草雲 白石山房「茶室」の写真です。茶室

<草雲美術館 展覧会>

草雲 墨梅図の写真です。墨梅図(ぼくばいず)

《墨梅図》田崎草雲 加藤梅翁

紙本墨画(しほんぼくが)双幅 135.2×56.8
制作年/所蔵 明治・江戸 草雲美(21・22)

草雲 木版画の写真です。《生写四十八鷹図》

(しょううつししじゅうはちたかず)
 田崎草雲筆

多色木版・版本 36.5×24.5
制作年/所蔵 安政6年(1859)草雲美(44)

田崎草雲の碑の写真です。田崎草雲 顕彰碑

 白石山房の前に立てられた「草雲画伯田崎君碑}
碑面の書は、小野湖山により、背景に小室翠雲の
梅が配されています。

草雲美術館の詳細については、
栃木県足利市の「田崎草雲美術館」へ行こう!

「渡良瀬橋」⇒「八雲神社」⇒「草雲美術館」徒歩ルート
を御覧ください。

【竜泉寺 美術館】

< 2022 新春展 >

NEW YEAR EXHIBITION
若冲・應擧・大観・棟方

令和4年新春展 331日迄

1月31日迄無休 2月1日より月曜休館

竜泉寺 表門の写真です。竜泉寺 表門(山門・仁王門)

 

竜泉寺本堂の写真です。竜泉寺本堂

 

竜泉寺美術館の扁額の写真です。竜泉寺美術館の扁額

 竜泉寺美術館の入り口は、本堂の階段を上がり、
右側にあります。美術館は、本堂の地下室です。

<竜泉寺 美術館 基本情報>

正式名称 竜泉寺 びじゅつかん
(りゅうせんじびじゅつかん)
所在地 〒326-0044
足利市助戸1丁目652
電話 0284-41-5685
ホームページ http://ryusenji.net/museum
開館日・時間 火曜日~祝日 10:00~16:00
(最終受付15:30)
定休日 月曜日(企画展開催期間を除く)
入館料 500円
*「竜泉寺美術館友の会」会員は、年間フリーパス(企画展も含む):年会費 1,000円
* 御朱印をたのまれた方は、御朱印ができあがる間、無料で観覧できます。
(2022.1.24現在:電話確認済み)
アクセス JR足利駅:徒歩20分
東武足利市駅:徒歩30分
北関東自動車道 足利IC:10分
北関東自動車道太田桐生IC:25分
東北自動車道 佐野藤岡IC:20分
駐車場 無料(表門前):100台
特記事項 *通用門(県道67号線)側に駐車場はありません。

竜泉寺美術館は、2005年に開山800年の記念行事として
美術展覧会を開催して以来、大型連休の3日間のみ展覧会を
開催していました。

その活動に対して、常設展示の希望があがり、現在では、
美術館を改装し、棟方志功、俵屋宗達、伊藤若冲。横山大観、
川合玉堂などの絵画や書、仏像を常設展示する他、様々な
企画展を開催しています。

高久靄崖 水墨画の写真です。高久靄崖 水墨画

《雪山行旅図画賛》
高久靄崖(たかくあいがい)
1796-1843
江戸時代後期の文人画家。

竜泉寺 棟方志功「華厳」の写真です。棟方志功《華厳》

鑑定登録番号第ショ214号
1949年1月18日書 ’志功49歳の書)

竜泉寺 ポストカードの写真です。竜泉寺 オリジナルポストカード(販売中)

竜泉寺美術館 所蔵品
伊藤若冲 《庭鳥 双幅》

 竜泉寺美術館についての詳細は、
足利七福神めぐり「自転車東:4時間コース」
5 ②【竜泉寺】<竜泉寺 美術館>
を御覧ください。 

【大久保分校スタートアップミュージアム】

大久保分校校舎の写真です。大久保分校スタートアップミュージアム

 2022年4月に開館した美術館です。

 美術館は、閉校となった足利市立毛野小学校の
分校校舎を活用した、ノスタルジックな美術館です。

カフェの写真です。ミュージアムないにあるカフェ&ショップ

 

オリジナル作品の写真です。オリジナル作品販売

<大久保分校スタートアップミュージアム 基本情報>

名称 大久保分校スタートアップミュージアム
(略称 OBSM)
O:okubo
B:branch(分校)
S:startup
M:museum
所在地 〒326-0012
栃木県足利市大久保町126
電話・EMail等 つくりえ- TSUCULIE -
0284-22-7868
okubo.museum.0421@gmail.com
一般財団法人おもい・つむぎ財団
0284-43-8913
https://www.omoi-tsumugi.org/
開館日 毎週、金・土・日・祝日
工房のみ月・木も開館
開館時間 10:00~17:00
休館日 毎週火・水
お盆(8/13~15)
年末年始
入館料 無料
アクセス JR両毛線 あしかがフラワーパーク駅
:車5分 徒歩29分
足利市生活路線バス富田線
「大久保川崎入口」下車:徒歩15分
北関東自動車道 足利IC:16分
東北自動車道佐野藤岡IC:27分
駐車場 あり(無料)
特記事項 お問い合わせ・ワークショップ申し込み
上記、つくりえ- TSUCULIE -まで
大久保分校スタートアップミュージアムの展示室の写真です。大久保分校スタートアップミュージアムの展示室

 旧大久保分校は、1660平方メートルの敷地に、
1929年(昭和2年)に建てられた床面積307平方メートルの
木造平屋の校舎です。

 2001年の閉校になる以前は、足利市立毛野小学校の
1~3年生の内、大久保町、川崎町に在住する児童が
通学していました。

 大久保分校スタートアップミュージアムの詳細は、
足利市内の美術館:大久保分校スタートアップミュージアム・OBSM
を御覧ください。

 最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。