野外活動

足利市内の美術館:大久保分校スタートアップミュージアム・OBSM

校庭から見た大久保分校の校舎の写真です。

 〈大久保分校スタートアップミュージアム(略称OBSM)〉は、
栃木県足利市にある2001年に閉校となった
足利市立毛野小学校大久保分校を改築し、
2022年4月に「現代アートの美術館」としてオープンしました。

【なつかしい大久保分校の校舎】

大久保分校校舎の写真です。大久保分校校舎

 旧大久保分校は、1660平方メートルの敷地に、
1929年(昭和2年)に建てられた床面積307平方メートルの
木造平屋の校舎です。

 2001年の閉校になる以前は、足利市立毛野小学校の
1~3年生の内、大久保町、川崎町に在住する児童が
通学していました。

【大久保分校スタートアップミュージアム】

<ミュージアムのエントランス>

ミュージアムの入り口の写真です。ミュージアムの入り口

 校舎の昇降口が、美樹館の入り口になっています。

ワークショップの案内の写真です。ワークショップの案内

 本日のワークショップは、「シルクスクリーン体験」です。

<ミュージアム館内の案内>

ミュージアム内の案内図の写真です。ミュージアム館内の案内図

 美樹館内には、入口側から、
分1(ブンイチ)~分3(ブンサン)という
それぞれ異なる3教室があります。

 教室廊下側の吊り看板が目印です。

 各教室内へは、御自由にお入りになって御覧いただけます。

教室銘 室名
分1(BUNICHI) 受付/事務室
ショップ・大久保茶館(カフェ)
分2(BUNNI) 展示室
分3(BUNSAN) 工房

* 分2(展示室)+分3(工房)スペースの愛称:つくりえ -TSUCULIE- は、
 一般公募によって決定されました。

<分1(BUNICHI)>

カフェの写真です。カフェ & ショップ
 ミュージアム入り口から、1番目の教室が<分1>です。

 <分1>教室には、受付・事務室・ショップ・カフェがあります。

<ショップ>
木彫作品の写真です。木彫作品(木村俊也 作)

 

木彫作品の写真です。
木彫作品の写真です。木彫「トリックスター」(浅野暢晴 作)

 

木彫作品の写真です。
木彫作品の紹介文の写真です。木彫作品の紹介文

 

オリジナル作品の写真です。オリジナル作品

 オリジナルトートバック、巾着袋、ステッカー、
画集など、各作家による作品が販売されています。

 ショップでは若手アーティストや、
展示作家の作品、地元ゆかりの商品が販売されています。

<カフェ《大久保茶館》:茶禅花>
カフェの写真です。カフェ

 大久保茶館は、足利出身の
川田智也(東京南麻布「茶禅華さぜんか」オーナーシェフ)、
吉野慶一氏(京都に拠点を置くチョコレートブラント
Dari Kダリケー」代表)の監修による中国茶、チョコレートが
提供されています。

茶禅華:ミシュランガイド東京の三つ星中国料理店。

ミュージアム内の喫茶コーナーの中国茶の写真です。オリジナル中国茶 & オリジナルチョコレート

 

カフェのメニューの写真です。です。カフェのメニュー

 

<分2(BUNNI)>

<展示室>

大久保分校のj教室の写真です。
大久保分校の分2:展示質
 大久保分校スタートアップミュージアム〈OBSM〉は、
昔なつかしい木造平屋建ての教室や廊下を生かし、
展示とワークショップなどを行う工房です。

* OBSM:一般財団法人おもい・つむぎ財団が運営しています。

<分3(BUNSAN)> 

<工房:アート体験の場と、交流の拠点として>
シルクスクリーンのワークショップの写真です。シルクスクリーンのワークショップ

 

大久保分校内の工房の写真です。
工房
 若手アーティストへの展示機会が提供されます。

 シルクスクリーンなど、版画を中心とした
制作体験ができるスペースで、
定期的にワークショップが開催されています。

 地元足利でもアートに触れたい人が、
”みる” ことも ”つくる”こともできる、さまざまな
アート体験ができる場所となり、交流の拠点となることを
目指しています。

 なお、展示室においては、若手アーティストや、
おもい・つむぎ財団のコレクションによる、
年間約6本の企画展が開催されます。

 工房〈つくりえ - TSUCULIE -〉は、分2展示質と
分3工房をメインスペースとしています。

大久保分校内の廊下の写真です。廊下に展示された児童の作品

 子どもたちへの本格的な制作体験が
提供されています。

地元児童による作品の写真です。地元の児童たちによる作品

<ミュージアム〈OBSM〉基本情報>

名称 大久保分校スタートアップミュージアム
(略称 OBSM)
O:okubo
B:branch(分校)
S:startup
M:museum
所在地 〒326-0012
栃木県足利市大久保町126
電話・EMail等 つくりえ- TSUCULIE -
0284-22-7868
okubo.museum.0421@gmail.com
一般財団法人おもい・つむぎ財団
0284-43-8913
https://www.omoi-tsumugi.org/
開館日 毎週、金・土・日・祝日
工房のみ月・木も開館
開館時間 10:00~17:00
休館日 毎週火・水
お盆(8/13~15)
年末年始
入館料 無料
アクセス JR両毛線 あしかがフラワーパーク駅
:車5分 徒歩29分
足利市生活路線バス富田線
「大久保川崎入口」下車:徒歩15分
北関東自動車道 足利IC:16分
東北自動車道佐野藤岡IC:27分
駐車場 あり(無料)
特記事項 お問い合わせ・ワークショップ申し込み
上記、つくりえ- TSUCULIE -まで

 ミュージアム(OBSM)周辺の地図は、こちらです。

<金子未弥〈つくりえ - TSUCULIE -〉第1回展示会>

金子未弥の作品の写真です。

「コスモスが咲いたら
 花束を作って
 誰か知らない人に渡してください。」

 金子 未弥(KANEKO Miya)

 2022年4月22日(金)~6月12日(日)

大久保分校スタートアップミュージアム
〈つくりえ - TSUCULIE -〉第1回目の展示は、
金子未弥による「コスモスが咲いたら花束を作って
誰か知らない人に渡してください。」を行います。

 金子は、近年「記憶」から「都市」を描き出す作品を
多く手掛けています。

 本展示を行うにあたり、金子は足利に滞在し、
大久保分校卒業生にインタビューを実施。

 語られた想い出をもとに、教室のなかに日時計を
制作しました。

教室につくられた日時計の写真です。教室内に設けられた「玉入れかごの日時計」

 

日時計の写真です。竹馬日時計

 

日時計の写真です。椅子日時計

 

日時計の写真です。コンパス日時計

 

日時計の写真です。楠の苗木日時計
日時計の写真です。虫眼鏡日時計

 

机に記された詩歌の写真です。机に刻まれたフレーズ

 日時計で影を作るのは、玉入れのかご、竹馬、
コンパス、くすのきの苗木、虫眼鏡など。

 これらは、卒業生との対話のなかに登場した、
多くが実際に分校で使われていたものです。

 作品の一部、窓際に置かれた机の表面には、
あるフレーズが刻まれています。

 このフレーズは、分校近所の家に咲いていた
コスモスを摘み取り、家人にプレゼントしたつもりが
怒られてしまったという、ほろ苦いエピソードがもとになり、
今回の展示タイトルにもなりました。

校庭の一画を囲んだメッセージの写真です。校庭の一画を囲んだメッセージ

 

校庭の一画を囲んだメッセージの写真です。

かつての在校生に流れていた、分校で過ごした
それぞれの時間が金子の作品で、ひとつのかたちで
表されています。

新しくミュージアムとして、時を刻み始めた教室の中で、
さまざまな時間を感じてみてください。

金子未弥  〈つくりえ - TSUCULIE -〉
第1回展示会パンフレット より

金子未弥 略歴

○ 1989年神奈川県生れ
○ 2017年多摩美術大学大学院美術研究科
 博士後期課程終了
○ 「KYOTO STEAM 2022国際アートコンペティション」
(京都市京セラ美術館、京都、2022年)
○ MIND TRAIL 奥大和 心の中の美術館」
(奈良県天川村、2021年)
○ 「FUTURESCAPE PROJECT」
(象の鼻テラス、横浜、2021年)
○ 「黄金町バザール2021」
(京急高架下、横浜、2021年)
○ 「都市計画」
(BankART U35 2021,BankART KAIKO、横浜、2021年)
○ 「ラウンドテーブル2020 遊具-遊びをくすぐる-」
(KOCA、東京、2021年)

金子未弥 受賞歴

○ 2022年 KYOTO STEAM 2022国際アートコンペティション
准グランプリ
○ 2018年 ART IN THE OFFICE 2018 受賞
○ 2017年 Tokyo Midtown Award 2017
グランプリ受賞

【大久保分校を訪ねて】

大久保分校全景の写真です。大久保分校全景

 ミュージアムが開館する前々日に訪れてしまった筆者は、
幸いにも、ボランティアの武政喜一たけまさきいちさんにお会いすることが
できました。

 武政さんは、分校内、校庭の楠、裏庭にある
昔、地域で尊敬されていた医師の墓所などを
ていねいに案内してくださいました。

 武政さんをはじめ、スタッフ、アーティストの皆さん、
ありがとうございました。

<校庭の楠と飼育小屋>

大久保分校校庭の楠の写真です。校庭の楠

 校庭で、ひときわ存在感を示す楠。

 2抱え半ほどの太さがあり、武政さんによると、
「分校が建設される昭和2年より前からあったのでは」
とのことでした。

楠の若葉の写真です。楠の若葉

 

楠の根本から見た梢の写真です。楠の根本から見た梢

 楠の近くに寄ると、昔、木登りをしていた子どもたちの
元気な声が聞こえてくるような気がしました。

楠の下にあるウサギ小屋の写真です。楠の下にある飼育小屋

 楠の根本には、小屋がありました。

 きっと、飼育係の児童を中心に、
みんなでウサギを飼育していたのでしょう。

 大久保分校は、ジブリのアニメに登場する楠を
思い出させます。

トトロの帽子の写真です。トトロの帽子

 大久保分校スタートアップミュージアム(OBSM)近くの
「あしかがフラワーパーク」で販売されている帽子です。

 余談ですが、あまりにも可愛すぎて、
つい買ってしまいました。

<偉大な医師の墓所>

分校の裏庭にある偉大な医師の墓所の写真です。分校の裏庭にある偉大な医師の墓所

 分校の裏庭には、昔、貧しい人々のために
無償で治療したという医師の墓所がありました。

 当時、たいへん信望が厚かったことをうかがわせる
立派な墓所でした。

 残念ながら、碑文が風化しており、名前が分かりませんでした。 卒業生の皆さんや、御存知の方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、コメントをいただければ幸いです。

* カフェ「茶禅華」のマスター島田さんが、
  教えてくださいました。

 医師の名は、仁医 平塚承貞 氏でした。

 島田マスター提供の記事によると、平塚医師は、

慶応4年(1968)千葉佐倉の順天堂塾(じゅく)の
熟生名簿に、足利・平塚五朔の名があります。

当時の塾長 佐藤尚中は、安政4年(1857)カッテンダイケの
第二次オランダ艦隊の船医、ポンペの訓育をうけた名医です。

五朔は毛野の大久保の出身、この祖父が、人医の誉れ高い
平塚承貞です。

承貞は、鈴木千里に次いで足利に医術をもたらした人でしょう。

<中略> オランダ医学が苦難の道を歩み続けた江戸末期、
迫害にもめげず、信ずるところに従って、足利地方に蘭学を
浸透した承貞こそ、郷土の生んだ大先覚といえるでしょう。

人物風土記 ⑥ 信仰に生きた仁医 平塚 承貞 より

 貴重な資料をご提供いただいた島田マスターに、感謝いたします。

<分校橋>

分校橋の写真です。分校橋(尾名川右岸上流側より)

 大久保分校のすぐ前は、尾名川おながわが流れています。

 そして、川に架かる橋の名は、なんと「分校橋」でした。

分校橋の橋名板の写真です。分校橋の橋名板

 

分校橋の橋名板の写真です。

 橋名板の字体まで、いい感じで趣がありますね。

分校橋の写真です。
分校橋(尾名川右岸下流側より)
 思わず渡ってみたくなる橋です。

 そして、筆者のこだわりの一つ、「平仮名の橋名板」は?

分校橋の橋名板の写真です。分校橋の橋名板「おなかわ・・

 

分校橋の橋名板の写真です。分校橋の橋名板「ぶんこうはし・・

 川は、「がわ」ではなく「かわ」、
橋は、「ばし」ではなく「はし」となっていますね。

 橋によっていろいろですが、あえて濁点を使わないのは、
「川が氾濫したり、濁ったりしないように」という
建設者の願いが込められているからなんです。

 橋の関連記事は、
「渡良瀬橋」と「渡良瀬川」に架かる12の橋
を御覧ください。

尾名川から見た大久保分校の写真です。尾名川から見た大久保分校

 

尾名川の堤防に咲くタンポポの写真です。尾名川の堤防に咲くタンポポ

 ふと、足下を見ると、きれいなタンポポが咲いていました。

<大久保分校入り口>

ルート128沿いの横断歩道の標識の写真です。ルート128沿いの横断歩道の標識

 川崎町交差点の西方向、1番目にある交差点です。

分校橋に向かう道の写真です。分校橋に向かう道

 横断歩道のある小さな交差点を北に曲ると、
右手側に大きな楠が見えます。

分校橋のたもとの写真です。分校橋のたもと

 分校橋を渡ると、右側が大久保分校です。

 卒業生の皆さんはきっと、
なつかしく御覧になられたのではないでしょうか。

 大久保分校は、まさに昔の典型的な小学校の面影を
今なお残してくれているのです。

分校から見た両毛線を走る電車の写真です。分校から見た両毛線を走る電車

 

収穫期を迎えた麦畑の写真です。収穫期を迎えた麦畑(県道128号線より)

 大坊山と麦畑、「麦秋」という言葉が浮かびました。

 足利市内の美術館については、
足利市内の美術館:5選【まとめ】刀剣乱舞「山姥切国広」他
を御覧ください。

 最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

(下記コメント欄は、ニックネームのみでも送信可能です。
 コメントや御感想を心よりお待ちしております)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。