野外活動

足利 御厨(みくりや)神社「御筒粥・御田植」の神事

御厨神社:茅の輪くぐりの写真です。

足利御厨神社には、農作物のその年の豊作か凶作かを占う
『御筒粥(おつつがゆ)の神事』と、豊作祈願の神事
『御田植(おたうえ)祭』という珍しい行事が古くから伝わっています。

本稿では、過日3月第一日曜日に行われた『御田植』の神事について
御案内いたします。

なお、『御筒粥』の神事につきましては、その概要にふれ、
詳細は、来年の正月に御紹介する所存です。

それでは、本年の豊作を祈願する数百年続く『御田植』
(足利市指定 民族文化財)を御覧ください。

【御厨神社:サマリー】

御厨神社:入り口の写真です。御厨神社:入り口

 

御厨神社:鳥居と参道の写真です。鳥居と参道

 

御厨神社:茅の輪くぐりの写真です。茅の輪くぐり

<御厨神社:由緒>

御厨神社:社殿の写真です。社殿(内宮)

一 梁田神明宮(神領奉齋社)
一 足利郡梁田村大字福富(維新前、神明村)
渡良瀬川現堤防附近に在り。

老杉欝蒼として、神境地たる趣を備ふ。

明治25年(紀元2552)9月、郷社に列し、
御厨神社と稍す。

御厨神社:内宮の神額の写真です。内宮社殿の神額

二 沿革 此の神社は、梁田神明社にして、
下野二宮と稍せられ、其の創建年代を詳にせず
といえども、梁田御厨の神領として、奉齋せし
社なりし事疑なし。

御厨神社:幣殿の写真です。内宮:幣殿

神道の入口左側に、高さ一間餘、幅一尺餘の碑あり、
表に、

尼照皇大神
      兩社神明宮
豊受皇大神

と刻し、西東の二面に、左(下)の文を刻す。

御厨神社:神社名が記された碑の写真です。神社名が記された碑

この二柱の大御神の御神徳の、廣く大きに御座すこと、
今更に云べくも非ず。古は國々に御厨として、神領
多かりしこと『神風抄』また『神領目録』などを見て
知るべし。則ちこの處はしも、兩書ともに、下野國に、
二宮、梁田御厨とありて、絹布・綿など献れる御領にぞ
有ける故、是を以て、常昔より此兩社を勧請して、
神明宮と稍し、今に梁田十八箇村の總鎮守と稍し奉り、
此村を神明村といふ。(後略)

足利市役所(編纂)(1928), 第三篇 第五章 関係社寺
足利市役所代表者 大給 新・永倉 牧太 足利市史 上巻の二
永倉活版所 pp.1,241-1,243

神社庁によると、

康平6年(1063)、伊勢神宮の御分霊を奉斎し、創建された。
後に、伊勢神宮の神領地となる梁田18郷の総鎮守であった。

神社名の「御厨」は、梁田18郷が、ここで生産された絹布・綿等を
伊勢神宮へ献じたこと、伊勢神宮の廚(くりや・台所のこと)の
役目を担った。御廚(おんくりや)に由来する。

300年を超えて伝わる「御筒粥」と「御田植」の神事は、
足利指定の文化財である。

栃木県神社庁 御厨神社(みくりやじんじゃ)より

御厨神社:古地図の写真です。古地図(足利市史:p.1242)

岩井山の南に、神明宮と記されています。

<御厨神社:基本情報>

御厨神社の写真です。内宮:外宮側から

 

正式名称(社号) 御厨神社
御祭神 天照皇大神
豊受皇大神
例 祭 別表
境内社 豊受神社
八坂神社
浅間神社
所在地 〒326-0331
足利市福富町2017番地
電話 0284-71-0739
小堀巧人(宮司):自宅
アクセス・その他 JR足利駅:徒歩約18分
東武伊勢崎線和泉駅:徒歩約8分
東武伊勢崎線福居駅:徒歩17分
北関東自動車道 足利IC:約10分
駐車場
(無料)
10台
御朱印 例祭日

<御厨神社:祭典>

歳旦祭(初詣) 1月1日
御筒粥祭 1月14日
平成30年(2018)から
14日以後最初の日曜日に実施
御田植祭 3月1日
平成30年(2018)から
毎年3月第1日曜日に実施
春季例祭 4月第3日曜日
八坂神社例祭 7月第3日曜日
秋季大祭 10月第3日曜日
新嘗祭にいなめさい 11月23日
大祓式 12月31日

<御厨神社:境内>

御厨神社:本殿の写真です。内宮:本殿

 

御厨神社:外宮の写真です。豊受皇大神(外宮)

 

御厨神社:神楽殿の写真です。神楽殿

 

御厨神社:神輿殿の写真です。神輿殿

 

御厨神社境内社:浅間神社の写真です。境内社:浅間神社

 

御厨神社境内社:浅間神社と磐長姫・食行霊の写真です。境内社:浅間神社と磐長姫・食行霊

左手側前の石塔には、「磐長姫」、右手側前の
石塔には、「食行霊」と刻まれています。

磐長姫は、木花之佐久夜毘売(このはなさくやひめ)の
姉で、富士山の御神体は、この二人の姉妹を
合体させたようなものであるとされていました。

御厨神社境内社:食行霊の石塔の写真です。境内社:食行霊の石塔

そして、食行霊とは「食行身禄(じきぎょうみろく)」と
名乗った伊藤伊兵衛でしょう。

いずれにしろ、浅間神社と「富士講」との密接な関係を
うかがうことができます。

御厨神社:末社の写真です。末社

末社群の中央と、右隣の石祠は八坂神社です。

御厨神社:境内社の写真です。境内社

水のない池の中央に鎮座する境内社です。

石祠の前に「御寶前」の石碑が建てられていますが、
神社名は記されていません。

水に関係するところから、弁財天でしょう。

御厨神社:神社前にある3つの石碑の写真です。神社前にある3つの石碑

左手側から、「龍堰之碑」「耕地整理竣工之碑」
「堤防改築竣工碑」です。

【御厨神社:御筒粥と御田植の神事

御厨神社:神事の説明板の写真です。神事の説明板(境内掲示板)

<御厨神社:御筒粥(おつつがゆ)>

御筒粥の神事が行われる御厨神社:下宮の写真です。御筒粥の神事が行われる御厨神社:下宮

 

御厨神社:御筒粥の神事の写真です。御筒粥の神事(境内掲示板)

 

御厨神社外宮前に置かれた御筒粥の神事の案内の写真です。御厨神社外宮前に置かれた御筒粥の神事の案内

毎年1月14日以降の直近の日曜日に行われる神事。
(以前は1月14日に行われていました)

御筒粥の神事は、外宮で祝詞、御祓いを済ませ、
外宮の前で行われます。

御厨神社外宮前に設けられた釜と釜戸の写真です。御厨神社外宮前に設けられた釜と釜戸

斗炊とだきの大釜おおがまに白米・小豆あずき各一しょうを入れ、
小豆粥を炊きます。

御筒粥を支える支柱の準備の写真です。御筒粥を支える支柱の準備

 

御筒粥を支える支柱の準備の写真です。横支柱の溝に、釜の縁に固定

 

御筒粥を支える支柱の準備の写真です。釜に入れられた葦束

このとき、かまの中に束ねたあしの筒31本(田の部12種、
畑の部19種の農作物に対応する)を一緒に入れ、
筒の中に入った粥の量や入り具合によって、その年の
農作物の豊凶ほうきょうを占うものです。

御筒粥祭前の手水の写真です。御筒粥祭前の手水

 

御厨神社・御筒粥祭:下宮に向かう一行の写真です。下宮に向かう神主と氏子

 

御厨神社下宮に向かう神主と氏子の写真です。御厨神社下宮の鳥居をくぐる神主と氏子

 

御厨神社・御筒粥祭:神主の御祓いの写真です。釜戸を清める神主

 

御厨神社・御筒粥祭:神主の御祓いの写真です。外宮での神事を済ませた神主と氏子

 

御厨神社・御筒粥祭りの釜戸に火をつける写真です。釜戸に火をつける

 

御厨神社・御筒粥祭:釜に乗せられた枝の写真です。釜に乗せられた枝

釜の上に重ねられた枝は、榊によく似ていますが、
榊ではなく、境内に立つ御神木とも言えそうな
立派な木でした。(樹木名はわかりませんでした)

御厨神社・御筒粥祭:境内にある大木の写真です。境内にある大木

 

御厨神社・御筒粥祭:釜の様子を見る氏子の写真です。釜の様子を見る氏子

 

御厨神社:御筒粥炊きあげの様子の写真です。炊きあげの様子(境内掲示板)

占いに使われた粥を妊婦が食べると、丈夫な子が
産れるとの言い伝えもあります。

この神事の紀元などに関する文献・資料は遺されていませんが、
300年以上続いていると伝えられ、農事に関わる人々の
行事として大切に行われています。

御厨神社・御筒粥祭:釜戸から下ろされた釜の写真です。釜戸から下ろされた釜

 

御厨神社・御筒粥祭:下ろされた釜の中の写真です。下ろされた釜

 

御厨神社:御筒粥の筒を確認する様子の写真です。筒を確認する様子(境内掲示板)

かつては、「粥占かゆうら」「筒試つつだめし」などど呼ばれる同様の神事が
各地の農村で行われていましたが、現在まで続いている所は
少なく貴重です。

(昭和31年3月13日 足利市指定民族文化財)
財団法人 足利市民文化財団・足利市教育委員会

御厨神社・御筒粥:釜から出された葦束の写真です。釜から出された葦束

 

御厨神社・御筒粥祭:葦筒を開き入り具合を確認する写真です。葦筒を切り開く

 

御厨神社・御筒粥祭:葦筒を開き入り具合を確認する写真です。

葦筒の中の入り具合を判定

御厨神社・御筒粥祭:葦筒を開き入り具合を確認する写真です。葦筒の中の入り具合を判定

 

御厨神社・御筒粥祭:葦筒を開き入り具合を確認する写真です。葦筒の中の入り具合を判定:記録

 

御厨神社・御筒粥祭:御筒粥の判定記録の写真です。御筒粥の判定記録:令和6年(2024)

 

 

<御厨神社:御田植(おたうえ)>

御厨神社:外宮の写真です。外宮

秋の豊作を祈願する神事「御田植(おたうえ)」は、
御厨神社外宮で行われます。

この「御田植」は、数百年続く伝統行事で、
足利市の民族文化財(昭和61年3月13日)に指定されました。

以前は、3月1日(旧暦2月1日)に行われていました。

現在は、毎年3月の第1日曜日に行われています。

<御田植:準備>

御厨神社:外宮前の写真です。外宮前

 

御厨神社:御田植祭の準備をする氏子の写真です。御田植の準備をする氏子

外宮前の広場に、竹柱を四方に立て、紙垂を付け、
注連縄しめなわを張りめぐらします。

御田植の神事は、注連縄の中で、田起しから稲刈りまでの所作しょさ
行わられます。

このときかれる種籾たねもみは、1月に行われた「御筒粥おつつがゆ」の神事で
豊作とされた品種が用いられます。

見物人は、秋の豊作を話題にして話すことが良いとされています。

御厨神社:御田植祭が行われる外宮前の写真です。御田植が行われる外宮前

 

御厨神社:御田植祭に用いられる祭具の写真です。御田植に用いられる祭具(農具)

テーブルの上に置かれた農具類は、田から見て左側から、
カマ スキ クワ ヨツゴ 籾種 マンガ ワラ 雀追い竹です。

氏子たちは、御田植の順序や方法、用意する祭具などを
慎重に揃え確認します。

御田植の起源などに関する文献・資料などは遺されていませんが、
「御筒粥」の神事と併せて行われてきたと考えられます。

御厨神社:御田植祭に望む神職や氏子の清めの写真です。御田植に望む神職や氏子のお清め

手水において、お清めの水を総代から受ける神職と
氏子の皆さんです。

<御田植:参拝>

御厨神社:外宮に参拝する神職と氏子の写真です。外宮に参拝する神職と氏子

 

御厨神社:宮司による祝詞を拝聴する参列者の写真です。祝詞を拝聴する参列者

宮司により豊受祝詞と玉串が奉奠されます。

御厨神社:拝殿に供えられた供物の写真です。外宮拝殿に供えられた供物

 

御厨神社:御田植祭で用いる農具を清める宮司の写真です。御田植で用いる農具のお祓い

 

御厨神社:御田植祭の御祈祷を終えた参列者の写真です。御田植の御祈祷を終えた参列者

玉串奉奠後、籾種が農具の横に移されます。

御厨神社:御田植祭の前に整列する神職と早乙女の写真です。御田植の前に整列する神職と早乙

 

<御田植:① くろの草刈り>

御田植祭:くろの草刈りの所作の写真です。御田植:くろの草刈り

草刈りから稲刈りまでの工程を氏子が演じます。

くろ ≓ 畦(あぜ)

<御田植:②  鋤(スキ)で田を耕す>

御厨神社御田植:スキで田を耕す所作の写真です。御田植:スキで田を耕す

<御田植:③  鍬(クワ)でくろを塗る>

御厨神社御田植:クワでくろ塗りする写真です。御田植:クワでくろ塗りする

くろ ≓ 畦(あぜ)塗り:水田の防水を目的として行う作業で、
土を固めて土手を作ること。

<御田植:④  ヨツゴで苗代を作る>

御厨神社御田植:ヨツゴで苗代を作る写真です。御田植:ヨツゴで苗代を作る

ヨツゴ:歯が4本の備中鍬、四本鍬、四本万能、
四本マンガとも。

<御田植:⑤ マンガで代掻きする

御厨神社御田植:マンガで代掻きする写真です。御田植:マンガで代掻き

前方の氏子は牛、後方の氏子は農夫を演じています。

前方の氏子が「モ~」と発声すると、会場から笑いの声も。

かつては、「代掻き唄」が唄われていたようです。

マンガ:馬鍬(まぐわ・まんが)のことで、牛や馬に
牽引けんいんさせて田んぼの荒起しや代掻きをさせる農具。

<御田植:⑥  恵方に籾種を蒔く>

御厨神社御田植:恵方に籾種を蒔く写真です。御田植:恵方に籾種を蒔く

恵方:宮司が恵方を示し、氏子がその方向に籾種を蒔きます。

<御田植:⑦ 苗取り

御厨神社御田植:苗取りの写真です。御田植:苗取り

生長した苗を取る作業です。

<御田植:⑧ 田植え

御厨神社御田植:田植えの写真です。御田植:田植え

稲を片手に、早乙女さんによる田植えが行われます。

かつては、「田植え唄」が唄われていたようです。

<御田植:⑨ 田の草取り

御厨神社御田植:田の草取りを終えた写真です。御田植:田の草取り

<御田植:⑩ 雀追い

御厨神社御田植:雀追いの写真です。御田植:雀追い

田んぼに飛んでくる雀を追い払います。

かつては、「雀追い唄」が唄われていたようです。

<御田植:⑪ 稲刈り

御厨神社御田植:稲刈りの写真です。御田植:稲刈り

鎌を持って、稲刈りをします。

御厨神社御田植:収穫した稲を束ねる写真です。御田植:収穫した稲を束ねる

 

御厨神社御田植:神事の終了を告げる写真です。御厨神社御田植:神事の終了を告げる

御田植が無事終了しました。

この神事のなかで使用したわらを持ち帰り、
田植えのとき苗を束ねるのに用いると、
稲がよく育つと言われています。

御田植の神事は、栃木県内にも少なく、
農村の素朴な生き方を伝える貴重な行事とされています。

今年も、豊作でありますように心からお祈りいたします。

足利市内の神社は、
八雲神社と足利24の神社めぐり【まとめ】
を御覧ください。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です