栽培・飼育活動

家庭菜園 初心者おすすめ!【冬の野菜9種】の育て方

【家庭菜園】の野菜 ①

今日の昼の気温は、17℃です。

 とても暖かい、2月の日曜日。
久しぶりに、庭の様子を見ると、
プリムラが・・、水ほしさに葉をしおらせていました。

 昼間なので時間的に問題なし、急いで水をあげました。

冬の水やりは、暖かいうちに済ませないと、
夜間の冷え込みで、ダメージをうけてしまいます。

2鉢の「プリムラ」の写真

冬は、水を控えた方が耐寒性が高まるようです。
だからといって、乾燥させすぎはよくありません。(自己反省)
乾かし気味にするのがコツですね。

 野菜の様子を見てみると!

 激寒に耐える野菜たちの姿、あまりにも、
すごいことになっていました!

(おいしそうには見えませんが、甘さは抜群ですよ。

* 農・園芸資料集<随時活用版>と、
  あわせて御覧ください。

ブロッコリー>

ブロッコリー:アブラナ科 ヨーロッパ原産  

 品種名:『ピクセル』(サカタのタネ)

ブロッコリーの写真です。ブロッコリー

 早く収穫できる品種で、つぼみが細かくて、
とてもおいしい!

 私は、この品種が大好きで、
ずいぶん前から栽培しています。

 中心を収穫しても、後から、どんどん、
わき芽が出てきます。
収穫が追いつかず、つぼみがふくらんでしまいました。

ほとんどの野菜は、種をまくところから始めます!

 ブロッコリーの種まきは、
家庭菜園「あなたと育てるブロッコリー」栽培中
を、御覧ください。

 なぜなら、自分の「好きな品種の野菜」が
食べられるから!です。

 野菜栽培をしている人は、
こう思ったことがあるのでは?

 自分で種まきから始めないかぎり、
苗を購入することになりますよね。

 しかし、その際、
たとえばナスについてみてみると。
「水ナス、長ナス、白ナス・・・」
などの案内はされています。

 しかし、それぞれの品種名までは、
表示されていない
ことも多いですよね。

「どんな品種なんだろう?」

自分の好きな品種を見つけましょう。

 できる範囲で、種まきから始めると、
栽培コストも、極端に押さえられますよ。

 なんといっても、好みの野菜が栽培できる、
それこそが家庭菜園の醍醐味なのです!

 このブロッコリーは、
昨年の8月上旬に種まきしました。
(今年も、それくらいの季節になったら、
 実践報告します、お楽しみに!)

 もちろん、地域差はありますから、
地元の気候特性を勘案してくださいね。

<追伸> 2月25日(木)花が咲きそう!

 取りきれなかったブロッコリーのつぼみが、
だんだんと、大きくなって、花が咲きそうです。

花が咲きそうな「ブロッコリー」の写真です。

<かき菜> 

かき菜:アブラナ科 北関東 両毛地区原産

 品種名:『宮内菜』(カネコ種苗)
 茎が太くて長く、甘みもあって最高です!

「かき菜」という北関東特有の野菜の写真

 私の住んでいる地域では、ほとんどの農家が
「かき菜」を栽培しています。

 かき菜は、3月になると、花を付けようとして、
中心の茎がトウ立ちしてきます。

 茎を摘みとって食べた後も、
わき芽がどんどん出てきます。

 「とう」を「かき取って」収穫します。

だから、この辺では「かき菜」って言うんですよ。
(地方によって、「芯切り菜」など、
 いろいろな呼称があります)

 ホウレンソウに、少し飽きてきたころに、
タイミングよく出回る「かき菜」、
さっぱりとした味わいがいいですね。

 残念ながら、収穫後、すぐにしおれ始めます。
今まで、流通しづらかった要因のひとつ、
だったんでしょうね。

(また、かき菜は、地域性の強い野菜です。
 ここ栃木県内でも、
 栽培されていない地域があるくらいですから)

この時期は、株元に土寄せをするなど、
できるだけ株を元気に、充実させることで、
春からの成長が良好になります。

 今回は、ここまでとします。
ご覧いただき、ありがとうございました。

<追記> 2月25日(木)収穫が始まりました!

 最近の暖かさで、かき菜が一段と大きくなってきました。

かき菜を摘心した写真です。
 かき菜の中心から伸びた茎を、包丁で摘心しました。

摘み取った「かき菜」の写真です。
 この後、摘心した株の成長とともに、
脇芽がどんどん出てきます。
その茎を摘んで、収穫を繰り返します。

 このとき、土寄せをして、追肥をおこない、
株を元気づけるのがポイントです。

 収穫した「かき菜」は、お浸しにして、カツオ節と
醤油をかけていただくと最高です。

 あなたも、今年の秋から、私と一緒に「かき菜」を
栽培してみませんか、このブログにより、
リアルタイムで、その方法をお伝えしていきますので、
どうぞ、お楽しみに・・・。

【家庭菜園】冬の野菜 ②

(我が家の愛猫「チェルシー」が、今日も私の作業を監督しています。)

 前回に続いて、2月の野菜のようすを紹介します。

<シュンギク>

シュンギク:キク科 南ヨーロッパ原産 

 品種名:中葉しゅんぎく(タキイ種苗)

ビニールトンネルの中のシュンギクの写真です。
 霜が降りる前は、たくさん収穫できていました。

 露地植えのため、1月になって、
寒さがいちだんと厳しくなってくると、
とたんに枯れ始めてしまいました。

 そこで、今回は、まだ枯れていないところに、
ビニールを掛けてみました。
そのため、かろうじて枯れないでいてくれています。

露地植え栽培の場合、霜が降りる前に、
ビニールトンネルで覆わないと枯れてしまう。

 シュンギクは、毎年、栽培しています。

 いつもだったら、何も施さず、
枯れたらあきらめていました。

 今年は、試しにと・・・、
結構いけそうな感じです。

 来年は、早めにビニールトンネルで、
防寒してみましょう。

<キャベツ>

キャベツ(玉菜、甘藍):アブラナ科 ヨーロッパ原産 

品種名:不明(連結ポット苗を購入したため)

収穫前のキャベツの写真です。
 結球する前は、腹ぺこアオムシとの競争でした。

 結球する頃、アオムシなどが株の中に入り込まないようにします。
結球してしまうと、取り除けなくなり、中心から食害されてしまい、
穴だらけになってしまいます。

 理科研究の材料としては最高ですが・・・。

 ミカンなどの葉を食べるアゲハの幼虫を育て、
成虫になるまでの観察は、
子どもたちのよい体験になりますね。

 ここでも、また一つ、
生命の尊さを感じるよい機会ですね。

 このキャベツ、あまり見てくれはよくありませんが、
一皮むけば、きれいですよ。
とても柔らかくて甘いです。

霜が降りるころ、なぜ野菜は甘くなるの?

寒さで凍ってしまわないように、糖分を蓄えるからです。

 特に、ホウレン草は、その違いがよくあらわれます。

<追伸> 2月25日(木)もう、開花の準備です。

 キャベツもまた、開花の準備を始めたようです。

結球がほころびたキャベツの写真です。
 結球した葉が、だんだんと開きだし、やがて、
トウ立ちして花が咲きます。

<ハクサイ>

ハクサイ:アブラナ科 地中海沿岸原産

 品種名:サラダミニ白菜(サカタ交配)

収穫前のミニ白菜の写真です、
 寒さで、ぼろぼろ!ですね。
中には、とろけて小さくなってしまったものも。

 大きい結球株は、外葉をとれば大丈夫です。
(いたんだ葉を取り除くと、
 三分の一程度になってしまうのもありますが)

 今回、初めて「ミニ白菜」に挑戦してみました。

 例年、「大きすぎて冷蔵庫に入らない」という、
「おこたん」(私の配偶者)の要望に応え、
ミニ品種の種をまきました。

 成長はとても良好ですが、虫たちは正直です。

 ミニ白菜の葉には、細かな葉毛がありません。
そのため、口当たりがよく、甘みもあるので、
ヨトウムシがたくさん付いてしまいました。

夜盗虫(よとうむし)は、その名が示すとおり、夜になって野菜などの葉を食害します。活動のピークは19時ころですから、懐中電灯と割りばしを使って捕獲しましょう。

 また、収穫の際は、キャベツと同様、
結球したところを切り離して、
外葉などは、そのまま畑に残しておきます。

 そうすると、虫さんたちが、
収穫前の株に、引っ越すことが少なくなるからです。

そろそろ、ジャガイモを植える時期が近づいています。
種芋の準備を始めましょう。

【家庭菜園】冬の野菜 ③

 前回に続いて、2月の野菜のようすを紹介します。

* 渡良瀬橋ブログ「資料集」自然いっぱいコーナー!

と、あわせて御覧ください。

<サヤエンドウ>

サヤエンドウ:マメ科 ヨーロッパ原産

 品種名:「絹さやえんどう」(トーホク)

越冬中の」サヤエンドウの写真です。
 ツルあり種で、皮が柔らかいサヤエンドウです。
昨年の、11月中旬にまきました。
越冬するには、ちょうどよい草丈に成長しています。

あまり早くまきすぎてしまうと、
草丈が長くなり、越冬中、冷害を受けやすくなってしまいます。
霜よけとして、笹を立てかけておくとベストです。

 また、マメ科の野菜たちは、ちょっとした栽培のポイントがあります。
しかし、これだけは覚えてしまえば、大丈夫です。ご安心を!

マメ科の野菜は、毎年、ちがう場所で育てること。少なくとも3年間はお休みさせます。また、チッソ肥料は与えない方が無難です。

 詳細は、わたらせばしブログ「資料集」をどうぞご覧ください。

 詳しいお話は、追々させていただきますね。
あまり、ややこしい話は、やる気を損ねます。
ポイントさえおさえておけば、大丈夫です。

 ここで、もう一つのポイントして、
野菜の科目を覚える習慣をつけるということです。
簡単です。科目は、それほど多くはありませんから。

 要は、同じ科目の野菜を続けて植えない、ということです。
ここでは、このシリーズで扱っている野菜の科目をまとめておきますね。
忘れても心配しないでください。

 栽培シーン毎に、説明していきますからね。

アブラナ 科・・・ブロッコリー、かき菜、キャベツ、ハクサイ、ダイコン
キ  ク 科・・・シュンギク
マ  メ 科・・・サヤエンドウ
ユ  リ 科・・・ネギ (他説あり) アスパラガス

* 詳細は、こちらをご覧ください。

<ネギ>

ネギ:ユリ科 シベリア原産

 品種名:不明 「子持ちネギ」

畑のネギの写真です。
 このネギは、今から30年前に、知り合いからいただきました。
「えっ!」と、不思議そうな声が伝わってきそうですが、
もちろん、今のネギは、その子孫です。

 4月ころになってから、株を掘り起こし、枯れ葉をとりながら、
1本ずつに株分けします。そして、5cm(畝の長さによる)間隔をあけて、
植え替えます。

 そして、秋になるまでに分けつ繰り返し、数本の株に育ちます。

「ネギとってきて!」台所からのオーダー?により、適宜、抜いて利用します。
「○○!ガムテープ買ってきて!」というラジオ番組の感覚ですね。

 このネギの特徴は、種をまく手間がなく、それこそ永遠に、
世代交代ができるということです。
(他のネギに比べ、少し香りが少ないようですが)

 今度、植え替えの時期になったら、その手順と方法について
御紹介していきますね。

<ダイコン>

ダイコン:アブラナ科 ヨーロッパ原産 

 品種名:「あまうまダイコン」(サカタ交配)

 今は、葉がなくなってしまい、心配な画像ですが、
極上の味わいが楽しめます。

土から顔を出す「ダイコン」の写真です。
 秋ごろは、葉が青々としていました。
この葉も、いろいろな料理に使えます。(無農薬なので安心です)

ダイコンの頭を地面から出しっ放しにしておくと、
水分が凍結して、表面が凸凹になってしまうので、
首元まで土寄せしておきます。

 しかし、どうしても首の部分は、寒さでいたみがちですから、
調理の際、いたんだ部分を切り落とします。

 この頃のダイコンは、柔らかくて、おでん、
ぶりダイコンによく合いますよ。

<アスパラガス>

アスパラガス:ユリ科 南ヨーロッパ~ウクライナ地方

 品種名:アスパラガス(トーホク)

アスパラガスのポット苗の写真です。
 昨年の春に、種をまきました。
最初、種は箱にまいて、鉛筆の長さくらいになったころ、
ポットに植えて育てました。

 肥料を好む野菜なので、
液肥や置肥を欠かさずに与えました。

 現在は、茎も刈り取られ、休眠状態です。

一般に、アスパラガスは、種まきから収穫できるまで、3年を要します。すぐ収穫したい場合は、市販の大苗を購入すると便利です。

 このアスパラガスは、4月になったら、畑に定植します。
そして、今年は、出た芽を食べずに、大きく育てましょう。
気の長い話ですが、アスパラガスは5年~10年近くまで、
収穫ができますから、このくらいの我慢はしかたないですね。

 今まで、私の庭にある野菜たちの現況をお知らせしてきました。
これから春を迎え、いよいよ、園芸活動が始まる季節になりますね。

 さっそく、ジャガイモを植えましょう。
次は、「ジャガイモの植え方」について紹介します。

 

 最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

 

ブログ内で、御不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
 お問い合わせ先は、こちらです

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。