野外活動

足利七福神巡り 「自転車西:5時間・7寺社」福厳時から心通院へ

かわいい地蔵様の写真です。

 おおらかな「自然いっぱいコーナー」
「足利七福神めぐり 自転車西コース」を御紹介します。

 行程は、28.8km(太平記館起点)
自転車約5時間コースです。(参拝時間:各社寺10分、
最勝寺は20分、太平記館周辺の散策60分を含みます)

 まずは、みなさんのお声は ?

「事前に、もう少し詳しい見どころが知りたい」
「自転車は、どこで借りるの?」・・・。

 そんな、率直で現実的な御意見に、
少しでも、お役に立てたら幸いです。

【足利七福神めぐりパンフレット】

* 太平記館のインフォメーションで入手できます。

七福神のパンフレットの写真です。
足利七福神のパンフレット(表面)

 各社寺の概要(一覧表:まとめ記事)は、
足利七福神めぐり【まとめ】19の社寺と4つのモデルコース
を御覧ください。

七福神のルートマップの写真です。足利七福神のルートマップ(裏面)

出典・引用:一般社団法人 足利市観光協会
『足利七福神めぐり』より

[一般社団法人 足利市観光協会] 〒326-0053 栃木県足利市伊勢町3丁目6-4
TEL:0284-43-3000 FAX:0284-43-3333

 御覧のように、足利市観光協会の『足利七福神めぐり』には、
足利市内18の寺社が紹介されています。

 まるで、遠足の栞(しおり)のように、コンパクトで、
楽しくて、わくわくするパンフレットですね。

足利七福神めぐり モデル4コース>

1 「徒歩コース」(足利市HPで紹介のモデルコース:約3時間)
2 「自転車コース」(西の足利七福神めぐり:約5時間)
3 「自動車コース」(東の足利七福神めぐり:約4時間)
4 「徒歩と自動車コース」(旧跡の散策も!:約1日)

 本稿の御案内は、2 「自転車西コース」です。
* 行程表(起点:太平記館)

 太平記館 ⇒ ① 福厳寺 ⇒ ② 東光寺 ③ 最勝寺 ⇒
④ 長林寺 ⇒ ⑤ 西宮神社 ⇒ ⑥ 吉祥寺 ⇒ ⑦ 心通院 ⇒  太平記館

順路 場 所 七福神名
(距離・時間)
太平記館 起点:スタート
1.9km・8分
福厳寺 布袋尊
6.2km・30分
東光寺 大黒天
7.2km・36分
最勝寺 毘沙門天
4.4km・22分
長林寺 福録寿
800m・4分
西宮神社 恵比寿神
4.5km・18分
吉祥寺 弁財天
2km・8分
心通院 寿老人
1.8km・7分
太平記館 終点:ゴール

<レンタサイクルの御案内>

 レンタサイクルは、足利観光交流館「あし・ナビ」と、
「太平記館」で借りられます。(相互、乗り捨て可)

 七福神めぐりは、徒歩で廻るのが基本とされていますが、
社寺が広範囲にわたるため、「太平記館」「あし・ナビ」での
レンタサイクル、もしくはお車での御訪問をお勧めいたします。

項 目        内       容
貸出・減却場所 太平記館 :伊勢町3丁目6-4 TEL0284-40-1570
あし・ナビ:東武足利市駅構内 TEL0284-73-3631
受付時間 9:00~16:00
料 金 普通自転車  3時間 400円~
電動アシスト 3時間 600円~
特記事項 貸し出し時には、身分証明書(免許証、保険証などをご提示ください。

* レンタサイクル利用の詳細は、
渡良瀬橋ブログ「資料集」自然いっぱいコーナー!
2 【足利 レンタサイクル利用規約】
を御覧ください。

「あし・ナビ」「太平記館」の詳細は、
足利市観光拠点【まとめ】4施設の特色:大公開!
を御覧ください。

足利七福神めぐり 起点:【太平記館】

太平記館の写真です。太平記館

 

足利太平記館内の写真です。お土産コーナー

 

太平記館の概要

所在地:足利市伊勢町3-6-4
電 話:0284-43-3000
営業時間:9:00~17:00
休業:12月29日~12月31日
商 品:和菓子、洋菓子、スイーツ、ファンシーグッズ等
ランチ:~1000円
レンタサイクル:3時間400円、1日1200円(電動あり)

 レンタサイクル利用についての詳細は、
渡良瀬橋ブログ「資料集」自然いっぱいコーナー!
2 【足利 レンタサイクル利用規約】
を御覧ください。

 <太平記館までのルート>は、
足利市駅から行く「太平記館」と「足利学校」
を御覧ください。

 <JR足利駅からのルート>は、
「渡良瀬橋」車椅子や徒歩で安全に楽しむルートを画像で紹介
【JR足利駅】●⑴北口から「渡良瀬橋・歌碑」ルート
を御覧ください。

「多機能トイレ」は、レジを右手側にして進み、
突き当たりにあります。

足利七福神めぐり: ①【福厳寺】

福厳寺の石塔の写真です。福厳寺(ふくごんじ)の石塔

 

足利公園 八雲神社 福厳寺を示す道標の写真です。足利公園 八雲神社 福厳寺を示す道標

 

 福厳寺石塔の隣に立てられた道標です。

 福厳寺は、森高千里さんの歌『渡良瀬橋』の
歌詞に登場する「八雲神社」の近くにあります。

福厳寺 本堂の写真です。福厳寺 本堂

福厳寺の寺伝によれば、伊豆走場山般若寺の
僧「理真」(りしん:足利義兼が帰依していた高僧)
により開山されました。

源平合戦に活躍した、足利義兼の妻「時子」が懐妊の折、
姉の「政子」の依頼により、理真が足利に来て、
当福厳寺で男子変成の祈祷(きとう)をしたと伝えられます。

境内に子安観音があります。

男子変成:変成男子(へんじょうなんし)によります。

福厳寺 本尊 木造 釈迦如来坐像の写真です。木造 釈迦如来坐像

 

 福厳寺の本尊 釈迦如来坐像は、15世紀ごろ
(室町時代)の作です。

 法量は、像高:52.5cm、
膝張り:40.2cm、坐奥:37.3cm、
光背総高:93.5cmです。

釈迦如来坐像は、本堂中央の須弥壇(しゅみだん)上に
座しています。本体は檜材寄木造り、表面黒漆塗りで、
眼には玉顔が入れられています。

足利市教育委員会 より抜粋

福厳寺 子安観音像の写真です。観音像

<福厳寺 基本情報>

正式名称 多宝山 福厳寺
(ふくごんじ)
七福神 布袋尊<福徳円満・家内安全>
所在地 〒326-0816
足利市緑町一丁目3270
電話 0284-21-6990
アクセス・太平記館から 1.9km 自転車8分
アクセス・その他 JR足利駅:車5分 徒歩25分
東武足利市駅:車7分 徒歩20分
北関東自動車道 足利IC:15分
北関東自動車道 太田桐生IC:15分
東北自動車道 佐野藤岡IC:50分
駐車場 あり(無料)

<福厳寺 参拝スタンプ>

福厳寺 参拝スタンプの写真です。福厳寺 参拝スタンプ(本堂内にあります)
布袋尊

布袋尊は、他の6人の神と異なり、ただ一人、
中国・唐の時代に実存した僧侶です。

おおらかな笑顔、何もこだわらない楽天的な
生き方が、当時の禅僧をはじめ、人々に
「至福」の象徴と受け入れられたそうです。

笑門来福、夫婦円満、子宝の神として
信仰されています。

参拝スタンプが置かれた本堂の写真です。

参拝スタンプが置かれた本堂

本堂内に置かれた「参拝スタンプ」の写真です。本堂内に用意された「参拝スタンプ」

 布袋尊スタンプは、本堂の須弥壇の
左隣の部屋に用意されていました。

 参拝者に対する、あまりにも丁寧なお心遣いに、
言葉にならないほど、感激しました。

福厳寺 布袋尊像の写真です。布袋尊像

 

福厳寺 布袋尊の由緒書の写真です。布袋尊の由緒書

 

福厳寺 セキ地蔵尊の写真です。セキ地蔵尊

 

福厳寺 和顔菩薩の写真です。和顔菩薩(わげんぼさつ)

 

福厳寺 救世観音菩薩像の写真です。救世観音菩薩像

<福厳寺 子安観世音菩薩>

 常念寺の西隣には、子安観世音菩薩堂があります。

常念寺の隣から登る石段の写真です。常念寺の隣から登る石段

 

福厳寺 子安観世音菩薩堂の写真です。福厳寺 子安観世音菩薩堂

 

福厳寺 子安観世音菩薩像の写真です。福厳寺 子安観世音菩薩像

足利七福神めぐり: ②【東光寺】

東光寺参道の写真です。東光寺参道

東光寺山門の写真です。東光寺山門
東光寺本堂の写真です。東光寺本堂

足利市指定文化財を3点所蔵する寺です。
江戸時代後期(1834年)作の木造大黒天立像が
祀られています。

大日堂にある鉦は、天明5年(1785)に作られたもので、
天明鋳物の歴史上、たいへん貴重です。
(直径:23.5cm、高さ9.5cmの青銅製)

足利七福神めぐり社寺の一つで、大黒天の寺です。

* 天明鋳物:佐野市天明で作られた鋳物。

<東光寺 基本情報>

正式名称 医王山 東光寺
(いおうさん とうこうじ)
七福神 大黒天<五穀豊穣・福徳海運>
所在地 〒326-0143 足利市葉鹿町224
電 話 0284-62-0473
アクセス・福厳寺から 6.2km 自転車30分
アクセス・その他 北関東自動車道 足利IC:15分
北関東自動車道 太田桐生IC:15分
JR小俣駅:タクシー5分
駐車場 あり(無料)

足利七福神めぐり: ③【最勝寺】

毘沙門天本堂に通じる石段の写真です。毘沙門天(最勝寺)本堂に通じる石段

山門から臨む鐘楼の写真です。山門から臨む鐘楼
毘沙門天(最勝寺)本堂の写真です。最勝寺本堂

天平17年(745年)、行基菩薩により、
大岩山毘沙門天:大岩山多聞院最勝寺は
開山されました。

翌年の天平18年(746)に、聖武天皇の
勅願により、本堂を含む諸堂が建立されました。

大岩山毘沙門天、多聞院最勝寺の建物は、
天平17年(745)の開山以来、落雷等による
火災で焼失、再建を繰り返してきました。

文安4年(1447)5月の雷火により、
山門を残し、諸堂の全てを焼失しています。

その後、再建されましたが宝暦7年(1757)に
本堂が再び焼失しました。

宝暦12年(1762)に再建され、現在に至ります。

本堂入り口の写真です。本堂入り口

<最勝寺 基本情報>

正式名称 大岩山毘沙門天 多門院最勝寺
(おおいわやま びしゃもんてん
 たもんいん さいしょうじ)
七福神 毘沙門天<除災招福・必勝祈願>
所在地(毘沙門天本堂)
  (最勝寺本坊)
〒326-0841 足利市大岩町570
        足利市大岩町264
電話(毘沙門天本堂)
 (最勝寺本坊)
0284-21-0211
0284-21-8885
アクセス・東光寺から 7.2km 自転車36分
アクセス・その他 北関東自動車道 足利IC:30分
北関東自動車道 太田桐生IC:25分
東北自動車道 佐野藤岡IC:60分
東武足利市駅・JR足利駅:タクシー20分
駐車場 あり(無料)

*毘沙門天本堂は、大岩山の頂上付近にあり、
 最勝寺本坊(住職の居宅)は、大岩山のふもとにあります。

【毘沙門天 山王権現社】

山王権現社の写真です。山王権現社(桃山時代:大岩山内で最古)

 本堂の西側に、大黒天とともに、
山王権現社が鎮座しています。

聖武天皇の御字、行基上人が大和国、菅原寺に
滞在した際のことです。

行基上人は、聖徳太子作、閻浮檀金(えんぶだごん)で
できた毘沙門天像を常に所持していました。

そして、関東地方へ行き霊地を開き、この毘沙門像を
安置して衆生を救済したいと誓っていました。

ある夜の夢に、山王権現が現れ、「関東の足利の
霊山に登れば、所願が叶う」とし、行基菩薩を
大岩山のある足利の地へといざないました。

閻浮檀金(えんぶだごん):質の良い金のこと。

【毘沙門天のスギ】

毘沙門天のスギの写真です。毘沙門天のスギ

 本堂の東側に、ひときわ目立つスギがあります。
(スギの左手側奥に、公衆トイレがあります)

<毘沙門天本堂西側の大黒天>

大黒天の祠の写真です。大黒天の祠

 毘沙門天本堂の西側に、山王権現社とともに、
大黒天が祀られています。

祠の写真です。大黒天の隣にある祠(ほこら)

足利七福神めぐり: ④長林寺】

長林寺の山門の写真です。長林寺の山門(足利市指定有形文化財)

 

長林寺 山門の扁額の写真です。長林寺 山門の扁額

 

長林寺本堂の写真です。長林寺本堂

足利七福神 (福禄寿尊)

 

長林寺本堂の扁額の写真です。長林寺本堂の扁額

長林寺は、室町時代の文安5年(1448)
足利長尾氏の初代影人の創建によるもので、
大見禅竜禅師が開山し、長雲寺と称しました。

のちの享徳2年(1453)竜沢山長林寺と
現在の名に改めました。

長尾氏代々の菩提寺となり、寺運も隆盛しましたが、
戦国時代末期、小田原北条家に付いた足利長尾氏は、
小田原の陣で、北条家没落と命運を共にしました。

そのため、長林寺も一時衰微しますが、元和元年(1615)に
再建され、さらに元禄年間(1688~1704)に別格地となり、
明治維新まで多くの僧侶の道場となりました。

長林寺由緒書より、一部引用

朝雲寺:勧農城(岩井山)の麓(ふもと)にありました。
岩井山については、

「渡良瀬橋」と「渡良瀬川」に架かる12の橋
14 渡良瀬川に架からない【岩井橋】の神社
を御覧ください。

<長林寺 基本情報>

正式名称 大祥山 長林寺
(だいしょうざん ちょうりんじ)
七福神 福録寿尊<幸福・富貴・長寿 >
所在地 〒326-0817
足利市西宮町2884
電話 0284-21-5636
アクセス・本城厳島神社から 2km 徒歩30分
アクセス・その他 JR足利駅:車5分 徒歩15分
東武足利市駅:車5分 徒歩15分
北関東自動車道 足利IC:15分
東北自動車道佐野藤岡IC:50分
(駐車場) 数台あり(無料)

<長林寺 参拝スタンプ>

参拝スタンプの写真です。参拝スタンプ

 福録寿尊のお堂の前に、設置されています。

福禄寿

長い頭、長いあごひげ、大きな耳たぶを持ち、
年齢は、数千歳と言われています。

鴨を伴い経巻(きょうかん)を結んだ杖をついているのが
特徴です。

幸福と富貴、長寿を兼ね備えた招徳人望の神とされています。

<福禄寿>

福禄寿のお堂の写真です。福禄寿のお堂

 お堂の右側に、参拝スタンプがあります。

福禄寿尊の写真です。福禄寿尊

 

仏足石の写真です。仏足石

 本堂前にある仏足石です。

仏足石は、お釈迦さまの足跡の彫刻で、
釈迦如来を象徴的に表現したものです。
足に手を触れ、親しくお詣りください。

仏足石の碑文 より

長林寺の石仏の写真です。
長林寺 大日如来坐像の写真です。大日如来坐像(足利市重要文化財)

 

長林寺大日如来坐像の由緒の写真です。大日如来坐像の由緒

 

長林寺 田崎草雲墓所の写真です。田崎草雲墓所(市史跡)

 

長林寺 足利長尾氏の墓所の写真です。足利長尾氏の墓所(市史跡)

 

長林寺 長尾氏歴代墓所の由緒の写真です。長尾氏歴代墓所の由緒

 

長林寺山門前のスイレン池の写真です。山門前のスイレン池

 長林寺山門前のスイレン池です。
木々の紅葉と、スイレン・・・、
とてもいい雰囲気でした。

足利七福神めぐり: ⑤【西宮神社】

西宮神社の鳥居の写真です。西宮神社の鳥居

 

西宮神社の鳥居の神額の写真です。西宮神社 鳥居の神額

 

西宮神社の社の写真です。西宮神社の本殿

西宮神社は、慶長8年(1603)代官
小林重郎左衛門が、摂津国(兵庫県)の
西宮神社を勧請し、創建しました

毎年11月19日~20日に行われる「恵比寿講」の
際には、開運や商売繁盛を願う人々で賑わいます。

勧請(かんせい):神仏の分身・分霊を
他の地に移して祀ること。

<西宮神社 基本情報>

正式名称 西宮神社
(にしのみやじんじゃ)
七福神 恵比寿神<商売繁盛・財福清康>
所在地 〒326-0817
足利市西宮町2931
電話 0284-21-6790
アクセス・長林寺から 800m 自転車4分
アクセス・その他 JR足利駅:車7分
東武足利市駅:車5分
北関東自動車道 足利IC:15分
東北自動車道佐野藤岡IC:50分
(駐車場) あり(無料)恵比寿講:臨時駐車場

<西宮神社 参拝スタンプ>

西宮神社 参拝スタンプの写真です。参拝スタンプ

 スタンプは、石段左側にある社務所の前に
あります。

 由緒書や書置の御朱印が戴けます。
祭りの日は、宮司さんが御朱印帳に記入してくれます。
 また、由緒書は、太平記館にも用意されています。

恵比寿神

七福神の中で、唯一日本出身の神です。

人々に福と安全を授ける守護神、
商売繁盛や漁業、除災招福の神として、
信仰と人気を集めています。

ふくよかな笑顔(えびす顔)が特徴です。

西宮神社 恵比寿講のポスターの写真です。
恵比寿講のポスター

 

西宮神社 神楽殿の写真です。
神楽殿 秋季大祭の恵比寿請では、神楽が奉納されます。

 

西宮神社 本殿裏の摂社・末社の写真です。本殿裏の摂社・末社

 本殿の裏には、稲荷神社、秋葉神社、神名宮、
八坂神社、山神社などの末社・摂社があります。

摂社・末社:本社に付属し、主祭神と縁故の深い神を
まつった神社。摂社は、本社と末社の間に位し、
本社の境内にあるものを境内摂社・末社といいます。

足利七福神めぐり: ⑥【吉祥寺】

吉祥寺参道の写真です。吉祥寺参道
東国花の寺 百ケ寺の看板の写真です。東国花の寺 百ケ寺「あじさい寺」

 吉祥寺がある足利市江川町には、筆者の母親の
生家があります。

 生前、母はアジサイの花が大好きでした。
そして、母の残した俳句を再び思い出しました。

   鐘の音の 余韻は花に 和らかし

境内に咲くサザンカの花の写真です。境内に咲くサザンカの花
鐘楼の写真です。鐘楼
吉祥寺本堂の扁額の写真です。吉祥寺本堂の扁額

 

吉祥寺本堂の写真です。
吉祥寺本堂

弘長年間(1261~1263)源姓足利氏5代の
頼氏が、覚恵和尚を開山として創建したと伝
えられ、頼氏の供養塔が残されています。

頼氏は、4代目泰氏の三男で、初めは利氏と
称しました。

しかし、母が北条時頼の娘だったことから
時頼が出家(最期寺入道)した康元元年(1156)
8月、外祖父の諱(いみな)により頼氏と改名しました。

治部大輔(従五位下三河守)として、鎌倉幕府に
出仕していた頼氏は、公安3年(1280)入道して
義任と号しました。

<吉祥寺 基本情報>

正式名称 義任山 吉祥寺
(ぎにんざん きちじょうじ)
七福神 弁財天<商売繁盛・諸芸上達>
所在地 〒326-0067
足利市江川町245
電 話 0284-42-6006
アクセス・西宮神社から 4.5km 自転車18分
アクセス・その他 JR足利駅:車10分
東武足利市駅:車15分
北関東自動車道 足利IC:10分
東北自動車道佐野藤岡IC:30分
(駐車場) あり(無料)

<観音堂>

観音堂の写真です。観音堂
聖観世音菩薩の写真です。聖観世音菩薩(足利市重要文化財)

 観音堂に祀られている観音像は、安産子育ての
「子安観音」として信仰を集めています。

<池の中の弁天堂>

弁天堂の写真です。弁天堂
弁天橋と弁天道の写真です。弁天橋と弁天堂

 池の中に建てられた弁天堂には、裸弁財天が
奉安されています。

弁財天

弁財天は、七福神の中で唯一の女神です。

元は、インドの水の神と崇拝されていましたが、
川のせせらぎが奏でる音色から、音楽の女神とも
呼ばれています。

そのため、広く技芸、文芸などの才能をもたらす神と
なりました。現在は、福徳財宝を授ける神としても
信仰されています。

 弁財天は、古くからインドでは河の神様として
知られています。

 日本では商売繁盛・技芸上達を授ける女天として、
広く信仰されています。

* 御開帳は、巳の日だけに限られています。

足利七福神めぐり:⑦【心通院】

心通院の山門と石段の写真です。心通院の山門と石段

 足利七福神 寿老人 心通院(しんつういん)

心通院山門の扁額の写真です。心通院山門の扁額

 

心通院本堂の写真です。心通院本堂

当寺は、永禄9年(1566)足利長尾五代目
政長が、両親 憲長夫妻 菩提のため創建されました。

昭和38年 鉄筋立て八角形の本堂を再建しました。

釈迦牟尼仏をご本尊とし、
「己を無にして、他のために尽くす」<利他行>に
生きる感謝報恩合掌の生活を教えとしています。

ここに、海運、福寿、智恵の寿老人が祀られ、
安産子育延命地蔵菩薩、ぼけ除け観音菩薩とともに、
霊験あらたかなため、延命長寿、海運厄除け、
家内安全等を願い、広く信仰されています。

境内 由緒書 より 抜粋

<心通院 基本情報>

正式名称 大圓山 心通院
(だいえんざん しんつういん)
七福神 寿老人<長寿・富貴・招福>
所在地 〒326-0808
足利市本城一丁目1742
電話 0284-41-3202
アクセス・吉祥寺から 2km 自転車8分
アクセス・その他 JR足利駅:車8分
東武足利市駅:車10分
北関東自動車道 足利IC:車15分
(駐車場) あり(無料)

<心通院 参拝スタンプ>

心通院の参拝スタンプの写真です。心通院の参拝スタンプ(境内休憩所前に設置)

 

寿老人

にこやかな微笑みをたたえ、
手には巻物をくくり付けた杖、鹿を従えた姿で
知られています。

巻物は、人名の長寿をしるし、鹿は長寿を司る使者と
されています。

延命長寿、福徳円満の神とされています。

心通院 寿老人 の写真です。寿老人

<大圓山 心通院 境内>

心通院の鐘楼の写真です。心通院の鐘楼(しょうろう)

 山門を通ると、左手側に鐘楼があります。
そして、山門の左脇の休憩所入り口に、
七福神めぐりのスタンプが用意されています。

歴史的偉人の墓所を示す看板の写真です。歴史的偉人の墓所を示す看板

 足利長尾氏の墓所など、市指定重要史跡があります。

心通院 長尾氏墓所の写真です。長尾氏墓所

 

心通院 長尾氏墓所説明書くの写真です。長尾氏墓所説明書

 

心通院 長尾氏墓所から臨む風景の写真です。長尾氏墓所から臨む風景

 長尾氏の墓所は、心通院墓所の最上部にありました。
墓所から街並を一望できます。

境内の石仏の写真です。 境内の石仏の写真です。
心通院 六地蔵の写真です。六地蔵

 

心通院 地蔵堂の写真です。地蔵堂

 寿老人が祀られています。

心通院 地蔵堂の扁額の写真です。地蔵堂の扁額
心通院 石仏の写真です、

足利七福神めぐり:【心通院⇒太平記館】

心通院入れ口にある信号の写真です。心通院入り口にある信号

 心通院入り口の交差点を南(山側と反対)
に進みます。

 ひたすら直進すると、鑁阿寺の北門に着きます。

 心通院から、太平記館までは、1.8km・7分です。

 

 最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。