野外活動

足利まちなか寺院:高福寺・法玄寺・三宝院の御案内

観光案内板:高福寺の写真です。

足利のまちなかに、主要な観光スポットを示す
『心の道しるべ』:回遊サインが設置されています。

『心の道しるべ』は、歩行者用の案内板ですが、
はじめて足利を訪れた方が御覧になって第一に思うことは、
「○○寺って、どんなとこ?」ですよね。

そこで本稿では、『心の道しるべ』で案内されている
足利まちなかの8つの寺院の内、今まで当ブログで
御紹介していなかった3つの寺院について御案内します。

すでに御紹介している5つの寺院について、
以下の表にまとめました。

関連する寺院の記事ごとにリンクを作成しましたので、
よろしかったら合わせて御覧ください。

寺院名 関連記事
鑁阿寺 国宝「鑁阿寺」:地元足利から御案内
「歴史と伝説の散歩道」
利性院(えんま堂) <足利市>利性院(閻魔堂)と堂裏にある六地蔵石幢(せきどう)
長林寺 足利七福神めぐり「徒歩最短:3時間コース」
5-③【長林寺】
常念寺 足利七福神めぐり「徒歩最短:3時間コース」
7-⑤ 【常念寺】
福厳寺 足利七福神めぐり「徒歩最短:3時間コース」
8-⑥【福厳寺】

【足利まちなか寺院:高福寺】

高福寺本堂の写真です。高福寺本堂

 

高福寺の山門の写真です。高福寺の山門

 

高福寺:手水舎の写真です。手水舎

<高福寺:基本情報>

名 称 祥林山 智願院 高福寺
宗 派 曹洞宗
御本尊 阿弥陀如来
所在地 〒326-0803
足利市家富町2523
電 話 0284-21-6206
アクセス JR両毛線足利駅:徒歩約15分
東武伊勢崎足利市駅:徒歩約16分
東武伊勢崎野州山辺駅:徒歩約29分
駐車場
(無料)
● たかうじ君広場駐車場:35台
(うち軽自動車11台)無料足利市営巴町駐車場:36台
● 通二丁目広場駐車場

<高福寺:縁起(足利市史)>

高福寺本堂の扁額の写真です。高福寺本堂の扁額

高福寺(曹洞宗)宗牯和尚創建
一位置
本市西根に在り。祥林山と號す。長林寺末、本尊は、
阿弥陀如来。檀徒二百六十餘戸あり。

二沿革
後天王の萬治二年(紀元二三一九年)五月十五日、
牛堂宗牯和尚、長林寺第十二世創建。かつて火災に罹り、
舊記古録を存せず。現在は第十六世武井周峯なり。

三什賓
近衛三藐院筆「趙州狗子」の書、田崎草雲筆と称する
龍頭観音(墨繪)の軸物、及び故司法大臣横田千之助の書あり。

足利市役所(編纂)(1928), 第三篇 第二章 佛寺
足利市役所代表者 大給 新・永倉 牧太 足利市史 上巻の二
永倉活版所 pp.1,213

高福寺:本堂内の仏壇の写真です。高福寺:本堂内の仏壇

中世より古庵として在ったものを、万治2年(1659)に
牛堂和尚が玄修和尚を勧請し、曹洞宗として開創

本尊は阿弥陀如来

現在の本堂と庫裡は天明2年(1782)当寺10世
道富和尚の代に、山門は第11世鉄厳和尚の代に、
書院は昭和49年(1974)第17世手哲應和尚の代に確率。

高福寺:御朱印の写真です。高福寺:御朱印

本堂の右手に六地蔵、思推菩薩、蓮華手菩薩などの石仏と
地蔵堂(閻魔堂)在り

故武井哲應和尚の元で大勢が座禅。師の遷化後も座禅会は
継承され現在に至る。

境内由緒書 より

* 武井哲應てつおう和尚・・・座禅会には、家人の松葉直助、
書道家の相田みつを、画家の石井壬生子夫など、
大勢が参禅し、現在に至っています。

<高福寺:境内>

高福寺:掲示板の写真です。高福寺:掲示板

 

高福寺;六地蔵の写真です。
高福寺;六地蔵

閻魔堂と菩薩像の写真です。菩薩像と地蔵堂(菩薩像)

本堂の右手には、六地蔵、思推菩薩、蓮華手菩薩などの
石仏があります。

高福寺:延命地蔵菩薩の写真です。高福寺:思推菩薩

 

高福寺:蓮華手菩薩の写真です。高福寺:蓮華手菩薩

 

観光案内板:高福寺の写真です。観光案内板:高福寺

 

高福寺:地蔵堂の写真です。高福寺:地蔵堂(閻魔堂)

地蔵堂:抜粋
地蔵菩薩、閻魔大王及び十王、計十二体を安置。

地蔵は延命地蔵で当時第4世の門宅和尚が天和2年(1682)に
修復されたが、どういう訳か頸が傾いてしまった。

当時は、よく飢餓があったので、飢えた衆生を悲しみ、
いつでも救済に出かけられる用意をしていたのでしょうか。

平成10年(1988)に再び修復を施す。

頭の傾きが往時のままでいるのは、やはり、昨今の信念信仰の
頽廃を憂え、ストレスが多く 地獄、餓鬼、修羅に苦しむ
衆生を救うのだと憶念しているようである。

故に、かしげ地蔵という。

<高福寺:武井哲應てつおう和尚と相田みつを>

相田みつをの詩の写真です。ひとつのことでも/1962年 (有)香雲堂本店様 相田みつを ふるさと展 より

高福寺に贈られた「相田みつを美術館のお知らせ」

NHKラジオ第2
「声でつづる昭和人物史~相田みつを」
こころの時代で放送された音源が2週にわたって放送されました。

平成4年(1992)12月17日放送から
「わが師を語る 武井哲應の教え」

● 第1回 3月7日(月)PM8:30~PM9:00
* 再放送 3月14日(月)AM:10:00~AM10:30

自分の人生哲学の根っこになったのは、戦死した
2人の兄と師事した 武井哲應で、しっかりと自己を見つめる

禅の教えを学んだことなど・・・。

● 第2回 3月14日(月)PM8:30~PM9:00
* 再放送 3月21日(月)AM10:00~AM10:30

武井哲應師の教えとは、「本当の公平とは、受ける側が

公平感を味わうもの・・・」とか、

毎日の生活の中では「人のせいにしない」
「勝ち負けを考えない」といった生き方が大事だという話を
相田みつをの貴重な肉声で放送します。

ここにボックスタイトルを入力

インターネット(ラジオ配信アプリ)で
1回目より聴く事ができます。 NHK らじるらじる 聴き逃し
高福寺 令和4年3月18日

心の道しるべ:ポスト13の拡大写真です。心の道しるべ:中央通り(通二丁目)

高福寺を示す歩行者案内板「心のみちしるべ」に記された
書道家「相田みつを」の書です。

高福寺周辺の「心のみちしるべ」4箇所に、「相田みつを」の
書が掲示されています。

詳細は、足利まちなか散策『心のみちしるべ』:回遊サインの名言を解説
を御覧ください。

【足利まちなか寺院:法玄寺】

法玄寺の山門の写真です。
法玄寺:山門

 

法玄寺:手水舎の写真です。法玄寺

<法玄寺:基本情報>

名 称 帝釈山 智願院 法玄寺
宗 派 浄土宗
御本尊 阿弥陀如来
所在地 〒326-0805
足利市巴町2545
電 話 0284-21-2790
アクセス JR両毛線足利駅:徒歩約17分
東武伊勢崎足利市駅:徒歩約17分
東武伊勢崎野州山辺駅:徒歩約28分
駐車場
(無料)
● 境内;20台
● 織姫観光駐車場

法玄寺:扁額の写真です。本堂の扁額

 

法玄寺:本堂の写真です。法玄寺:本堂

<法玄寺:縁起(足利市史)>

法玄寺(浄土宗)畠山義純創建
一位置 本市巴町、機神山の東南麓に在り。

帝釋山智願院法元寺と號す。上野國新田郡太田町
大光院の末寺にして、本尊は、阿弥陀如来まり。
(附記参照)

法元寺:玄簡に置かれた書の写真です。法元寺:玄簡に置かれた書

 

法元寺:本堂内の仏壇の写真です。法元寺:本堂内の仏壇

明治18年の火災により、本尊は焼失しましたが、
本堂再建の際、群馬県太田市金山町の大洸院(呑龍様)
より御本尊が寄贈されました。

御本尊は、木造の阿弥陀如来立像で、
平安末期から鎌倉初期の作と推定されています。

現在は、第二十二世和田良順。檀家二百五十餘戸あり。

二沿革 古記録焼失したるを以て、創建につき、詳細を
知るを得ず。寺傳によれば、「當寺は、高倉天皇の
承安年中(紀元1831-4年)、足利上總介義兼の長子、
新田岩松遠江守義純(畠山)の本願により、
寂蓮社照誉芳陽和尚の開山なり」(収調書)といふ。

法元寺:御朱印の写真です。法元寺:御朱印

されど、附記の如く、義純が母時子の菩提の爲。
之を建立せしとすれば、建久7年(紀元1856年)以後
ならざる可らず。

法玄寺:北条時子姫五輪塔の写真です。北条時子姫五輪塔

又開山芳陽和尚とあるは、中興開山の誤ならむ。

義純の開基以後、文禄に至る4百年間に、盛衰あり。

文禄に及んでは、荒廃其の極に達したりしが、小林氏
當寺の興隆に志し、慶長11年(紀元2267年)足利の地、
幕府の直轄となるや、小林重郎左衛門尉重信(藤原)
代官となりて、此の地を治する傍、同15年、遂に遂に
行基山と號し、堂宇を營造す。

而して中興の開山を、寂蓮社照誉芳陽とす。
則ち中興第一世なり。中興以前の僧系は不明なれど、
真言宗なりしが如く。

中興以後、知恩院に属し、浄土宗となりしならむといふ。
(後略)

足利市役所(編纂)(1928), 第三篇 第二章 佛寺
足利市役所代表者 大給 新・永倉 牧太 足利市史 上巻の二
永倉活版所 pp.1,216-1,217

<法玄寺:当山の由来>

法玄寺:本堂前に掲げられた由来の写真です。本堂前に掲げられた由来

鎌倉幕府を創設した源頼朝の妻政子の妹が、
北条時子です。

時子は足利義兼の妻で、足利の地に住んでいました。

義兼が鎌倉に滞在した折時子は、側女の讒言により
密通の嫌疑をかけられ自害しました。

義兼の後妻の子足利義純は、義理の母である時子の
菩提のために寺院を建立することを決意し、当山が
真言宗の寺として足利に創建されました。

建立は、鎌倉初期(1200年前後)と推定されます。

鑁阿寺:蛭子堂の写真です。鑁阿寺:蛭子堂

北条時子を祀る鑁阿寺境内にある蛭子堂です。

時子の法号は智願院殿、義純の法号は法玄大禅定門でした。

また義純の後妻は未亡人で、先夫畠山重忠は
帝釈天の化身との説がありました。

そこで当山は、帝釈山、智願院、法玄寺となりました、

当山はは、戦乱の世を経て荒廃していました。

江戸幕府が開かれ平和な世になると、足利では
地元の有力者である小林十郎左衛門が代官となりました。

十郎左衛門は法玄寺の再興をを決意し、慶長11年(1606)
当山を浄土宗の寺として再建しました。

平成21年7月 浄土宗 法元寺 (境内掲示より)

<法玄寺:境内>

法元寺:普賢菩薩の写真です。法元寺:普賢菩薩

手水舎の隣に鎮座する普賢菩薩です。

普賢菩薩
普賢菩薩は一切諸仏の理徳、定徳、行徳をつかさどり、
白象に乗って釈迦如来の右手に侍している菩薩です。

普賢とは「あまねく」と「最も賢い」を表します。

また、象は仏の力の偉大さを象徴するもので、
象の持つ六つの牙は、布施、持戒、忍辱、精進、禅定、
知恵という六つの行いを人々に勧めています。

辰年、巳年生まれの者の守り本尊になっております。

平成21年 7月 浄土宗 法玄寺(境内掲示より)

法玄寺:無縁祭壇の写真です。法玄寺:無縁祭壇

 

法玄寺:鐘楼の写真です。法玄寺:鐘楼

 

法元寺:本堂の外壁画の写真です。法元寺:本堂の外壁画

法元寺:本堂の外壁画の写真です。
天に昇る龍の顔や手に持つ水玉が、特に立体的に表現されています。

当山は、明治18年に火災により、堂宇伽藍を焼失しました。

本堂再建の際、二度と火災が起きぬように、
この龍が見守っています。

この壁は、手水舎から本堂の屋根を見上げると
見ることができます。

法玄寺:足利偉人の碑の写真です。法玄寺:足利偉人の碑

相田みつを先生と、栗田英男先生の碑です。

法元寺には、著名な書家である相田みつを先生と、
栗田美術館を創設した栗田英男先生が眠っています。

栗田美術館の詳細は、
足利市の美術館5選:足利市立美術館、栗田美術館など【まとめ】
を御覧ください。

<法玄寺:薬師堂>

法元寺:薬師堂の写真です。法元寺:薬師堂

 

法玄寺:薬師堂の扁額の写真です。法玄寺:薬師堂の扁額

 

法玄寺薬師堂:薬師如来坐像の写真です。法玄寺薬師堂:薬師如来坐像

法元寺の東隣にある薬師堂です。

たいへん美しい薬師如来坐像が安置されています。

【足利まちなか寺院:三宝院】

三宝院:山門の写真です。三宝院:山門

<三宝院:基本情報>

名 称 供養山 三宝院
宗 派 浄土宗
御本尊 阿弥陀如来
所在地 〒326-0814
足利市通7-3094
電 話 0284-21-5012
アクセス JR両毛線足利駅:徒歩約24分
東武伊勢崎足利市駅:徒歩約18分
東武伊勢崎野州山辺駅:徒歩約19分
駐車場
(無料)
●あり:山門前
特記事項 御朱印はありません。
三宝院:本堂の写真です。三宝院:本堂

三宝院:本堂の扁額の写真です。三宝院:本堂の扁額

 

三宝院:本堂の仏壇の写真です。三宝院:本堂の仏壇

御本尊は、阿弥陀如来です。

<三宝院:縁起(足利市史)>

三寶院(浄土宗)舜智上人開創
一位置 本市通7丁目東、山麓にあり。上野國新田郡
太田町大光院の末寺なり。

本尊は、阿弥陀如来、現住は、第27世釆澤圓晁。

檀家250戸なり。

寺傳に「當寺は、四條天皇の延應元年(紀元1897年)
の創立に係り、開山は、舜智上人なり。

往古は、今の境内の前面にありしが、度々火災に罹りしを以て、
後西天皇の寛文2年(紀元2322年)、終に現地に移れり。

後略
足利市役所(編纂)(1928), 第三篇 第二章 佛寺
足利市役所代表者 大給 新・永倉 牧太 足利市史 上巻の二
永倉活版所 pp.1,221

三宝院:鐘楼の写真です。三宝院:鐘楼

<三宝院:足利五郎太藤原行国の墓>

藤性足利氏は、平将門討伐の功績のあっ唐沢山唐沢山
城主藤原秀郷の子孫です。

子孫の伊勢崎淵名城主藤原成行が天喜2年(1054)足利に入部、
両崖山に城を築き、足利藤原氏が誕生しました。

成行は、足利太夫と呼ばれました。

三宝院から望む風景写真です。三宝院から望む風景

太夫は、武士最高の五位の別称ですから、
足利郡司だったと考えられます。

嫡男成綱が早世したので、孫の家綱が成行の養子となり、
足利太夫を継ぎました。

当時の継嗣相続は五位の家では、孫では相続が出来ぬ制度が
あったので祖父の養子となり、家督を継いだと思われます。

行国は「尊卑分派」によれば成行の弟行房の子となって
いますが、「藤原系図」によれば成行の5男で栗崎五郎太郎と
呼ばれました。

三宝院:境内のカリンの実の写真です。三宝院:境内に落ちていたカリンの実

同署には「栗崎蓮台寺城主大治元年(1126)7月27日卒、
正善寺殿仁応行国」とも書かれています。

行国は、父成綱が早世し、幼くして家督を継いだ家綱が
生長するまで、成行の後の足利郡司をつとめたと考えられています。

足利五郎太と足利という地名を冠して呼ばれる時は、その他の
棟梁を表していますから、一時期、足利藤原の棟梁で両崖山
城主となり、家綱の成人により、譲って蓮台寺に隠居したと
考えられます。

三宝院:境内のカリンの木の写真です。三宝院:境内のカリンの木

昔の暖かい人間関係が浮かんで来るような行国の墓です。

足利藤原氏は、源平合戦の時、平家に組したため、
頼朝により滅ぼされました。

寄贈 Rotary 足利ロータリークラブ

<三宝院:山門前の六地蔵>

三宝院:山門前の六地蔵の写真です。三宝院:山門前の六地蔵

 

三宝院:六地蔵の写真です。金剛願地蔵尊

地獄に落ちた人を救う佛様

三宝院:六地蔵の写真です。金剛宝地蔵尊

餓鬼道の人を救う佛様

三宝院:六地蔵の写真です。金剛悲地蔵尊

畜生道の人を救う佛様

三宝院:六地蔵の写真です。金剛幢地蔵尊

修羅道の人を救う佛様

三宝院:六地蔵の写真です。放光王地蔵尊

人々のなやみを救う佛様

三宝院:六地蔵の写真です。預天賀地蔵尊

極楽の人を守っている佛様

南無阿弥陀仏

<三宝院:近くにある床屋・公衆電話>

渡良瀬橋の歌詞にある床屋と公衆電話のある歩道の写真です。三宝院近くの床屋と公衆電話

森高千里さんの歌『渡良瀬橋』に登場する床屋さんと公衆電話は、
三宝院東側の交差点(通7丁目)にあります。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です