野外活動

足利観光スポット!は「足利織物伝承館」からスタート!

着物を着た美人画の写真です。

 「足利織物伝承館」は、織物をとおして
足利のまちの歴史にふれていただくための
ミュージアムです。

 足利市は、織物の町として栄え、
現在でもなお、貴重な織物の技術が伝承されています。

「ところで、足利銘仙(めいせん)って何 ?」
「足利市は、いつ頃から織物が栄えたの ?」

 こんな疑問をすぐに解決してくれるのが、
「足利織物伝承館」です。

 また、ミュージアム内には、体験工房があり、
[銘仙コサージュづくり][ステンシル][雪花染め]
[叩き染め]などのオリジナル製品がつくれます。

「足利織物伝承館」は、市内にある観光拠点である
「あし・ナビ」「太平記館」「足利まちなか遊学館」

「足利まち歩きミュージアム」などでも
展示・販売されている「足利銘仙」をはじめとする
織物に、特化した・・・・・・・・ミュージアムです。

 そして、あなたも「大正モダン」の世界にふれ、
日本の代表的な文化である着物kimonoのすばらしさを
「足利織物伝承館」で再発見してみませんか。

【足利織物傳承館の概要】

足利織物伝承館の展示物の写真です。

足利織物会館入り口の写真です。
足利織物会館入り口

 

足利織物伝承館の入り口の写真です。
足利織物伝承館の入り口(2F)

 

足利織物伝承館入り口の掲示物の写真です。足利織物伝承館入り口の掲示物

<足利織物伝承館の基本情報>

正式名称 足利織物傳承館
(あしかがおりものでんしょうかん)
所在地 〒326-0814
足利市通3丁目2589
足利織物会館 2F
電話 0284-22-3004
開館時間 午前10時~午後4時
休館日 年末年始・お盆休み
入館料 無料
アクセス JR足利駅:徒歩20分
東武足利市駅:徒歩20分
(タクシー:5分)
北関東自動車道 足利IC:15分
北関東自動車道 太田桐生IC:15分
東北自動車道 佐野藤岡IC:30分
駐車場 足利織物会館駐車場(有料)
たかうじ君広場駐車場(無料)
バス:織姫観光駐車場(1台)
さいこうふれあいセンター(2台)
太平記館(足利観光協会)(10台)
特記事項 体験コーナーや手芸教室等、
御利用の詳細は、お電話で
お問い合わせください。

【足利織物伝承館 足利織物の歴史】

足利織物伝承館の展示物の写真です。足利織物伝承館の展示スペース

 伝承館に入ると、いきなり色鮮やかな模様が
目に飛び込んできました。

 美しい柄の着物、「足利銘仙あしかがめいせん」です。

<足利銘仙とは?>

足利織物伝承館の展示物の写真です。足利織物伝承館 ビデオ視聴コーナー

 館内では、「とちぎの伝統文化足利の銘仙の歴史」
《とちぎテレビ》のビデオが放映されています。
(放映時間:4分)

 銘仙は、平織りしたかすりの絹織物です。

 足利銘仙は、江戸時代の中期頃からあったと
いわれています。

 もともとは、太織り(ふとり)と呼ばれており、
正常に糸をとることができない廃棄処分となる
ことが多い「玉繭たままゆ」や「屑繭くずまゆ]からとれる太い糸を
緯糸たていとに用いた丈夫な平織物でした。

 厚地で丈夫な織物は、自家用の織物だったようです。

 江戸時代後半ともなりますと、この太織り(ふとり)が、
庶民の間に広まり、武士が普段着や略式の晴れ着として
着用していたようです。

玉繭:2頭以上のかいこが一つのまゆをつくってできたもので、
糸を取り出す際、2本以上の糸が出るので絡みやすく、
屑眉とされていたもの。

足利織物伝承館の展示物の写真です。足利織物伝承館の展示物

 江戸時代の後半頃から、太織り(ふとり)の
「太」が「肥える」を連想させるため、女性の
衣料には適当でないことから、「銘仙」という
名が用いられ始めたといわれています。

 経糸の本数が多くて緻密な織物だったことに
由来するように、目が細かいので「目千」、
しま専門で「目専」と言われたのが転訛てんかした説。

 また、銘茶や銘酒の「銘」と、仙境で織られる事を
想像させるような「仙」をとり、「銘仙」としたという
説もあり、消費意欲をかきたて、高級感を与えるような
当て字にしたのではないかということが考えられます。

足利織物伝承館の展示物の写真です。

 江戸時代後半から明治時代には、縞柄がほとんどでしたが、
明治から大正時代になると、経糸と緯糸よこいとを故意的にずらすことで、
色の境界がぼけるような柔らかい見栄えの銘仙が、
当時の流行となりました。

 足利銘仙は、「ほぐし絣」が多かったようです。

 大正2年(1913)には、「解し織り」が足利の根岸藤平、
関川粂蔵によって特許出願34612号となり、現在では、
栃木県伝統工芸品となっています。

<足利の織物はいつごろから?>

足利織物産業の沿革の写真です。足利織物産業の沿革

 足利の織物は歴史が古く、奈良時代(710-794年)の
始めの頃に、足利地方から「ふとぎぬ」を献進した
というのに始まります。

 奈良の大仏開眼の時には、東大寺の御領地として
織物が送られています。それは、平安時代
(794-1185/1192年)に入ってもなお続きました。
(正倉院の文書に明記されています)

 また、鎌倉時代(1185/1192-1333年)では、
徒然草つれづれぐさ』に「さて年毎に給はる足利の染物・・・・・・・・・・・・・(織物)」
とあるのは、あまりにも有名です。- 後略 –

足利織物伝承館「足利織物産業の沿革」より

<足利銘仙と美人画と歌と>

足利織物伝承館の展示物の写真です。美人画のポスターとレコード

 足利銘仙は、いろいろな歴史を経ていることは、
幼少の頃から、両親や恩師から聞かされていました。

 そして、このミュージアムでも、なつかしい
先生のお名前を拝見することができました。

 日下部高明 著 『足利銘仙とその革新性』

 当時、足利高等学校で教鞭を執られていた
日下部高明先生も、足利銘仙についての造詣を
深められておられました。

 日下部先生は、国土地理院にも勤務されており、
「地理B」の教科書の執筆者に名を連ねていたことを
よく覚えています。

足利銘仙を着た美人画の写真です。足利銘仙を着た美人画

以前の足利銘仙は、粗製濫造のレッテルを貼られ、
「足利」という産地名をつけて売れないほどに
評判を落としてしまいました。

その後、昭和2年(1927)3月、
「産地足利を本銘仙の名称により興さんと
足利銘仙会を結成」し - 中略 –

昭和6年、嶄然斯界ざんぜんしかいに一頭地を抜くの名声を確保しました。

それから、太平洋戦争に突入する前までの間、
秩父、伊勢崎、桐生、八王子、足利という銘仙の
五大地いわれる中で、隆盛を極めたのが足利です。

嶄然斯界ざんぜんしかいに一頭地を抜く:「嶄然」= 一番高くぬきんでいるさま。
「斯界」= その道を専門とする社会。「一頭地を抜く」= 頭一つ
抜きん出ている。

足利織物伝承館の展示物の写真です。足利音頭のレコード 

 こうして、幾多の努力によって到達した伝統工芸の
足利銘仙は、日本一を目指すにふさわしい宣伝方法を
選択したのです。

 その宣伝においても、日本一の画家による
美人画ポスターの制作、歌舞伎興業、
郷土芸能「八木節」など、多方面にわたるメディアが
活用されたのでした。

足利織物伝承館の展示物の写真です。足利銘仙を着た美人画

【足利織物伝承館 市内織物製品】

足利織物伝承館 市内繊維製品の写真です。市内繊維製品スペース

 足利織物伝承館の「足利織物の歴史スペース」の
隣には、「市内繊維製品スペース」があります、

 館内の展示や販売に、ご協力いただいている組合は、
次のとおりです。

● 足利繊維協同組合
● 栃木県染色工業協同組合
● 栃木県ニット工業協同組合
● 栃木県トーションレース協同組合
● 足利卸商業組合
● 足利プリント整染協同組合

足利織物伝承館 市内繊維製品の写真です。市内繊維製品

 とても美しい製品が、たくさん展示され、
販売もされています。

 足利のお土産としてはもちろん、
外国からお越しになったお客様の
散策・体験の場として、絶好のポイントです。

○ タイダイ染めのTシャツ  銘仙柄タペストリー
  トーションレースの端レース  など

 

足利織物伝承館 市内繊維製品の写真です。市内繊維製品

○ 和柄巾着 銘仙扇子用袋 ちりめん鏡
  和柄ティッシュBOXカバ-  など

* 手作りの銘仙小物が大人気です。

【足利織物伝承館 体験教室】

足利織物伝承館 体験コーナーの写真です。足利織物伝承館 体験コーナー

 体験コーナーでは、次のような教室が
予定されています。お申し込みは、
定員になり次第、締め切りとなるそうです。

 どなたでも参加できますので、お気軽に !

教室名 体験名(予定)
 手染め体験教室 ガーゼ ストール手染め体験
その他の教室 <布の体験>
手ぬぐい雪花染め
銘仙コサージュ作り
針なし体験
ステンシル
絹or綿ストール染め
ガミングマット
銘仙キルトピン作り
特記事項 お申し込み、日程等については、
☎0284-22-3004まで
足利織物伝承館 体験コーナーの写真です。

 体験コーナーは、ホームスティしている
外国の生徒さんにも、喜んでもらえそうですね。

 足利市内の観光拠点は、
足利観光拠点【まとめ】5施設の特色:大公開!
を御覧ください。

 最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。