野外活動

足利 渡良瀬ウォーターパーク(わたらせビーチ)はリゾート気分!

グリーンプラザの北側にあるウォーターパークの写真です。

栃木県足利市にある大規模親水施設「渡良瀬橋ウォーターパークは、
小さなお子さんから大人まで、自然いっぱいの環境の中、
ちょっとしたキャンプやリゾート気分が味わえます。

夏になると、小さなお子さんがいる御家庭や、
実家に帰省したお孫さんのために、
ビニールプールを広げる光景をよく見かけます。

しかし、ビニールプールを利用する度に、
空気を入れたり、片付けたり。

大型プールになるほど、
作業もたいへんになりますよね。

それならば、水だけ入れ替えて、
プールは広げたままに・・・。

そして、夏が終わりプールを片付けてみると、
プールの下敷きになった芝生がすっかり枯れていた
なんてこともよくあることのようです。

ということで、本稿では気軽に利用できる
足利渡良瀬ウオーターパークについて、
地元足利から御案内いたします。

ぜひ、御家族みなさんでお越しくださいね。

【足利渡良瀬ウォーターパーク
(わたらせビーチ):概要】

足利渡良瀬橋ウォーターパークの写真です。足利渡良瀬橋ウォーターパーク(わたらせビーチ)

足利渡良瀬ウォーターパークとは、
「わたらせビーチ」と、福寿大橋下流側にある
「じゃぶじゃぶ池」(水深20cm)を含む
大型親水施設の総称です。

現在、施設や遊具の老朽化のため
「じゃぶじゃぶ池」と「サイクルランド」は
休園しています。

そのため、足利渡良瀬ウォーターパーク内で
利用可能な施設は、「わたらせビーチ」になっています。

この「わたらせビーチ」は、今年、7月16日(土)から
再開されました。

【わたらせビーチ】

わたらせビーチの写真です。わたらせビーチ

わたらせビーチは、遠浅のビーチ型の大型プールで、
砂浜を模した白いゾーンから、だんだんと水深が増し、
大人も楽しめる水深80cmのエリアへと続いています。

そのため、幼児から大人まで
十分に楽しめる施設になっています。

<わたらせビーチ基本情報>

「せせら」のあるグリーンプラザの写真です。エコアールグリーンプラザ(渡良瀬グリーンプラザ)

足利渡良瀬ウォーターパーク(わたらせビーチ)へは、
エコアールグリーンプラザが目印です。

「わたらせビーチ」は、エコアールグリーンプラザの前、
岩井町岩井分水路緑地内にあります。

名 称 足利渡良瀬ウォーターパーク
「わたらせビーチ」
所在地 〒326-0046
栃木県足利市岩井町465-1
(岩井分水路緑地内)
電 話 0281-40-1787
(エコアールグリーンプラザ)
FAX:0284-40-1788
開園日時 <2022年度>
7月16日(土)~18日(月 祝)
7月22日(金)~8月28日(日)
10時~16時
(例年は、9時30分~17時00分)
* 1部と2部による入替え制
1部:10時~12時30分
2部:13時30分~16時
休園日 木曜日
* 2022年8月6日(土)は
足利花火大会のため、2部は休園
* 2022年8月11日(木 祝)は開園。
8月10日(水)を休園。
利用料金 子ども:80円(中学生以下)
大人:220円
* 未就学児:無料
* 回数券:(6枚つづり)
大人用:1,100円 子ども用:400円
* 身障者:無料(同伴者2名を含む)
要身障手帳の提示
アクセス 北関東自動車道 足利IC:約20分
東北自動車道 佐野藤岡IC:約35分
JR両毛線 足利駅:徒歩 約20分
東武伊勢崎線足利市駅:徒歩 約30分
駐車場 約1,000台:無料
* グリーンプラザ東
グリーンプラザ南(堤防下)
福寿大橋下
* 福寿大橋下駐車場からは、
階段がなく、直接ビーチへ。
備 考 売店は、営業休止中。
注意事項 ・ 幼児の普通オムツでの利用不可、
水遊び用オムツの場合、必ず上から
水着を着用する。
・ 注意事項の詳細は、公式HPへ。
関連記事 わたらせ 川のふれあい館 足利子ども科学館「せせら」

<わたらせビーチ周辺地図>

<わたらせビーチ:駐車場>

渡良瀬グリーンプラザの写真です、エコアールグリーンプラザ(渡良瀬グリーンプラザ)

グリーンプラザ東の駐車場(15~20台)が満車の場合は、
プラザの建物前を福寿大橋方向へ直進し
橋の下をくぐり、突き当たりを右折し折り返すと、
プラザ南駐車場(堤防下)へ着きます。

プラザ南駐車場の写真です。プラザ南駐車場

グリーンプラザから南駐車場(堤防下)を見た風景です。

プラザ南駐車場の階段の写真です。プラザ南駐車場の階段

下車して、プラザに向かう階段を上ります。

<わたらせビーチ:階段がない駐車場は?>

橋の下のビーチ入口の写真です。橋の下のビーチ東入口受付

グリーンプラザ前を通過して直進すると、
突き当たりに案内板があります。

右へ折り返すと、プラザ南駐車場(堤防下)へ、
左に折り返し、福寿大橋の下に向かうと、
橋の下に駐車場があります。

橋の下にはビーチ東受付があって、この受付から入り、
直接ビーチに入場できます。

下車して、階段はなくバリアフリーです。

また、橋の下の東受付でも、利用券の購入が可能で、
シャワーも利用できますが、更衣室はありません。

そのため、自宅で水着を着用し、
遊泳後は、プラザまで車で移動して、
1階の更衣室を利用することも一考です。

簡易トイレも、橋の下のビーチ東受付の近くにあります。

<わたらせビーチ:券売機・更衣室>

「せせら」がある渡良瀬橋グリーンプラザの玄関の写真です。グリーンプラザの玄関(南)

南駐車場の階段を上ると、プラザの玄関に着きます。

玄関を入り、係員の指示に従い、手指消毒、
検温を済ませます。

入城券売機の写真です。利用券売機

利用券を購入し、更衣室に入ります。
(入水の有無に関係なく、入場のための利用券が必要です)

更衣室の前にはトイレがあります。

プラザ内更衣室の写真です。プラザ内更衣室(プラザ1階)

利用後、100円玉が返却されるロッカーがあります。

必要に応じて、ロッカーを御利用になると便利です。

なお、ビーチ内には、売店がありません

例年は、グリーンプラザ前に、おにぎり、お弁当、
かき氷などの売店が出店しますが、
現在(2022年)は、閉店しています。

日よけ用のテントやクーラーボックス(飲料水・弁当)などの
荷物を搬入することができます。
(ただし、飲酒は不可です)

持参品として、キャンプ用テーブル、クーラーボックス、
レジャーシート、ビーチサンダル、浮き輪などがあると快適です。

また、ビーチ内には、常設テラスやパラソルはありますが、
混雑時は、簡易テントがあると安心です。
(サンシェードテントの持ち込みが奨励されています)

わたらせビーチ:搬入したテントの写真です。
個人で搬入したテント(ビーチサイド)
ビーチサイドには、たくさんの簡易テントが
立ち並びます。

テントがあれば、着替えもできますよね。

わたらせビーチ:常設されているパラソルの写真です。常設されているパラソル(ビーチサイド)

ビーチパラソルが常設されています。

しかし、混雑時は空いているパラソルがない場合も
ありますので、お早めにお越しになることをお勧めします。

<わたらせビーチ:シャワールーム>

シャワールームの写真です。シャワールーム(プラザ1階)

更衣室を出るとシャワールームと、
ビーチに向かう通路があります。

ビーチに向かう出口の写真です。ビーチに向かう通路(プラザ1階)

ビーチに向かう通路は、シャワールームの
すぐ右隣にあり、シャワールームからも直接ビーチに
向かうことができます。

プラザ北側の写真です。プラザ北側(ビーチ側)

シャワールームから外へ出て、
プラザを振り返って見た風景です。

<わたらせビーチ:南入口階段>

ビーチに向かう階段の写真です。ビーチに向かう階段

シャワールームから直進して、プラザ前の道路を
横断すると、ビーチ南入口への階段があります。

階段を下りると、入口に係員がいてチケットを
確認します。(身障者手帳持参者は、ここで提示)

ビーチ再入場のために、係員が半券を渡してくれます。

スマホの防水ケースなどに入れておけば便利です。

<わたらせビーチ:ビーチサイド>

わたらせビーチサイドの写真です。わたらせビーチサイド

ビーチサイドには、各自が搬入したテントが
立ち並んでいます。

春と秋には、ビーチサイドでバーベキューも行えます。
(4月~6月、9月中旬~11月:プール開園期間を除く)

<わたらせビーチ:ビーチ内

<水深の浅いエリア>

ビーチ内の滑り台の写真です。ビーチ内の滑り台

水深が浅いエリア(プール東側)では、
幼児も安全に利用できます。

ただし、滑り台は水位が低い時は、
利用できない場合もあります。

わたらせビーチ:水深の浅いエリアの写真です。水深の浅いエリア

プール中央に、「ひょうたん島」があります。

「ひょっこりひょうたん島」のお話は、
ジージとバーバに聞いてくださいね。

ちなみに、筆者は、「ドン ガバチョ」や、
「ダンディーさん」なんて知りませんよ。

「博士君」や「ライオン君」も知りませんけど・・・!?

わたらせビーチ:大きな滑り台の写真です。大きな滑り台

数台の滑り台が設置されており、
安全確保のため、監視員がついています。

そして、滑る間隔のタイミングも、
ホイッスルで知らせてくれます。

<波のエリア>

わたらせビーチ:波のエリアの写真です。波のエリア

フェンスで囲まれたエリア内に、
大きなボールが浮かんでいます。

このボールが揺れると、波がたち、
その波がフェンスに当って、跳ね返る仕掛けになっています。

<沢のエリア>

わたらせビーチ:沢のエリアの写真です。沢のエリア

わたらせビーチの西端(岩井橋側)には、
沢のエリアがあります。

わたらせビーチ:沢のエリアを流れる水の写真です。沢のエリアを流れる水

まるで、「渡良瀬渓谷」を思い出される
雰囲気あるエリアになっています。

思わず、沢ガニを探したくなる感覚になります。

【わたらせビーチ:まとめ】

わたらせビーチ:滑り台の写真です。滑り台
わたらせビーチ

キャンプやリゾート気分で楽しめる
大型親水施設です。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。