野外活動

足利観光スポット!は「足利まち歩きミュージアム」友愛会館からスタート!

友愛会館入れ口のマットの写真です。

日本最古の「足利学校」や、
日本一の「あしかがフラワーパーク」、

そして、サミットでもお馴染みの
「ココ・ファーム・ワイナリー」など、

見どころ満載の栃木県足利市。

足利市にお出かけになる前に、ぜひ、立ち寄りたい
観光拠点の一つは、友愛会館「足利まちなかミュージアム」です。

【足利商工会議所 友愛会館】

足利商工会議所(友愛館)正面の写真です。足利商工会議所(友愛会館)

この建物の地下に、「足利まち歩きミュージアム」
があります。

<友愛会館の基本情報>

* 詳細確認等は、公式ホームページを御覧ください。

所在地 〒326-8502 栃木県足利市通3丁目2757
電 話
FAX
0274-21-1354
0284-21-6294
開館日 年中無休
開館時間 9:00~17:30
アクセス 東武足利市駅[出口2]から徒歩10分
JR足利駅北口から徒歩11分
駐車場 会館南側 約70~100台完備
入館料 無料

<友愛会館1階ロビー>

友愛会館入り口の写真です。友愛会館入り口
「友愛会館」玄関マットの写真です。

「足利まち歩きミュージアム」は、
友愛会館の地下にあります。

1階は、イベントホール、案内窓口、
お土産売り場になっています。

イベントホールの写真です。イベントホール

 

観光パンフレットコーナーの写真です。観光パンフレットコーナー

入り口近くにある、パンフレットコーナーです。
ここには、たくさんの御案内があります。

お好きなパンフレットをお選びくださいね。

足利銘仙のタペストリーの写真です。足利銘仙のタペストリー

足利銘仙の詳細は、
学び舎のまち散策は「足利まちなか遊学館」からスタート!
を御覧ください。

お土産コーナーの写真です。お土産コーナー

足利市ゆかりのお土産が、たくさん販売されています。
特におすすめは、新「あしかが論語名句選かるた」です。

論語カルタの写真です。論語カルタ
企画・発行 足利商工会議所
執筆。監修 須永 美知夫
協 力 史跡 足利学校
定 価 950円(税込み)

足利のまちを歩くと、ところどころに、
論語が出てきます。

足利散策「道しるべ」の写真です。足利散策「道しるべ」 (足利市駅北口)

お子さんといっしょに、
「論語かるた」を楽しむのもいいですね。

【足利まち歩きミュージアム】

足利まち歩きミュージアム入り口の写真です。足利まち歩きミュージアム入り口

友愛会館の建物は、元「足利銀行」でした。
ミュージアムは、地下の金庫室にあります。

足利まりなかミュージアムへ向かう階段の写真です。足利まち歩きミュージアムへ向かう階段

なんだか、わくわくする階段ですね。
銀行だった頃は、むやみに入れなかったエリアですから!

地下には、貸金庫などの分厚い扉が、
インテリアとして残されています。

<第一室 足利の観光>

第一室「足利の観光」入り口の写真です。第一室「足利の観光」入り口

 

足利の観光スポットを紹介したコーナーです足利の観光スポット紹介コーナー

織姫神社、渡良瀬橋、繊維工場など、
足利の名勝・旧跡が紹介されています。

足利観光パネルの写真です。足利観光パネル

足利尊氏坐像、足利学校、足利の花火、
機織り工場などを紹介したパネルです。

1934年の渡良瀬橋の写真です。渡良瀬橋 1934年(昭和9年)撮影

ここにも、しっかり紹介されていました。
なんと、昭和9年の風景です。

しかし、紹介文の冒頭に、
森高千里さんのお名前が、しっかり記されていました。

<第二室 足利の古代から江戸間で>

第二室 足利の古代から江戸までの入り口の写真です。第二室 「足利の古代から江戸まで」の入り口

 

足利の古代からの年表の写真です。足利の古代からの年表

 

足利の出土品の写真です。足利の出土品

 

出土した土器の写真です。出土した土器

私が小学生だったころ、近所の空き地で、
土器のかけらや、黒曜石で作られた矢尻を
よく見つけました。

縄目のついた土器のかけらを見つけると、
子どもながら、原始時代に思いを馳せていたことを
なつかしく思い出されます。

簡単に、土器のかけらが見つけられたほど
足利は、古代から文明が開けていたと言えるでしょう。

中央に置かれた足利学校復元模型の写真です。中央に置かれた足利学校復元模型

江戸時代、徳川幕府の庇護を受けた足利学校の
復元模型です。

日本最古の総合大学「足利学校」の「学校門」や
「大成殿」など、見事に復元されています。

<第三室 足利の近現代>

第三室 足利の近現代の入り口の写真です。第三室 足利の近現代

 

足利の近現代年表の写真です。足利の近現代年表

 

「足利市中繪入案内双六」の写真です。「足利市中繪入案内双六」

 

(あしかがしちゅうえいりあんないすごろく)

明治27年(1894年)に作られた双六(すごろく)で、
当時の足利の商店などのたたずまいが、生き生きと
描かれています。

足利停車場(現在のJR足利駅)がスタートで、
東町(伊勢町)から西へ進み足利織物講習所
(現在の栃木県立足利工業高等学校の前身で
当時は、今福町にありました)がゴールになってい
ます。

110年以上前につくられたものですが、中には
現在も営業を続けているお店もありますので
探してみてください。

この双六は「弐丁目 鮮魚乾物商
川島宗助」とある(株)川宗より頂戴したものです。

この双六は、地元の方々にも楽しめますね。

足利戸田藩陣屋屋敷推定模型の写真です。足利戸田藩陣屋屋敷推定模型

「足利学校記録」にもみられる、
足利戸田藩の陣屋屋敷です。

 

<足利に貢献した人々>

足利に貢献した人々の写真です。足利に貢献した人々
<田崎草雲>
田崎草雲についての写真です。田崎草雲

(たざき そううん 1815~1898)
 町を守り、足利学校を守った足利の南画家です。

「草雲美術館」については。
足利スケッチ散策『渡良瀬橋の夕日』
長島喜一氏のスケッチ回想【草雲美術館】
を御覧ください。

<三代目 木村半兵衛>
三代目 木村半兵衛についての写真です。三代目 木村半兵衛

(きむら はんべい 1832~1886)
繊維会の豪商~お札を作った男

木村半兵衛の名前が印刷されたお札の写真です。木村半兵衛の名前が印刷されたお札
<戸田 忠行>
戸田 忠行についての写真です。戸田 忠行

(とだ ただゆき 1847~1918)
足利藩最後の殿様

<近藤 徳太郎>
近藤 徳太郎についての写真です。近藤 徳太郎

(こんどう とくたろう 1856~1920)
足利織物産業の助っ人~足工高初代校長

書籍「近藤徳太郎」の写真です。書籍「近藤徳太郎」

木村半兵衛顕彰会会長 小林 信雄 著

<四代目 木村 半兵衛>
四代目 木村 半兵衛についての写真です。四代目 木村 半兵衛

(きむら はんべい 1856~1934)
足利の文明開化の先駆者~両毛鉄道の設立~

<荻野 萬太郎>
荻野 萬太郎について写真です。荻野 萬太郎

(おぎの まんたろう 1872~1944)
近代足利の原点~足銀・友愛義団の創設者~

足利銀行の沿革の写真です。足利銀行の沿革

 

<堀込 源太>
堀込 源太についての写真です。堀込 源太

(ほりごめ げんた 1872~1943)
美声の持ち主~八木節が一世風靡~

書籍「我が回想の堀込源太」の写真です。書籍「我が回想の堀込源太」

孫が語る、初代堀込源太
 友愛会館1階で販売中です。

<殿岡 利助>
殿岡 利助[3代目]についての写真です。殿岡 利助[3代目]

(とのおか りすけ)
明治の高額納税者~アキレス(興国化学)の創始者
織姫神社を再建~

<川島 利一郎>
川島 利一郎についての写真です。川島 利一郎

(かわしま りいちろう 1886~1971)
マチス、ピカソとも親交があった世界の画家

<相田 みつを>
相田 みつをについての写真です。相田 みつを

(あいだ みつを 1924~1991)
生涯筆一筋 足利が生んだ孤高の書家

足利銘仙「足利学校門」の写真です。足利銘仙「足利学校門」

足利銘仙でで織った足利学校の学校門

足利は古くから織物(繊維)産業が盛んで、
特に昭和8年頃の銘仙織り(絹織物のひとつ)
が現れた頃は「足利銘仙」として全国最大の
産地だった。

昭和54年、足利商工会議所は栃木県繊維試験場
(現・栃木産業技術センター)の協力のもと、
足利銘仙を再現した。

足利学校は日本最古の総合大学として知られ、
学校門は現存する建造物のひとつ。

足利祭り「ヤングヤング大行進」の写真です。足利祭り「ヤングヤング大行進」

足利市で、かつて毎年5月の大型連休中の3日に、
旧50号(中央通り:県道67号線)を歩行者天国
にしました。

そして、足利公園から通1丁目交差点まで、
マーチングバンド(警察隊、市内学校のブラスバンド、
八木節など)を先頭に、地元の企業や団体が
仮装行列するというイベントでした。

その後、交通規制などの理由から、1994年に
終了となりました。

その代わりに企画されたのが、「足利まつり」です。

令和4年8月4日~5日にかけて、
足利花火大会の前夜祭として、第1回「ヤングヤング夏祭り」が
開催されます。

ヤングヤング夏祭りの詳細については、
足利花火大会<プログラム>・夏祭り・「まちじゅう美術館」のご案内
を御覧ください。

<第四室 足利の現代そして未来>

第四室 足利の現代そして未来の入り口の写真です。第四室 足利の現代そして未来

<躍進する地元の企業>

地元足利で活躍する企業の紹介コーナーの写真です。地元足利で活躍する企業の紹介コーナー

 

地元足利で活躍する企業の紹介コーナーの写真です。地元足利で活躍する企業の紹介コーナー

「セイホウ」は、ニット会社で、宇宙飛行士の
山崎直子さんが着用した、「銀繊維入り靴下」を
開発しました。

以前、私は、セイホウの社長さんにお願いして、
宇宙で栽培した「カボチャの種」をいただきました。

それを勤務先の子どもたちと一緒に、栽培したことが
あります。貴重な体験でした。

<足利の名物>

ワインの写真です。ワイン

ココ・ファーム・ワイナリーのワインは、
九州・沖縄サミットや、北海道洞爺湖サミット
などの晩餐会で愛飲されています。

ココ・ファーム・ワイナリーについては、
<聖地巡礼>鬼滅の刃と栃木県足利市
3 巨石群から「ココ・ファーム・ワイナリー」へ
を御覧ください。

蕎麦の写真です。蕎麦

佐野市の「佐野ラーメン」のどんぶりが、
新横浜ラーメン博物館に展示されています。

足利市では、なんと言っても「蕎麦」ですよね。
市内には、とにかく美味しい蕎麦屋さんが
たくさんあります。

ソースカツ丼の写真です。ソースカツ丼

あしかが輝き大使の勝俣さんも、
ある番組で、足利のソースカツ丼を
召し上がって、絶賛していましたよ。

ポテト入り焼きそばの写真です。ポテト入り焼きそば

足利シュウマイは、中に具が入っていなくても
美味しいですが、この焼きそばには、
ポテトが入っています。

足利名物「焼きそば屋台」は、
レンタサイクルで行こう!「渡良瀬橋」⇒
「足利まちなか」
4 【足利まちなか「やきそば」屋台】
を御覧ください。

みなさん、足利散策を楽しんでくださいね。

最後まで、御覧いただきありがとうございました。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。